エアコンの暖房電気代節約の3つの知恵はこれだ!

寒くなってきましたね!

家に帰った時、或は朝起きた時、

この寒さを少しでも軽減する為のアイテムはエアコンの暖房です。

昔の灯油のストーブなどと違い、ボタンをピッと押すだけで、

温かい風が吹き出して、部屋の中をポカポカにしてくれるエアコン。

2015y10m01d_231216199

しかし!

このエアコン、電気代がかかるんです。

出来れば気にせず使いたい!

と、いう事で、今日は、エアコンの暖房節約術のご意見番と呼ばれている人達、4人に、

インタビューを挙行しました。

では、早速いってみましょう。

スポンサーリンク

冬の電気代を乗り切る3つの方法

暖房代節約に関して私のやり方を紹介します。
ひとつ目の方法ですが、これは原始的なやり方です。

できるだけ暖房を使用しないということです。

現在の快適な世の中になりエアコンや暖房は当たり前の世の中ですから使用するのが当然と思われている方が多いと思います。

しかし昭和の時代を生き抜かれていた方々からすると暖房が当たり前というのは近年になって からではないでしょうか。

それを考えると多少の我慢は必要なのかもしれません。

しかも電気代を節約する上ではこれ以上ない方法です。

いわば究極の方法だと 思います。

まずはできるだけ使用しないということを念頭に置くのがいいのではないでしょうか。
ふたつめですが、

ひとつ目は究極なので誰にでもすすめることはできません。

そこでエアコンを稼働した時の自分の服装に着目してもらいたいと思います。

外出 した時に冬場はとても厚着をすると思います。

これで外の寒さを凌ぐという方法がほとんどです。

では自宅でもできるだけ重ね着をするなど厚着をすると寒くは ありません。

そこでエアコンをかどうすれば設定温度をいつもより高く設定することができるのです。

エアコンの設定温度というのは電気代を節約する上では重要なこうもくになります。

エアコンを稼働して1度違うだけでも1ヶ月計算すればだいたい-10%といわれています。

重ね着などをして温かい格好で自宅内にいるとすれば2度ぐらい下げても平気になってくるのではないでしょうか。

これを考えると-20%です普段の使用状況にもよると思いますが、

-20%は家計 に大きな恩恵をもたらせてくれると思います。
3つめの方法ですが、

こまめにエアコンのOFF/ONをしないということがあげられます。

こまめに切っていたほうが節約になると思われているかたも多いと 思いますが、

これは間違いです。

実際エアコンの電気代で、

一番お金がかかる部分は可動から2,30分といったところではないでしょうか。

部屋の温度が15度で 入室し25度まで上げるのには多大な電気をしようしますが、

25度を維持して継続使用するというのには特別な電気の力は加わりません。

実際こまめに OFF/ONをしてしまうと、

もともとさむいわけですから25度に暖まっていたもすぐに15度まで下がるわけです。

そこから再度稼働するとまた多大な電気を 使用しなければなりません。

実際エアコンを稼働した時の音を聞けばわかると思いますが、使用し始めた時の音はかなりの爆音です。
これらのことからわかるように理想としてはできるだけ使用しない、

使用しても低めの温度設定で稼働するとつけっぱなしといったことが理想のエアコン使用方法だと考えられます。

関連記事:エアコンの暖房の電気代はつけっぱなしがいいのか?冷房と同じ原理なのか?

関連記事:冬の電気代節約術で貯金がとんでもなく出来た方法

関連記事:暖房設定温度、節電の話、設定温度より実は大切な〇〇について

関連記事:貧乏生活を楽しむ、寒さ対策、暖房代節約生活!コツコツ貯金しよう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする