子育ての後悔、失敗したな~と思った体験談

こんなことあるある!育児のよくある失敗三つについて

2015y08m21d_203017966

子供を育てていると、気がつかないうちにいろんな失敗などをしてしまうものです。
特に、自分では気がつかなかったけれど、後から他人に指摘されて、ああすればよかった、こうすればよかったと考える人も少なくありません。
今回は、そんな育児の失敗について、少しだけ書いてみたいと思います。

[ 1 ] あれもこれも!ついついいろんなものを買っちゃう!

初めて育児を経験する場合には、どのようなものを揃えれば良いか分かりにくいものです。
そのため、人から何が必要かを聞いて、出産前にチェックする人も多いようです。
しかし、他人が必要と思ったものと、自分が必要だと感じたものは、微妙に違う場合もあります。
例を挙げれば、他人はハイローチェアなんか必要無いと言っても、自分が妊娠中で、かつ、多胎だった場合には、ハイローチェアが無いと、育児も辛くなります。
そのため、後から追加で購入したり、譲ってもらったりするケースもあるようです。
また、心配性の人の場合には、初めての育児に心配して、あれもこれもといろんなものを購入しがちです。
そのため、気がついたら、使わない育児グッズで部屋が溢れているなんてこともあるようです。

スポンサーリンク

[ 2 ] 子供の成長は個人差があるとのんびり構えていると・・・

子供の成長は、やはり個人差はあるようです。
特に女の子は成長が早いなんて言われていますよね。
そのため、成長の目安に自分の子供が当てはまらなくても、個人差があるし~とのんびりと構えている人もいるようです。
けれど、この成長の差ですが、健診などで引っかかってしまう場合もあるようです。
中でも、一歳を過ぎて、成長の目安に当てはまらない場合には、ただののんびり屋のケースもありますが、身体の発達障害を抱えている可能性もあります。
成長記録をつけて、気になるようでしたら、知人に聞くよりも、まずは専門の医師に相談するほうが良いでしょう。

[ 3 ] 自分のペースで教育やしつけをしよう!

よく育児にある悩みとしては、実母や義母があれこれと口を出すと言うものがあります。
これは、子育てをしてきた経験者ですので、仕方ないものですが、それでもやいやいと言われると、何だか腹立たしいものですね。
特に義母の場合には、こちらも気を使いますし、相手に言い返せずに、イライラが溜まっている人もいるのではないでしょうか。
そんな時は、うるさく口を出されても、ハイハイとスルーするほうが良いでしょう。
ただ、聞いておいたほうが良い意見も沢山ありますので、自分の判断で、考えることが大事です。
他人に惑わされず、自分の気持ちをしっかりと持って、子供を育てていくようにしましょう。

育児中は何かと心配ごとや不安なことが付き物です。
しかし、子供はアッと言う間に成長します。
今は夜鳴きや授乳が大変で、とても辛い思いをしているお母さんもいるでしょうが、あくまで一時のことですので、辛い時は美味しいものを一杯食べて、息抜きをするようにしましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする