喧嘩最強芸能人は誰だ?ステゴロ最強はこいつだ!

芸能人で一番喧嘩が強い人間って一体誰なんだろうか?

というのも、芸能人って一旗揚げてやろう!という野心の持ち主が集まる所だ。

育ちの良い人間なら、別に一旗揚げる必要はない。

幼い頃極端に貧乏だったとか、苦労して生きて来た人の集まりの様な印象があるのだが、

私の考えは古いのだろうか?

今は時代が変わり、そんな家庭環境で育った人間はめったにいないのかもしれない。

2015y06m08d_004812732

喧嘩が強いという噂がある芸能人

渡瀬恒彦

刑事ドラマでよく出て来る人で、俳優の渡哲也の弟さんだ。

この人の武勇伝は結構ある。

そして、映画などで見せる迫力ある演技を見て、あの目つき普通じゃない!

と言って、渡瀬恒彦最強論を唱える人も実は多い。

渡瀬恒彦にブチのめされたと言われる人々

安岡力也、松田優作、岩城滉一、舘ひろし、など。

宇梶剛士

元暴走族、ブラックエンペラーの総長、1000人対1人の喧嘩に勝利した男、

数千人のならず者をまとめ上げ、日本最大の暴走族の総長として、

現役時代暴れ回った、本物のアウトロー。

身長188cmの巨体から繰り出す攻撃は、強烈以外の何物でもない。

ブチのめされた族の数は数え切れない。

同じく芸能人で元暴走族のヒロミも、宇梶はとんでもなく有名だったと証言している。

赤井英和

浪速のロッキーと言われ、ボクシングの世界で暴れ回った、西成出身の元アウトロー、

高校からボクシング部に入り、破竹快進撃でボクシングの世界でも名を馳せた。

当時の同年代の大阪のアウトローには、赤井よりも強い奴はたくさんいたと主張する者がいるが、

赤井は卑怯なケンカはせず、ここで一番強い奴、出てこいや!

と言って、強者とばかり喧嘩していた。

中学から高校にかけて喧嘩は無敗であり、ボクシングを引退した後、俳優になったが、

芸能界に入ってから知り合った、元プロレスラーの高田延彦も酒に酔っぱらって、

喧嘩になり、いわゆるどつきあいをしている。

バットボーイズ佐田

元暴走族の総長であり、数々の武勇伝を持っている。

当然喧嘩には負けた事がない。

しかし、バラエティー番組の芸能人格闘技選手権で、あのジャリズムの山下に負けて、

涙を流したという。

スポンサーリンク

その他芸能人ケンカ最強で必ず名前が出る人

ジェリー藤尾、ジョー山中

ジェリーは、愚連隊の用心棒だったという過去があり、ヤクザもボコボコにしていて、

本当に危ない人だった様だ。

また、ジョー山中もあの強面の安岡力也をボコボコにしているし、

武勇伝は多数ある。

しかし、この二人にかんしては、ジェリーが74歳、ジョー山中は64歳でもう亡くなっている事から、

今現在は喧嘩最強と呼ぶにはちょっと無理がある為、省く事にした。

その他の喧嘩が強い芸能人

氷室京介

群馬の不良少年だったという氷室京介、当時喧嘩をよくしたというエピソードを自ら、

語っているが、吉川晃司や布袋寅泰などの同業者からも、氷室京介の喧嘩のエピソードは、

語られていて、吉川晃司曰く氷室京介は「路上のプロ」との事。

喧嘩でボクサーを殴り、骨折させた事もある強者吉川晃司に一目置かれるのだから、

氷室京介の戦闘力は軽視できないのだ。

チャックウィルソン

このチャックウィルソンは、大橋巨泉のクイズ番組に、ケントデリカットと共に、

出ていたと思う。ウエートトレーニングで鍛えられた身体と、柔道で鍛えた、

柔道技の技術を持つ。

確か正月番組の特番で、ジャンボ鶴田と腕相撲を行い、ジャンボに勝っていた。

この時、このオッサンマジで強いと思ったものである。

元々、病弱で身体が小さかった事でイジメに合い、一念発起して身体を鍛え、

強くなった人物である。

まとめ

なるほど、どいつもこいつも大変強そうではあるが、

現在の最強は誰が一番なのだろうか?

是非、芸能人最強トーナメントを開催して欲しいものだと思う。

関連記事:マイクタイソンの強さは伝説、鋼鉄の筋肉を作り上げた練習内容とは?現在は?

関連記事:ケンカ最強ランキング全く新しいランキング、ルールは負けイコール死?

関連記事:喧嘩最強格闘技はこれだ!空手?柔道?ボクシング?禁じ手は全て解禁?

関連記事:安藤組森田雅の強さは伝説、喧嘩無敗の男、力道山を引かせたのは森田

関連記事:昭和の有名ヤクザ、アウトローこの5人が凄過ぎ!伝説の男達の激烈な人生

関連記事:伝説のヤクザ、悲劇の結末を迎えた3人の男、壮絶な最期とは?

おすすすめ記事:氷室京介の最後のライブ(LAST GIGS)に布袋寅泰は登場するのか?BOOWY再結成ありませんね


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク