風邪のひきはじめの対策、のどの痛みの対処法と薬について

今日は風邪のひきはじめの対策をお話します。

あれ、なんかノドが痛い、なんか鼻水が出るなんて、身体に異常が現れた時に、

早めに対処する事が大切です。

では、早速お伝えします。

風邪のひきはじめの対策、のどの痛みの対処法と薬について

2015y10m03d_130504616

これから寒くなって風邪をひきやすい季節がやってきます。

風邪もひきはじめが肝心で、ひどくなると治すことにおいても時間がかかり、
仕事を休んでシフトに穴をあけたりして迷惑をかけるし、

自分自身もつらい思いを余儀なくさせられます。それに風邪は万病の元ともいわれます。

そこで風邪をひいてしまった時の対処法について述べます。

とにかく喉の違和感などを感じると、いちはやく医者にかかることです。
とにかく軽い症状の間に適切な処置を受けて、

薬を処方してもらうことが絶対条件です。

あれこれ自分で考えるよりも、医者に行くのが一番早いという事です。

そして、病院で処方された薬を飲むのが結論です。

その薬も症状がよくなって余った時は捨てずに残しておいて、
また風邪をひいたときに、

医者が休みの時や忙しくて医者に行けない時にその薬を飲むこともおすすめです。

薬の賞味期限は2年ぐらいです。

ただどのタイミングで飲むか、

どのような症状に効いたり効かなかったりするかなどのことは医者とよく相談することが大切です。

とにかく自分にあう薬をみつけることは、

これから先において早期治療にも大いに役立ちます。

スポンサーリンク

体長が悪いと感じた時は?

仕事が終わると余暇を楽しんだりネットに費やしてエネルギーを消費したり、
夜更かししたりすることはしないようにして、早めに寝ることです。

入浴もできれば控えた方が早く治ります。

特に鼻炎持ちの人は鼻づまりがひどくなると、

風邪の症状がでていることも考えられるので、

医者の診断を受けることがより重要となってきます。

薬の副作用で眠気を催しますが、

それは休息をとるようにというサインだと
思うことも大切です。

また、喉飴、龍角散は喉の痛みを和らげてくれます。

2015y10m03d_125730050
しかしこのような努力にもかかわらず、

症状が重くなって熱が出た時はとにかく薬をのんで安静にしておくことです。

とにかくきちんと熱が下がるまでは入浴は控えることです。

熱が出た時は普通の風邪なのかインフルエンザなのかを区別することが大きな分岐点となり、
他の人に対しても大きな影響を及ぼします。

もしインフルエンザだと5日間は、たとえ熱が下がっても、

家で安静にしなければならないです。

そこで仕事も休むことをためらいがちになりますが、

インフルエンザの時はもちろん、
普通の風邪の時も無理をすると症状も余計にひどくなって、
肺炎を患ったり、

さらにひどいことに腎臓にも悪影響が出て透析治療を余儀なくせざるを得なくなる、

という取り返しのつかない事態になることも考えられます。

それに調子が悪い状態で無理して出勤しても、

効率は落ちるしいろいろな人にうつり、

その家族までに影響を及ぼすという大事態に陥ることを考えると、
休む時は休んできちんと治してから出勤する方が効率的です。

このように熱が出てしまうと、
治療も大変になっていろいろと弊害が出てしまいます。

それだからこそひきはじめの時期にきちんと治療することが大切です。

関連記事:風邪の治し方、はちみつ、ネギ、水分を取れ!早く治す為の3つの心得

関連記事:風邪の治し方、速く即効で治す方法、食べ物とノドにはこれが効く!

関連記事:季節の変わり目、風邪の予防と風邪になった時の対処法、喉、胃腸、熱

おすすめ記事:ハゲを諦めかけた時に出会った逆転技!ハゲに絶望した日々から生還した話


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする