ガキ帝国、ネタバレ、あらすじ、感想、キャストなど、見どころはここだ!

ガキ帝国とは、島田紳助、松本竜介が若き日に出演した、日本の映画である。

監督はこのブログでも以前取り上げた事もある、「岸和田少年愚連隊」や、

「パッチギ」の監督で知られる井筒和幸である。

今回「ガキ帝国」の事を書きたいと思いまが、ネタバレが含まれると思われますので、

これから見ようと思っている人は見ないで下さい。

2015y07m08d_002816311

画像:http://www.geocities.jp/

dokuro_takashi/dokuro/movie/kids_empire.JPG

下の動画はガキ帝国の予告編です。

YouTube「ガキ帝国予告」

ガキ帝国キャスト

主人公 リュウ 島田紳助

リュウの友達 チャボ 松本竜介

リュウの友達 ケン 趙方豪

リュウと対立する梅田会のボス 高(明日のジョー) 升 毅

梅田会を陰で操るヤクザ竜神会の小野 上岡龍太郎

スポンサーリンク

簡単なストーリー

少年院から出所した島田紳助演じるリュウは、仲間のお調子者のチャボ、

在日の友達ケンと合流した。

リュウは少年院で知り合った不良少年高(コウ)を連れていた。

高は、チャボやケンとは険悪なムードになり、帰っていった。

チャボやケンから、キタ(梅田)には北神同盟(後の梅田会)、ミナミ(難波)には、

ホープ会という愚連隊グループが幅を利かせている事を聞く。

リュウ、チャボ、ケンの3人は仲間がカツアゲされた事から、北神同盟のチンピラを、

襲ってケンカする。

一方でリュウと別れた高は北神同盟に加入する、加入の儀式として、

竜神会の小野からリンチを受けるが、その打たれ強さから、

明日のジョーと名付けられ、北神同盟で頭角を現し、北神同盟のナンバーワンの会長まで、

倒して高が会長になる。

かつての仲間である高とリュウは対立する。

リュウはミナミのホープ会の会長を倒して、ホープ会をピース会と名前を変えて、

会長になった。

そして、高も北神同盟も梅田会と名前を変えて、ヤクザの手先として大阪のワルをどんどん吸収していく、

やがて、いよいよリュウと明日のジョーの最後の戦いが始まる。

感想

私は、このガキ帝国を見る前から、大変楽しみにしていた。

それは、この井筒監督の「岸和田少年愚連隊」がとても好きだからだ。

舞台が私生まれ育った大阪という事もあり、私達の年代よりも少し上の代の話なのだが、

とても面白く、主演を果したナイナイや、その他、木下ほうかや、吉本の面々の演技が、

イキイキしていて、とても好きだからだ。

その井筒監督が初めてメガホンを取った、伝説とも言える映画が「ガキ帝国」なのだ。

私がこの「ガキ帝国」という映画を知ったのは、

日本を代表するヤクザ組織の伝説の親分の娘さんが書いた本に登場する。

当時大阪梅田の街を肩で風を切って闊歩していた、愚連隊「梅田会」

この「梅田会」をモデルにした、組織と島田紳助演じる主人公が戦いを繰り広げるという話なのだ。

しかし、この映画を見て余りの退屈さに私はこのブログの別の記事を書きながら、

片手間に見てしまったのだ。

「岸和田少年愚連隊」の原型とも言える映画なのだが、時代が違い過ぎなのか、

どうも私の中に入ってこない。

まず、演技をしている俳優が皆演技が下手なのだ。

そしてこの映画は喧嘩の映画なのだが、その乱闘シーンが全く迫力がなく、

痛みが伝わってこない。

パンチや蹴りは腰が抜けた、フニャフニャのパンチや蹴りで、

とても殴ったり、蹴ったりしているという印象を受けない、

なんかじゃれあっている様に見えるのだ。

また、「岸和田少年愚連隊」では、不良達の会話もとても面白く、ギャグになっていたが、

この映画でもギャグっぽい所はあるのだが、笑う事は出来なかった。

原作の違いもあるのかもしれない。

唯一の見どころは、上岡龍太郎さんが、とても若く、

明日のジョーに暴力を振るってリンチするシーンが良かったです。

あの、暴力とは縁遠い上岡龍太郎さんが、悪を演じているのが面白かったです。

時間が余っていて、全くやる事の無い人にはおすすめの映画です。

関連記事:木下ほうか、嫌味課長や、はい論破で最近人気が出ているが、やっぱりこの映画

おすすめ記事:寅さんシリーズの最高傑作はこれだ!まずは、これを見ろ!

おすすめ記事:仁義なき戦い広島死闘篇の名言とあらすじ。大友勝利のキャラは最強

おすすめ記事:映画「凶悪」の元になった事件、上申書殺人事件が怖すぎる!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする