不眠症の原因はストレス、喫煙?これで治った!改善法はこれ!市販薬は効かなかった

不眠症・・

楽天的な性格の私が不眠症に悩まされるとは夢にも思わなかった。

しかし、遂に眠る事が出来なかった日数が3日を越えた時、本気でヤバイと思った。

2015y06m13d_214713806

当時私はある企業の営業部隊を率いるポジションにいた。

しかし、その会社の扱っている製品に大きな欠陥が発見され、

会社の売り上げはガタガタになった。

会社は売り上げを求めるし、現場で駆けずり回っている、

営業社員は心も体もボロボロになり、

あからさまに会社や上司に対して、憎しみを抱く者が大勢いたのだ。

私は会社と、部下との板挟みに合い、

精神的にかなり追い込まれた。

ストレスがマックスを越えたのだ。

今までどんな困難な事でも、精神力だけで全て乗り越え、

会社から与えられた目標の数字を全て達成してきたのだ。

当時の私の口癖は「限界を超える」だった。

しかし、私の体が限界を越えてしまった。

ある日過呼吸になった。

全身が痙攣した。

過呼吸はビニール袋を口と鼻にあて、

二酸化炭素を体に取り込んでいると、治る。

こんな経験は初めてだったので、私は一瞬死ぬんじゃないか?と思ったが、

死ぬことはなかった。

その数か月後、今度は不眠症に襲われたのだ。

3日眠る事が出来ない。

寝る事が出来ない事がこんなに辛いとは思わなかった。

当時私はタバコをかなり吸っていた、なのでひょっとしてタバコが何か、

脳に影響を与えているんじゃ?

なんて思ってもみた。

私は暫くタバコを辞めた。

しかし、これは後に関係が無い事が分かった。

私が眠れない間、毎日試した事を書くと、

まず寝る前に、睡眠に入りやすくなると言われている牛乳を飲んでみた。

全く効き目はゼロだ。

次に酒をがぶ飲みしてみた。

全く効き目がゼロだ。

ここで私は、いくらなんでも全く眠れない事なんてないだろう。

いつか眠れるはずだと思っていた。

しかし・・・

眠れなかった。

布団の中に入ると、すぐに仕事の事が頭の中に現れる。

グルグルと昼間起こった事が頭の中で再生される。

時計を見ると、午前3時・・

ヤバイ、明日仕事にならない!

寝なければ!

寝れない!

時計を見れば、午前5時!

あと1時間半しか寝れない!

そして、6時・・・

もう今日は寝ないで会社に行こう。

何とか仕事を終わらせ家に帰って来た。

私は薬局に行って不眠症に効くという市販の薬を買った。

そして寝る前に飲んでみた。

そして布団に入った。

スポンサーリンク

寝れない!

昨日と全く同じパターンだ!

そして、寝る事が出来ず、朝!

当時の私に会社を休むという選択肢はない。

こんな感じで3日眠る事が出来なかった。

さすがにヤバイと思った私は病院の心療内科に行った。

そこで、飲み薬と睡眠薬を処方された。

心と名前に入っているので、私はてっきり自分の悩みでも相談して、

心をリラックスさせてくれるのか?と思っていたが、全く違う。

ただ単に、薬と睡眠薬をくれただけだ。

後で分かったのだが、不眠症は脳に何らかの物質が分泌されていて、

常に興奮状態というか、活動状態になっているので、

それは薬で抑える事が出来るのだ。

そして、脳の活動が治まった所に、睡眠薬。

私は貰った睡眠薬を飲んで布団に入った。

目が覚めた。

次の日の昼だった。

眠れた。

次の日も飲んで寝た。

また起きると、次の日の昼だった。

睡眠薬強力過ぎ!

私は、睡眠薬を半分に割って、半分だけ飲んで寝る事にした。

私には効きすぎるのだ。

こうして私は不眠症から抜け出した。

タバコもやめていたが、タバコは全く関係無かった様だ。

そして、程なくして会社を辞め、転職した。

それからは、不眠症に悩まされる事は無くなった。

環境を変えたら、一発で治ったのだ。

一度心療内科に通って、睡眠薬などを処方された人はすぐに保険に入る事が出来ない。

2年位たたないと入れないと、保険屋に言われた事がある。

そして、あの不眠症から5年以上いまは経過している。

不眠症に悩まされる事は今はない。

ただ、トラウマというか、そんな物に悩まされる事がある。

その話はまた別の機会にお話しましょう。

関連記事:うつ病の人との接し方禁句とは?経験者が語る、うつ病の辛さと思い込み


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク