冬の電気代節約術で貯金がとんでもなく出来た方法

冬の電気代の節約術をお伝えします。

冬の電気代はとても高くなる事があります。

特にエアコンの電気代がばかになりません。

ですので今日は、冬の電気代の節約術を公開する事によって、

電気代を削減していただき、その浮いたお金を貯金に回していただき、

どんどん貯金を増やしていただければと思います。

今日は節約術の達人と呼ばれている人に、その節約の方法を聞いて来ました。

聞いてみて思う事は、細かい努力を惜しまないという事です。

お金を貯める事が出来ない人は、

なんでも適当にやってしまいます。

なので、細かい事かもしれませんが、長い目で見た時に、

相当な差が生まれるのです。

スポンサーリンク

暖房費が高くなる冬に向けて!ちょっとしたことで出来る節約術!

2015y10m03d_131217772

これから冬になると、一気に電気代が高くなると言う家庭も多いのではないでしょうか。
夏に比べると、冬の場合には、エアコンだけでなく、

こたつや電気カーペットなどを併用して使うことも多く、

これらの電気代も掛りますので、電気の使用量も高くなる場合もあります。
また、夏に比べると、冬の場合には、

外との気温差が激しいため、電気代が高くなるようです。
このようなことから、電気代を安くするために、

ちょっとした工夫をしてみるのも良いかと思います。
例えば、このような方法はいかがでしょうか?

[ 1 ] パネルヒーターなどは電源オフタイマーを入れる!

暖房と言っても、いろんな種類のものがあります。
例えば、冷房も出来るエアコンもあれば、

子どもがいる家庭でも安心して使えるパネルヒーターなどもあります。
しかし、このパネルヒーターですが、安全設計であり、

部屋が暖かくなりますが、その一方で、電気代がかなり掛るタイプのものもあります。
そのため、使わない時にはこまめに消すほうが良いでしょう。
また、オフタイマー機能がついている暖房などを活用するのも、電気代の節約には良いことかと思います。

[ 2 ] 節約モードがついている電気製品を購入する!

近頃の電気製品には、節約設定がついていることがあります。
例えば、人の気配を察知して、

誰もいない時には自動でスイッチが切れるものなど、

節約設定には、いろんなタイプのものがあります。
このような節約設定がついた家電では、通常に電気を使うよりも、

節約設定をすることによって、電気の使用料が安くなる場合もありますので、

暖房機器を買い替えるならば、こ節約タイプのものを選ぶのも良いかと思います。

[ 3 ] なるだけ電気を使わないことを心がける!

他にも、冬の暖房費を節約するならば、まずは常に厚着をするようにしましょう。
夏のような薄着だと、やはり寒いので暖房をつけてしまうことも少なくありません。
ガンガンに部屋を暖かくするよりも、

服を多めに着て、暖房をつけない生活を心がけましょう。
昔ながらのカイロや湯たんぽなども活用すれば、

電気を使わずに暖かくすることも出来ます。

このようにちょっとした工夫で、

冬の暖房を安くする方法があります。
他にも、電気カーペットをひく際には、

人がいる部分だけ暖かくなる機能がついている物を使ったり、

暖房が効率良く効くように、部屋の間取りを変えたり、

隙間から風が入らないように、家の窓に断熱シートを貼ったりするのも、

冬の暖房費を節約するには良いことです。
このような日常のちょっとしたことで、電気代を安くするようにしましょう。

関連記事:エアコンの暖房電気代節約の3つの知恵はこれだ!

関連記事:エアコンの暖房の電気代はつけっぱなしがいいのか?冷房と同じ原理なのか?

関連記事:貧乏生活を楽しむ、寒さ対策、暖房代節約生活!コツコツ貯金しよう!

関連記事:暖房設定温度、節電の話、設定温度より実は大切な〇〇について

おすすめ記事:ハゲを諦めかけた時に出会った逆転技!ハゲに絶望した日々から生還した話


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする