いしだ壱成、香取慎吾、反町隆史、浜崎あゆみ、の未成年のあらすじと、いしだ壱成について

いしだ壱成、香取慎吾、反町隆史、浜崎あゆみが出演していた、未成年というドラマをご存知だろうか?

このドラマは野島伸司が脚本のドラマで確かTBSで放送されていたと思う。

今日はこのドラマのあらすじと、いしだ壱成が当時とても人気があったのだが、

当時リアルタイムで見ていた人はどんな印象をいしだ壱成に対して持っていたのかを書きたいと思う。

2015y06m04d_011031141

画像:http://s.eximg.jp/exnews/feed/

Cyzo/Cyzo_201205_post_10688_1.jpg

いしだ壱成は石田純一の子供で、最近では頭が薄いだのハゲだの言われているが、

当時はかなり人気があった様だ。

まあ、ハゲなんていう物は、今や薬を飲んだら治るので、余り深刻に悩むものでもない。

と、話はそれてしまったが、早速ドラマ未成年のストーリーを紹介しましょう。

スポンサーリンク

ドラマ未成年とは

未成年ストーリー

このドラマは複数の若者達が繰り広げる群像劇である。

色んな背景を持ったキャラクターが出て来て、そのキャラが絡み合っていく、

ヤクザが出てきたり、妊娠したり、病気だったり、死んだり、銀行強盗したり、

家が経営難だったり、様々な出来事が起こり、悩み葛藤する。

そんな事が引き金になり事件が起こる。

キャラクター紹介

主人公 いしだ壱成が演じる 戸川博人(18歳)

母親は死亡していて厳しい父親に育てられる、

兄がいるのだが、この兄貴が実に優秀で、何かと兄貴と比較される。

兄貴の彼女に恋心を寄せている。

因みに優秀な兄は谷原章介が演じている。

香取慎吾が演じている 室岡仁(18歳)

幼い頃頭部を損傷して、知的障碍者になる。

優しい心を持つ青年。

実家の工務店が経営難。

この手の役柄を演じたら力を発揮する香取慎吾が演じたのだが、

なかなかいい演技をしている。

銀行強盗も行う。

反町隆史が演じている 坂詰五郎(18歳)

暴力団の準構成員、博人の同級生。

義理堅く熱い男の設定です。

このドラマで反町隆史がブレークしたと言っても過言ではない。

今と比べたら、若い時なのでかなりスリムだ。

反町隆史は、今でもドラマに出ていたら、思わず見てしまう。

ワイルドなので、やはりヤクザとかヤンキー系はこの人に合います。

河相我聞が演じている 神谷勤(18歳)

東大を目指す優等生、母親から異常な愛情を押し付けられ、

悩んでいる。浜崎あゆみが演じている瞳と恋人になる。

浜崎あゆみ演じる瞳は、後に他人の子供を身ごもっている事が発覚する。

浜崎あゆみはこの当時と今を比較すると随分と顔が違う。

地味な顔で余り印象に残る顔ではない。

後に歌姫と呼ばれヒット曲を連発し一時代を築いた歌手である浜崎あゆみの、

貴重なドラマ出演シーンが見る事が出来るのもこのドラマの売りだ。

桜井幸子が演じる 新村萌香(21歳)

心臓病を抱えるハードな設定の女性、胸に手術の跡が残っている。

博人と知り合い、博人が萌香に惹かれるが、実は博人の兄と付き合っている。

このドラマは大ヒットして、とても高い視聴率を取った。

当時見ていた人がたくさんいた様だが、当時のいしだ壱成ファンの人に、

話を聞いてみたので、紹介しよう。


スポンサーリンク

一世を風靡した、いしだ壱成さんと私の青春

私が昔大好きだった芸能人は「いしだ壱成」です。

私が中学生時代の今から20年以上前にいしだ壱成はドラマにひっぱりだこでした。
1992年に放送された「放課後」というドラマを見て大好きになりました。

主人公の観木ありさといしだ壱成の心だけが入れ替わるというドラマで、

いしだ壱成は終始
「おかま」のような声とぎこちない女性的なしぐさで演技をしていました。

それがとても可愛くて、きゅんきゅんしました。

当時中学校で好きだった同級生に顔が似ていたのもあったのかもしれません。

毎週ドラマを楽しみにして見、いしだ壱成と私が恋していた同級生を重ね合わせて見ていたのです。

いしだ壱成はその後、

大ヒットを作り出す脚本家の野島伸司のドラマに出演するようになります。

野島伸司のドラマは基本暗いのですが、
目が離せなくなるストーリで、毎週のように楽しみにしていました。
特に最近でもレンタルして再度見たのですが、

「未成年」が最高でした。主人公の戸川博人を演じたのですが、
出来のいい兄ばかり気に掛ける家庭の中で居場所が無く、

将来が見えない。刹那的で、退廃的な雰囲気を彼がかもしだしていました。最高です。
他に出てくる出演者も何かしら心に闇を抱えていて居場所が無い、

そんなもの同士が集まって大人へ反発していく…。
思春期で反抗期だった私は食い入るように見ていました。

今でいうとそういうものに傾倒していったのは、「中二病」というのでしょうか。

いしだ壱成はカメレオンのように変化して、

今度は「聖者の行進」という知的障害をもった役を演じます。

これは本当に暗いドラマで、リアルタイムでも、後々レンタルして見ましたが、

報われない、すっきりしないドラマでした。

障害者の作業所を舞台にした性暴力も含む暴力の描写が沢山ありました。

最終回見てハッピーエンドとは私は思えません。
ただ、いしだ壱成の演技力が物凄くって視聴していました。

丁度この放送の後私は高校を卒業して、

上京しました。大学の寮に入り、そこはテレビもついていませんでしたから、

テレビ番組自体見ることが出来なくなりました。
まだポケットベルから、通話ができるだけの携帯電話が発売されたばかりで、今のように携帯電話からネットに接続して情報なんて得られません。
学生生活も忙しくなり、好きな俳優どころではなくなりました。

次にいしだ壱成の名前を聞いたのが、

残念ながら大麻取り締まり法違反で逮捕されたニュースでした。

その後謹慎していたのか芸能界からフェードアウトしていったように思います。
現在はいしだ壱成を見ることがありません。

テレビもあまり見なくなったので、CMにでも頻繁に見ていたら、

何かの拍子に目に入るのでしょうが…。
お父さんの石田純一とセットでテレビに出ていたのを見たのが最後です。

全然変わっていなくて未だにオシャレでした。
また昔のようにヒットドラマに出演してくれるのなら、見たいと思います。

おすすめ記事:ダウンタウンの若い頃は伝説、ファン、栄作、森脇、ディスりまくり、ピー音入りまくり

おすすめ記事:反町隆史ってかっこいいと思いませんか?何故か反町がテレビに出ていたら、見てしまう

おすすめ記事:漫画(ジャンプ)悪役、敵役、最強キャラはこいつだ!忘れてはいけないキャラも

おすすめ記事:チェッカーズの名曲はこれだ!チェッカーズの人気は凄かった、当時のファンの声

おすすめ記事:昔のクイズ番組、面白かった番組はこれだ!

おすすめ記事:古畑任三郎イチロー回のカプセルとストーリー、古畑の魅力を語る


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする