祇園祭2016の日程と屋台よりもいい!穴場スポット

祇園祭2016年について今日は紹介したいと思います。

祇園祭っていつやってんの?って思って調べてみたんですけど、

7月の1日から、7月の31日まで行っているそうです。

丸々1ヶ月行っているそうです。

普通の祭と違って、1ヶ月ずーっとやってるんですね。

2015y06m21d_204935796

しかし、この祇園祭は、八坂神社が主催する物と山鉾町が主催する物がある。

同じ祇園祭なのだが、主催している所が違うんですね。

祇園祭については、こちらで細かく解説していますので、

詳しく知りたい人はこちらをご覧下さい。

スポンサーリンク

祇園祭の穴場を紹介

今回この祇園祭に行った事があるオジサンに、感想を聞いていました。

穴場も聴いてきましたので、紹介しましょう。

祇園祭は1100年の伝統のある京都の夏祭りです。
この祭りは、京都三大祭、日本三大夏祭りの一つに数えられる、

由緒正しい日本を代表する祭りの一つです。
豊臣秀吉のころから江戸時代にかけて、年々豪華になってきたと言われています。
今年から後祭山鉾巡行が復活する予定です。
先祭巡行は7月17日、後祭巡行は7月24日です。

本来の祇園祭の姿に戻すために約半世紀ぶりに山鉾巡行が分離して巡行されます。
京都の八坂神社をはじめとした祇園社を祀る神社の祭礼であり、

7月1日の吉符入りから17日の前祭巡業を中心に、約1か月間行われます。
7月16日の宵山は町内の道一杯に山車が置かれ、

鉾に飾りつけらた駒形提灯が夜の闇にゆらめき、昔のみやびを思い起こさせます。
鉾からはコンチキチン、コンチキチンと祇園囃子が奏でられます。

翌日の山鉾巡行は長刀鉾を先頭に、23基の山鉾が巡航します。
なかでも力強いのは辻回しです。これが一番の見どころです。
また大船鉾や橋弁慶山など10基が巡行する後祭りも復活しました。

祇園祭を見に行にはいろいろなツアーが出ています。
ツアーバスや電車も出ています。

私がカミさんと行ったのは数年前ですが、安いバスツアーでした。
現地についてそこでいったん解散して自由行動です。
宿屋は決まっていました。
宵山のあっちこっちに山車が止まっていました。
提灯がきれいでしたね。
また周りの飾りも素晴らしいものでした。
あっちこっちを見て、去るお店に入りました。
ここはカレーライスとラーメンしか売っていないお店でした。
臨時にできたお店みたいでしたね。
そこでカレーライスを食べました。まあ無難な味でしたね。
ここでトイレを借りました。
街の中を回っていて困ったことはトイレでしたね。
仕方がない時はパチンコ屋に入りました。
その日は決められた宿屋に入りました。
ビジネスホテル風でしたね。
夜の食事はありませんでした。
ただ寝れればいいやと思っていました。

次の日はあっちこっちを見て回り、市役所にたどり着きました。
7月の暑い日でした。
この市役所でおトイレを借りて、上の食堂に行きました。
この食堂は4階くらいで、一般人も食べさせてくれました。
そこでてんぷらと冷やしうどんを頼みました。
デザートにソフトクリームです。

一服しようとウロチョロしていると、職員が喫煙室を教えてくれました。
しいたげられた場所にありました。
そこから戻って、外を見ると町がよく見えました。
そこから祇園祭を見ていいと言われました。
街の中は暑いです。
ここは冷房がきいています。
職員も数人見ていました。
食道のおばさんたちはあまり関心がないみたいでした。
私はここが穴場だと思いました。
引き回しもよく見えました。特等席です。
カミさんも喜んでいました。
コーヒーを飲みながら見ていました。

その夜にまたバスで帰宅しました。
まあ良かったと思っています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする