大山倍達の実力、全盛期は最強?それとも捏造?木村政彦が認めた強さ

大山倍達と聞いてあなたは、何を思い浮かべますか?

地上最強の格闘技は空手だ!と言い切り、

巨大な空手組織の頂点に君臨する、伝説の空手家。

または、空手バカ一代の漫画に登場する、聖人君子。

伝説の武道家でありながら、人格者で神様の様な人物。

極真の猛者達が館長、館長と奉り、歳をとっても最強のキャラ設定。

または、真逆の意見、その武勇伝は殆ど、梶原一騎の捏造で、

実際の実戦の実力は大した事がない。

何故なら、今の総合格闘技の時代、大山倍達が築き上げた極真会館の選手は、

全く活躍していない。

極真会館の試合のルールは顔面にパンチを入れてはならない。

顔面攻撃無しに、格闘技を語れると言うのか?ケンカ空手というが、顔面に攻撃を加えない喧嘩がどこにある!と鬼の首をとった様に批判する人もいる。

または、敗戦した日本で己の腕っぷしを頼りに、命のやり取りも平気で行う、

喧嘩が好きな、腕っぷしの強い、ヤクザの用心棒も買って出る喧嘩空手家。

柔道史上最強と言われた、鬼の木村こと木村政彦の弟分として、

共に戦い実力を認められた最強の空手家、

昭和の巌流島と呼ばれた、力道山対木村政彦のセコンドにいて、

力道山のブック破りでKOされた木村のかたきを取る為、リングに乱入しようとした、

男。

このえエピソードについてはこちらで詳しく書いています。

力道山伝説、対木村政彦の真相や刺殺事件、仰天エピソード集

大山倍逹

あなたの印象は?

おそらく、どの大山倍達も、大山倍達の一つの一面であるのだと思います。

私達の世代は、空手バカ一代のブームは既に終わっていて、

極真の組織は既に出来上がっていた。

私達の世代の極真と言えば、今の2代目の館長である。

松井館長である。

第4回世界大会の決勝で、アンディ・フグと壮絶な戦いを繰り広げ、

優勝した。

この二人の攻防が、この二人の達人ぶりをもの語ります。

2015y09m14d_234441699

この、決勝戦を見て当時格闘技ブームの黎明期であったのだが、

正道会館は極真会館と比べて、やはり格下だと思ったものだ。

しかし、

私が大山倍達を認識した時は既に、総裁という立場であり、でっぷりと太って、禿げたおっさんだったのだ。

戦う男のイメージは無かった。

スポンサーリンク

牛殺し大山倍達

何故牛と戦わなければいけないのか?

当時はそんな事を考える余裕は無かったのである。

2015y07m12d_002245113

画像:http://qq1q.biz/ozlF

人間の何倍もある体重の牛をねじ伏せ、手刀で牛の角を切断して、

倒した大山倍達。

今考えたら、別に牛だっておとなしい動物なのだから、

別に戦わなくていいだろう!

と突っ込みを入れたくなるのだが、

当時はそんな事は考えも付かなかった人が殆どだったのです。

人脈が凄過ぎる

大山倍達を語る上で欠かせないのが、その人脈の凄さである。

極真会館の過去の役員には政治家の佐藤栄作や、毛利松平がいたり、

表の政治の世界だけではなく、裏の世界の第一人者である人物も極真会館の顧問についていたりする。

そんな腕っぷし以外の業界の人々とのつながりもあるが、

大山倍達が強い事に説得力があるのが、

鬼の木村こと、木村政彦との関係である。

出典:goo.gl/k1x3Zf

大山倍達は、

若い時、空手の開祖と言われる船越義珍に空手を学び、

剛柔流を学んだ。

その後、鬼の柔道家と呼ばれる、木村政彦が拓殖大学在学中の大学生ながら、

柔道の天覧試合で優勝を収める。

木村の凄さについてはこちらの記事に書いています。

木村政彦の強さを語ろう、身長は低いがトレーニングが狂気!

この木村に憧れて、大山も拓殖大学に入学する。

知人の紹介で顔を合わせて何度か会ううちに、親しくなった様だ。

この後、木村政彦はプロレスラーへと転身した。

その地方巡業に遠藤幸吉らと共に大山倍達も参加した。

その時の様子を木村政彦が語っているインタビュー記事を読んだ事がある。

当時のプロレスの興行では、試合も行うのだがデモンストレーションとして、

客席から飛び入りの参加者を募り、勝てば賞金を出すと言って戦ったりもしていた。

その時、大山は元相撲取りと柔道家(5段)の人間を同時に2人を相手にして、

KOしている。

このエピソードは木村自身が語っている。

また、空手バカ一代の名シーンと言っても過言ではない、

硬貨を指で折り曲げるデモンストレーションも本当にやっていたと木村は証言している。

また、話は前後するが、戦後はヤクザ組織の用心棒をやったりしているし、

大阪で喧嘩の時ドラム缶を殴って、ドラム缶にパンチで風穴を開け、

その凄まじい破壊力を見て、お前凄いな!という事で、

殺しの軍団と恐れられる、組織の組長と親しくなり兄弟の付き合いをする様になったという、

伝説が語られている。

スポンサーリンク

森田雅も握手を拒んだ

また、このブログで以前取り上げた事のある、花形敬と並んで元安藤組の喧嘩名人と言われた、森田雅も、大山倍達と会った時、大山から握手を求められたが、

大山から殺気を感じて、握手を拒んだという話も伝説として語られている。

森田雅は単なる喧嘩屋ではなく剣術の鹿島神流の達人でもある武道家である。

その他大山倍達が当時親交があった人物は他にも、

合気道の達人塩田剛三、日本拳法の山田辰夫、大気拳の澤井健一など凄いメンバーである。

一部に大山倍達の伝説は捏造だという話もあるのですが、あなたはどう思いますか?

関連記事

関連記事:塩田剛三の強さは本物?やらせと素人に思われる位い凄まじい強さ

関連記事:UFC歴代ヘビー級チャンピオン(最強)を紹介、ヒョードルはUFCに行ってなかったんですね

関連記事:マイクタイソンの強さは伝説、鋼鉄の筋肉を作り上げた練習内容とは?現在は?

関連記事:大山茂の現在、正拳の威力はバケモノ、全盛期のウィリーも勝てなかった、最強の拳

関連記事:ケンカ最強ランキング全く新しいランキング、ルールは負けイコール死?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする