蛇にピアスの小栗旬と藤原竜也が最高、歯も抜かれボコボコにされる藤原竜也の演技が凄い!

蛇にピアスは吉高由里子が主演した映画だ。

この作品は吉高由里子が大胆な濡れ場を演じているので、

今でも根強い人気がある映画だ。

2015y09m05d_004425323

画像引用:http://img.hmv.co.jp/

image/jacket/400/27/5/7/654.jpg

元々は金原ひとみ原作で、この「蛇にピアス」は芥川賞作品である。

この映画の予告編がYouTubeにアップされていたので、

紹介しましょう。

蛇にピアス予告編YouTube動画

スポンサーリンク

蛇にピアスの小栗旬と藤原竜也に注目

監督は蜷川幸雄で、

この映画の主題歌はCHARAが担当している。

監督は蜷川幸雄でその関係なのかもしれないが、

小栗旬と藤原竜也が出演している。

小栗旬と藤原竜也はどんな役を演じたか?と言うと、

チンピラである。

いつも主役を演じる小栗旬と藤原竜也が、単なるチンピラを演じている。

吉高由里子演じる主人公と、同棲している恋人役の高良健吾を、

この二人のチンピラが「オイオイ、イイ女連れてるじゃね~か?」

みたいな感じで絡んでいくのだ。

最初はやられていた、高良健吾演じる、全身ピアスと刺青のパンクスは、

キレて二人をボコボコにする。

1対2でボコボコにされて、非常に情けない役である。

ボコボコにされた小栗旬はなんとかその場から逃げたのだが、

藤原竜也は、高良健吾に捕まりボコボコにされ、

歯も抜かれて、

なんと死んでしまいます。

この事件があってから、しばらくしてニュースでこの喧嘩の事が取り上げられ、

死んだ藤原竜也が演じたチンピラの写真がニュースで流れたのだが、

その顔は正しく、クズ。

素晴らしいです。

切れたら無茶をするという高良健吾演じるアマのキャラクターを引き立たせる為の演技が光っていました。

アマを演じた高良健吾については、こちらの記事で詳しく書いています。

高良健吾、蛇にピアスのピアス、舌(スプリットタン)刺青、性格や殺され方はこれだ

スポンサーリンク

本当に情けない顔をしたチンピラの顔なのだ。

やはり、クズを演じさせたら、藤原竜也の右に出る者はいない!

そう感じてしまう程の素晴らしいクズっぷりなのだ。

小栗旬も良かったが、私はクズを演じさせたら、やはり藤原竜也の方が、

小栗旬よりも、数枚上手なんじゃないか?

と思ってしまっう程の素晴らしい演技だった。

この映画は2008年9月に公開された映画で、

R-15指定の映画である。

恐らく地上波では、放送しないと思います。

私はケーブルテレビの日本映画専門チャンネルか何かで見たと記憶しています。

この「蛇にピアス」については、この記事でも語っています。

吉高由里子蛇にピアスあらすじや相手役、舌ピアスは本物か?感想も紹介

この映画には、小栗旬と藤原竜也以外にも、

個性的な俳優が出演しているので、

紹介しましょう。

刺青やピアスのお店のオーナー役にARATA、

このARATAは最後までこの物語に絡んできます。

おまけに、吉高由里子ともかなり激しく絡みます。

吉高由里子には、高良健吾という恋人がいるにも関わらず、

そんな事お構いなしで、激しく絡みます。

その他、あびる優、ソニン、

井出らっきょ、市川亀治郎、唐沢寿明などが出演しています。

これだけの、豪華な俳優が参加し、

吉高由里子の大胆な濡れ場があり、とても刺激的な作品なのですが・・

私がこの映画を見て、一番心に残ったシーン

この小栗旬と藤原竜也のチンピラがボコボコにされるシーンである。

中でも藤原竜也が絶品であり、

藤原竜也の実力を再認識した映画なのだ。

おすすめ記事:女性の一人暮らし、一人歩き、防犯対策、防犯グッズのまとめ

おすすめ記事:短期間で簡単にマッチョでカッコいい身体になる方法まとめ

おすすめ記事:ブヨブヨの腹の贅肉(ぜいにく)を無くして、細マッチョ体質になる方法

関連記事

関連記事:蛇にピアスの吉高由里子の奇跡、不思議な話、不思議な魅力

関連記事:高良健吾、蛇にピアスのピアス、舌(スプリットタン)刺青、性格や殺され方はこれだ

関連記事:蛇にピアス結末、ラストが意味が分からない?犯人はあの人!ネタバレ有り

関連記事:吉高由里子蛇にピアスあらすじや相手役、舌ピアスは本物か?感想も紹介

関連記事:映画「恋の罪」の元となった東電OL殺人事件の真犯人は誰だ?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする