祇園祭の歴史、祇園祭の素晴らしさ

日本人が祭りというものを楽しむことができる背景には、

長い歴史があります。

祭りは日本のかけがえのない伝統文化であると言うことも可能です。

考えてみる と祭りというものは、

日本において1000年以上も前からずっと続いてきました。

1000年以上もの間、

飽きることもなく続けてきたものであるということ です。

そのことからわかることは、

祭りがどれだけすごく楽しいものであるかということです。

祭り以外にも色々なイベントや施設が楽しまれてきました。

けれ ども一過性のブームで終わってしまうものや、

長くは続かないものが多いです。

2015y06m21d_221934292

そんな中でずっと続けられてきた祭りというものはどれだけ楽しくて素晴らしい ものなのであるか想像すると、

あまりにも大きなもの過ぎて、信じられない気持ちになってしまいます。
そんな祭りはたくさんありますが、

その中でも特に楽しむことができる素晴らしいものが、

祇園祭です。この祇園祭の歴史は平安時代までさかのぼります。

スポンサーリンク

開催 期間は7月1日から7月31日までです。

1か月間ずっと開催されているため、

自分の都合の良い日に参加することが可能です。

そのため遠くから観光目的で訪 れたとしても十分に楽しむことができます。

市バスの「祇園」と呼ばれる停留所を下りると、すぐの所にて開催されています。
1500人以上もの人々が担ぎ手として参加するお神輿は圧巻です。

他の祭りと比較すると、迫力が別格であると言えます。

これだけの迫力であるため、

参加す ると興奮度の大きさは計り知れないものになります。

けれども女性など担ぎ手として参加することにためらいがあったとしても楽しむことが可能です。

なぜかと いうと観ているだけでもとても興奮することが可能だからです。

観ているだけで興奮できることは、

この祇園祭ならではの1500人以上によって担がれるお神輿の迫力の大きさに違いありません。

特に圧巻であるものは差し回しです。

まず3基のお神輿が集結します。

そしてこの3基を担ぎ手の人たちが頭上の高くまで 差し上げるのです。

この時に盛り上がりは最高潮に達します。熱気もものすごいものになります。

そのため観光で祇園祭を楽しもうと検討している方には、

この 差し回しを楽しめる時を選ぶことをオススメしたいと考えています。
最後に、この祇園祭はあまりに盛り上がり方が大き過ぎるため、

交通規制まで行われてしまいます。

そのため車で来てしまうと駐車場の問題など、

何かと不便になってしまいます。このことには気をつけて下さい。

関連記事:祇園祭2015の楽しみ方を紹介、アクセス方法、開催時期、秘密の情報

関連記事:祇園祭2015の日程と屋台よりもいい!穴場スポット

おすすめ記事:日本人が好きな歴史人物は?あなたの好きな歴史人物というテーマでたっぷり語ってもらった

おすすめ記事:真田幸村と伊達政宗はどんな関係なのか?戦ったのは道明寺の戦い?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする