引きこもりでも出来る仕事はこれだ!職歴なんかは関係ない!

全国の引きこもりの人数は一体何人いるのだろう。

朝から晩まで家でゴロゴロし、決まって三度の食事はきっちり食べる。

何も生み出さず、時間を持て余し、テレビを見たり、ゲームをしたり。

こんな引きこもり一体日本中に何人いるのだろうか?

こんな引きこもりのニートは将来どうなってしまうのか?と言えば、路上生活者になるしかないのだ。

最終的には生活保護を受ければいいなどと甘い事を考えている人間もいるかもしれないが、

そもそも生活保護は、働きたくても働けない人達を支援する制度で、働きたくない人達を支援する制度ではないのだ。

従って働こうと思えば働ける、健康な体を持った人達には、生活保護など与える必要もないのだ。

スポンサーリンク

引きこもりに出来る仕事はあるか?

2015y05m31d_005207108

 

残念ながら引きこもりに出来る仕事はない。

厳密に言えば仕事などいくらでもある。

なのでやろうと思えば、何だってできる。しかし引きこもりは、甘やかされて育っている為、

自分は特別だとう幻想を抱いていて、苦労して少しずつステップアップしていく事を知らない。

なので直ぐ諦めて逃げて来てしまうのだ。

社会の厳しさの反動で家に逃げ帰って来たバカをジャイアント馬場の十六文キックの様に、

蹴り倒す程の強さが親にあればいいのだが、

引きこもりの子供を抱える親は、みんな甘い、蹴り上げるどころか、

温かく迎え入れて、また同じ事の繰り返しである。

引きこもりはアフィリエイトをしろ

引きこもりにうってつけの仕事がる。

それは何かと言えばアフィリエイトである。

アフィリエイトとは、広告収入の事で、私であればこのブログに広告を掲載しているが、

このブログを見に来てくれた人が、私のブログの広告から物を買ってくれたら、

広告会社から私にお金が入る仕組みなのだ。

アフィリエイトであれば、家でパソコンとインターネット環境さえあれば誰でも出来るし、

コツコツやれば、毎月確実に報酬を手にする事が出来るのだ。

何年も家に引きこもり、世間の感覚とかなりのズレがある、

引きこもりが世間に順応するのは至難の業なのでは、

ないだろうか?

そもそも社会と関わったが、世間から落ちこぼれたと思いこみ、

負け犬根性が染み付いた人間が、前向きで強い人間になるのはかなり難しい事なのではないだろうか?

であれば、家でゴロゴロしている時間があるのであれば、人様の役に立つ事を勉強して、

自分のブログに書いていくだけでも、よっぽどましな人生なのではないか?と思ってしまう。

というのも、私は今までブログなど書いた事が無かったのだが、たまたまネットで、

色々なサイトを見ていたら、アフィリエイトについて解説しているブログを見つけた、

その記事にかいてある事を実践してみたら、お金が入ってくる様になったのだ。

ネットで副業!簡単に稼ぐ方法を暴露する。アフィリエイトで稼ぐ方法

私は、このサイトに書いてある事を参考にして、自分でもやってみた。

すると、たくさんの人がこのブログを見てくれる様になった。

収入はたくさんの人がブログに来れば来る程儲かる仕組みである。

広告はある一定の人が見ると、何%かの人がその広告をクリックして、

更に広告をクリックした人の何%かが商品を買うのだ。

わたしは、このアフィリエイトを知った時、何でみんなやらないのかと不思議に思ったものだ。

なので、引きこもりはアフィリエイトをしてお金を稼いで、親に生活費を入れなければならないと、

私は思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする