オロナイン軟膏はいんきんに効くのか?陰部のかゆみを取り除けるのか?

オロナインH軟膏をご存知だろうか?

私達が子供の頃からある謎の塗り薬である。

名前は知っていても、その効果は知らない。

それが、オロナインH軟膏である。

010uiijjo

私は夏になると、ある事に悩まされていた。

それは、とても言いにくいのだが、股間がとてもかゆくなるのだ。

股間と言っても性格には、タマの部分がたまらなくかゆいのだ。

このかゆみは、毎年やって来る恒例の行事の様な物である。

今年かゆければ、また来年の夏もかゆくなるのだ。

これは、単なる蒸れではない。

そう、汚い話で恐縮なのだが、どうやら私はいんきんになってしまった様だ。

いんきんになってしまったら、陰部がとてもかゆくなる。

スポンサーリンク

何故いんきんになるのか?

いんきんというのは、どんな病気なのだろうか?

いんきんという位なのだから、キン玉と何か関係があるのかも?

と思った人も多いと思う。

いんきんを調べてみると、水虫の一種の様だ。

陰部に出来た水虫と言ったところだろうか?

この、いんきんにかかると、とにかくかゆくなるのだ。

特に夏場、ムズムズしてきて、時と場合を選ばず、

兎に角かきむしりたい衝動にかられるのである。

私は自分が何故いんきんになってしまった自覚がある。

どこで、いんきんに感染したか自分で知っているのだ。

それは忘れもしない、若き20代前半の頃、私は自分の欲望がおもむくままの、

だらしない生活を送っていた。

私は、自分の性欲を抑える為、西成のあるマンションのマッサージ店に入った。

勿論、ただのマッサージではない。

いわゆる男の欲望を満たしてくれるマッサージ店である。

私は、その店でシャワーを浴びた。

そこで、接客をした女性に身体を洗って貰ったのだが、

そこに備え付けてあった、スポンジで陰部をごしごしと洗われたのだ。

それ以来である。

事あるごとに、股間がかゆくなり、

時にはストレスが貯まると、股間に膿が溜まり、

デキモノが出来た。

また、特に夏場、脚の付け根の部分がとても臭くなる。

夏場股の間に汗をかくのだが、その汗を匂ってみると、

なんとも言えない、強烈な悪臭を放っているのだ。

私は当初これは、歳のせい。

加齢臭と思っていたのだが、いんきんと関連性があるという、

噂を聞いてしまったのだ。

オロナインH軟膏をいんきんに試す

私は、以前このオロナインH軟膏がニキビに効くと聞いて、

ドラックストアで購入したのだが、全く効き目がなく、

放置していた。

私の記憶から、オロナインH軟膏は消え去っていた。

オロナインH軟膏・・・所詮過去の薬・・・

現代では活躍する場が無い、単なるロートルに過ぎないと思っていた。

しかし、ある時オロナインH軟膏の効能を見ていたら、

その効能に、「水虫、たむし、いんきん」と記載されていたのだ。

水虫の薬を陰部に塗るのは抵抗がある。

しかし、このオロナインH軟膏なら、それ程刺激はないだろうと思い、

私はさっそく、患部に塗った。

塗り始めて、ようやく一週間が経とうとしている。

今の感想だが、少しは効果があった程度である。

以前と比べて少しだが、かゆみはましになっている。

しかし、痒いのだ。

まだ、完治していない。

ただ、全く効果が無いのか?

と言われれば、多少は効果が出ていると言わざる得ない。

少しであるが、かゆみは、ましになっているのだ。

しばらく、オロナインH軟膏一本でいんきん治療を行いたいと思います。

また、報告させていただきます。

※その後のお話は下の記事、完結編で語られています。

関連記事:いんきんたむしの臭いが辛い!股(また)と股(また)の間の臭いは強烈!いんきんに打ち勝った話

関連記事:オロナイン軟膏はいんきんに効くのか?陰部のかゆみを取り除けるのか?-完結編-

関連記事:オロナインH軟膏のクロルヘキシジングルコン酸塩液ってナニ?オロナインH軟膏について語る

おすすめ記事:ウォシュレットのビデってどんな意味があるのか?男が知らない使い方

おすすめ記事:タバコのデメリットとメリット、ヘビースモーカーがタバコを辞めてタバコから解放された話

おすすめ記事:今までで一番効果のあったダイエット7選、運動なし?食事制限なし?実録ダイエットを語れ!

おすすめ記事:シャンプー 抜け毛の本数の平均は?その抜け毛がヤバイ抜け毛か、心配のし過ぎか?そのポイントは?

おすすめ記事:禁煙成功ノウハウを語る、1日3箱吸っていたヘビースモーカーがタバコを辞めた方法と日数

おすすすめ記事:一円玉の重さ、直径は?一円玉って何で出来ているの?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク