エアコン電気代を超節約!つけっぱなし?設定温度は?これが私の節約術

これから、暑い夏がやってきます。

いつも気になるのが、エアコンの電気代です。

暑いのでついついエアコンのスイッチを入れてしまいますが、電気代の請求が来てビックリ。

何か電気代を節約する方法はあるのか?と思い調べてみました。

2015y06m13d_114249923

こまめに消すより、つけっぱなしが安いって本当?

私の家では、朝起きて仕事に行くまでエアコンを付け、帰って来てまたエアコンを付けます。

そして夕食が終わるとエアコンを消し、また寝る時にタイマーを2時間位かけて寝ると言ったパターンです。

出来るだけエアコンを付けない様にしています。

しかし、これダメなんだそうです。

こんな書き込みを見つけました。

たまたま病気で寝込んでしまい、いつもなら消すんだけど一日中つけっぱなしで数日過ごしたんだそう。

その月の電気代の請求が心配だったんだけどなんと、いつもより安かったというんです。

こまめに消すより、つけっぱなしの方が安いなんて、どういうことだ?

と思い調べてみると、エアコンは電気を入れて、設定温度になるまでが一番電力を喰うんだそうです。

なので、何度も電源を切って、温度が上がってからまた付けるという事を繰り返す事によって、

莫大な電気が消費されるという。

しかし、設定温度を高めに設定して自動運転でつけっぱなしにする事により、

消費電力が抑えられるため、つけっぱなしにしている方が逆に電気代がさがるんだそうです。

これは全く意外でしたね。

こまめに消すより、24時間つけっぱなしの方が安いなんて。

一旦設定温度に達すると、大した電力を使わない様です。

設定温度は何度がいいのか?

当然外が暑ければ部屋の中の温度も上がりますよね。

なので、夏はあまり低い温度に設定していると、外との温度差を埋める為に、

電力を使う事になります。

なので、出来るだけ外の温度と差がない方が電気代は安くすみます。

ただ、外の温度と同じであれば付けている意味がありませんね。

一般的には、26~28℃がいいと言われている様です。

私も今年の夏は試してみようと思います。

スポンサーリンク

私のエアコン電気代節約術を公開

私は今回このエアコンの電気代についての記事を書くにあたって、

私は5人の人に夏の電気代の節約術を聞いてみたので、それを紹介しましょう。

節約術その1

エアコンの電気代を節約するには?

エアコンの電気代を節約するには、消費電力を抑える事が必要です。

インバーターエアコンは部屋の温度とリモコンの設定温度との差が大きいほど、

運転の力が 強くなり消費電力が増えるので、

リモコンの設定温度を28度前後にした方がいいと思います。

冷房の効きには、フィルターの汚れが大きく関係するそうです。

エアコンの使用開始前に、本体の埃をからぶきし、

フィルターをとりはずして水洗いするなどのお手入れをしましょう。

最近はお掃除機能付のエアコンもあり汚 れにくくはなっていますが、

お掃除機能付きでも1シーズンに数回はフィルターの掃除をした方がいいと思います。

ちなみに、お掃除機能時の電気代も気になりますが、

調べたところたいしたことはありませんでした。

私はお掃除機能がついていないエアコンですが、

1シーズンに3回くらいフィルター掃除をしています。

部屋の温度を上げないために直射日光を防ぐ遮 光カーテンを使用したり、

扇風機を併用して部屋の空気を対流させたりするのもいいと思います。

部屋の温度とリモコンの設定温度の差が関係するという事から、

外出時は通常は電源を切りますが30分くらいで戻る場合は、

つけっぱなしにしておいた方が節電になるでしょう。

冷房と除湿の電気代も気になるところで すが、

消費電力は同じでした。どちらも設定温度を高くした方が節電になります。

梅雨などのジメジメしたときは、除湿運転がいいでしょう。

ただし、再熱除湿 と衣類乾燥がついている機種は、

この2つの運転時は冷房より電気代が20%増しになるそうなので気をつけましょう。

待機電力の消費をなくすため、オフシー ズンは電源プラグを抜いておきましょう

。商品を購入後、あまり取扱説明書を読まない方が多いと思います。
私もそうなのですが、改めて読んでみると節電のヒントになる事がいろいろと書いてあります。

取扱説明書がない場合でも、

メーカーのホームページ上にWEBの取扱説明書がある事が多く、

質問コーナーなどもありますのでお勧めです。

節約術その2

家の周りに木を植えガラリの雨戸そして扇風機で夏をやり過ごします

節電しなければいけないと言いながらも、

田舎都市に住んでいても夏場窓を開けて涼しい風を通して暑さをしのいでいる家をあまり多く見かけません。

決まって軒の下でエアコンの屋外機が鈍い音をたてて熱風を噴き出している状態をよく目にします。

この状態で昼も、夜も運転するとなると消費電力代は相当な額に上る ものと思います。

病人がいるとか高齢者の方が避暑的にエアコンを運転しているのは止むを得ない面がありますが、

元気な大人や子供が暑い、

暑いと言って涼しい部屋に逃げ込ん でいるようでは体力が衰えてしまいますから要注意です。

少し前まではエアコンは少なく扇風機やうちわで暑さを凌いでいたものです。

暑さに耐えることがいいことばかりではありませんが、

工夫して暑さをやり過ごすことも大切だと思います。

暑さに耐えることは精神的に、

肉体的にも鍛えられますからある程度の線までは辛抱することが大切ではないでしょうか。

しかし先にも書きましたように、

耐えるにも限度がありますから注意してください。

最近の猛暑の影響でエアコンのない部屋でお年寄りが命を落とされたニュースを時々目にします。

暑さに耐えるには限度があり、

水分・塩分を取り風通しを良くする基本的なことを守らないと命にかかわることになります。

私は東海地方の都市部の一戸建てに住んでいますが、

エアコンを運転するのは部屋の温度が30度以上ある寝苦しい夜だけです。

昼間は運転することはまずあり ません。

扇風機があれば十分凌げます。

家の周りには樹木を植えて影ができるようにしています。

20年以上経過してきたので木は大きな影を作ってくれます。

緑の葉があることは、そこに水の塊が浮いているようなもので辺りの空気をある程度冷やしてくれます。

夜は窓を開け放っていますが、用心は悪くはありません。

アルミサッシのガラリ戸を使っているからです。

鍵がかかりますから安心して寝ることができます。

明け方には冷気が忍び込んできますから窓を閉めなくてはなりません。

日中は壁付けの扇風機がフル活動しています。

これで一戸建ての住まいだと十分に耐えられるのです。

汗もかきますが、風が当たって体を冷やしてくれます。

慣れるまでは大変ですが、

慣れたらエアコンに頼らない生活が身につきますからお試しください。

節約術その3

エアコンの購入時期やグレードに関係のない、基本的かつ有効な節約術

暑くなると、ついついスイッチを入れてしまうエアコン。
電力会社によっては大幅に電気代が上がってきていますし、

出来るだけ節約したいですよね。
では、本当のところ、エアコンの電気代っていくらぐらいかかるのでしょう?
正直な答えは「エアコンそのものの性能と使用環境による」って事なのです。
例えば、

同一メーカーで12畳用最新型のエアコンでもハイグレードタイプとスタンダードタイプを比較するなら、

電気代は30%程度異なるのです。
これが数年前のスタンダードタイプと、

最新ハイグレードタイプなら、言わずもがな。
電気代は1,5倍以上変わってきます。
また、外気温が高ければ高いほど、

設定温度が同じなら、電気代も高くなっちゃいますね。
それに、電気代を気にして冷房より除湿を多用される場合も要注意です。
機種によっては冷房運転よりも除湿運転の方が電気代が高くつく場合があるのです。
これは再熱除湿という方式をとっているためで、ハイグレードタイプに多いですね。
では、エアコンの購入時期やグレードに関係なく、どうすれば電気代の節約になるのか。
外出先から帰宅した場合を例にしていきます。
帰宅後まず、窓を開け、換気扇を回して、部屋にこもった熱気を追い出してやりましょう。
もし室外機が日に当たって熱くなっているようであれば、

上から水をかけて室外機の熱を取ってやるのも隠れた節約術です。
部屋の熱気がある程度なくなったら、エアコンのスイッチを入れて運転開始です。
この時、遮光カーテンなどがあれば出来るだけ外からの熱を遮断するようにしてください。
それと絶対忘れてはならないのは、扇風機の併用です。
好みはわかれますが、

直接弱風をカラダにあてて体感温度を下げる事も出来ますし、

サーキュレーター代わりに使用して空気循環させたり熱を持った部屋内側の壁に風を当てて、

輻射熱を取ってやるのも意外に有効です。
また、開けてていても防犯上問題のない小窓があるなら、
外出時、換気扇や扇風機を運転しながら、部屋に熱気がこもらない工夫も必要です。
以上、簡単に出来るエアコン節約術です。
上手に利用すると、エアコンの電気代は20%~30%は節約できると思いますよ。

節約術その4

電気代節約は温度設定28度に設定して扇風機を一緒にかけること

我が家では、まず、深夜電力を利用して全体の電気代の節約をしています。

できる限り、この時間帯に夏には大変なアイロンかけをクーラーを利用しながらします。

昼間電力が高い時間は、冷房温度設定を27~28度に設定し、

同時に扇風機を上へ向かってかけます。

こうすることで、体感温度を低く保てます。

電源は 切ったりつけたりしないようにします。

それでも暑いと思える時には、首元を冷やす保冷剤を首に巻きます。

あるいは、水をスプレビカに入れておいて、その水 を自分の体や顔に噴霧し、

体温を下げますと、より効率的に涼しさを感じることがてきるでしょう。

これだけで充分節約モードになるとは思います。

ただし、どうしても耐えられないくらいの暑い日には、緊急事態ですから、

冷房温度を低くして部屋全体を冷やし、

部屋が冷えてきたと感じられたら、温度設定を27 度~28度に下げるのです。

もうひとつは、フィルターのこまめな清掃をしています。

そうすることで、電気代が節約できます。

また、エアコンを冷房で動かしますと、結露ができます。

この結露がカビの原因となりますがが、

カビは体にはよくないですし、よごれた状態にしておくことで、

電気代も掛かります。電気代節約のためには、

このカビを 除去しなければなりません。

簡単にこのカビを消するためには、冷房した後25度位の暖房を一時間程かけています。

こうすると、カビが生えにくい環境になります。

これを使用後にすることて、清掃回数も少なくて済みます。

また、室外機を日航に晒したままにせず、

カバーをかけることで、直射日光を避けられます。

余計な直射日光を避けられますので、

内部のエアコンも余計なエネ ルギーがかかりまから、

結局、電気代の節約にもなります。

また、部屋は密閉することにも注意し、

ブラインドをさげたりカーテンを外の日差しを避けて引いたりして、

冷えた温度を逃がさないようにできます。

あとは、涼しい位置というのもあるので風向の位置も、

様々に工夫をすることで、スポット的に当たるように調整します。

これで、涼しさという体感が、随分違うでしょう。

節約術その5

エアコン節約術

暑がりの方には夏場の必需品であるエアコン…。けど電気代って馬鹿になりませんよね。
そこで何点かオススメしたいエアコン節約術をご紹介します。

1.設定温度は高めに
みなさん設定温度を何度くらいにしていますか?

暑がりの方は26度や25度ってざらだと思います。

そこを27度~28度くらいに設定しておくとかなり違います。
暑がりの方にはもしかしたらキツイかもしれませんが、電気代のために我慢です。

2.頻繁に消したり設定温度を変えない
エアコンって実はつけたり消したりしたときや、

設定温度を変えたときにぐぐっと電気代があがるそうですよ。

なので、時間帯を決めてつけたり消したりを繰り返さないなどの対策をしましょう。
例えば普段は窓を開けて扇風機でしのぎ、

寝苦しい夜だけタイマーでセットして数時間のみ使うとか、

暑い日中だけ使うなど、生活スタイルに合わせて使う時間帯を決めておきましょう。

3.扇風機との併用
みなさんが一番エアコンをすっごく冷やした状態にして使いたいのはいつでしょうか?

大抵、暑い外を歩いて帰宅したときや風呂上りではないでしょうか?
使う時間帯を帰宅後~寝るまでに決めた場合は、

設定温度を低くしないで扇風機と併用し、

部屋の温度を一気に下げることで効果的に涼しさを感じられます。
風呂上りの場合も、一時だけ扇風機の風に当たることにより、

体感温度を下げることができます。

4.濡れタオルを使う
暑いときって汗がすごく出ますよね。

すでに当たり前のこととしてみなさんご存知でしょうが、

これって体温を下げる効果があるんです。
でも汗をたらしたままにしておくのは気持ち悪いですよね。

また、設定温度を高めにしておくことで暑くてたまらないと感じる方もいらっしゃるでしょう。
そこでオススメなのが、濡れタオルで顔や腕などを拭くことです。

暑く感じる場所を程よく湿らすことにより、体感温度が下がる効果があります。
濡れタオルも、軽く絞ったものを清潔なビニールに入れるかサランラップで巻くなどして、

冷蔵庫に入れておくと、

帰宅直後や風呂上りにひんやりしたお絞りを使うのと同じ感覚が味わえますよ。

是非色々工夫して試してみて下さいね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする