実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(ネタバレ)山岳ベース事件での総括の様子とは

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」は、2012年に亡くなった、若松孝二の監督した、日本の映画である。坂井真紀やARATAなどが出ていました。この映画は連合赤軍の山岳ベース事件を描いた映画である。

連合赤軍とは、学生運動を行っていた、いわゆる左翼のグループである。左翼とは、反権力、国に対して戦いを挑む様な人々の集まりの様なものです。

2015y10m03d_212243754

画像:http://img02.eshizuoka.jp/

usr/unno/asama1.png

その連合赤軍は、あさま山荘に立てこもり、銃撃戦を繰り広げ、大きな事件として、映画化もされているし、テレビでその当時の事を特集されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。この映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」はその題名のとおり、あさま山荘に行くまでの話である。しかし、このあさま山荘に行きつくまでに、「山岳ベース事件」という、凄惨な事件をおこしている。

この映画は、その山岳ベース事件を描いた映画である。この山岳ベース事件は、死者12名という大量の死者を出した、リンチ事件である。このリンチは、連合赤軍のリーダの2人が中心となって行っていた。

「総括」と称して、メンバーを凄惨なリンチで殺害した。当初は、作業から外されるだけだったが、次第にエスカレートしていって、凄惨なリンチに発展した。死んだ者は、何度も殴られた事により、内臓破裂で死亡したり、

アイスピックなどで何度も刺されたり、首を絞めて殺されたりして、残酷極まりない。今では考えられないのですが、間違いなく日本の学生が起こした事件なのだ。連合赤軍を当時の社会党や左翼系のマスコミが、一部支持していたが、鬼畜所業が明るみに出ると、左翼からも批判を浴びた。

スポンサーリンク

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程を見た感想

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の感想、連合赤軍といえばあさま山荘事件が非常に有名でこちらも映画化されていますが、こちらの映画はそこに至るまでの道のりを描いた映画です。と言いますか、この映画はあさま山荘に立てこもるまでに起こったある決定的な事件をメインに描いています。

それは山に立てこもって日本政府に対する抵抗闘争の訓練をしていた彼ら連合赤軍軍が「総括」の名の下に仲間をリンチして殺していく事件です。よって当然の事ながらこの映画はものすごく陰惨な映画です。連合赤軍の仲間たちがひとりひとりリンチされて「敗北死」していく映画なのですから。

ちなみに敗北死とはリンチに耐え切れず死んでしまった仲間に対して向けられた言葉です。この言葉だけとってもこの映画のむごさが分かるでしょう。日本の歴史でもこの事件は決定的な影響を与えました。

それまで彼ら革命戦士たちはそれなりに社会の支持を得ていました。なので孤立していたわけではありません。しかし、この事件で世間は彼らを「極悪非道の鬼畜」と見なし、彼らの運動は衰退していったのです。この映画の大半は陰惨なリンチです。

よって決して面白い映画ではありません。しかし非常にためになる映画です。実話を元にしてるだけの事はあります。

例えばこの映画でよく使われる総括と言うのは、未熟な戦士に自己反省を求めるという意味なのですが、総括されるのは弱い立場の者だけです。この組織のトップである2人は決して総括されません。

スポンサーリンク


それはおかしいだろうと愚痴をこぼした仲間が他の仲間に密告され、結果処刑されます。反省しろとかお前が悪いんだから責任を取れという言葉は一見もっともに見えます。しかしこの手の言葉はいつも上が下にいう言葉で、その逆は決してありません。

この映画でも赤軍トップの2人が下の人間に総括を迫りますがその逆はありません。反省とか総括などと言う言葉が、上が下を弾圧するための方便、詭弁に過ぎない、そういうことが本当に良くわかる映画です。

正直に言えばこの作品は娯楽作品としては明らかに失敗です。まったくこの映画面白くありませんから。しかし、実話を基にしているだけのことはあり、集団心理、権力の暴走、人間のろくでもない本性、そういったことは本当によく描けています。

面白くはありませんが、ためになる映画としてこの映画は見る価値があると思います。ただし見るときは一人で見たほうがいいでしょう。間違っても家族連れやカップルが見る映画ではありません。

おすすめ記事::三億円事件の犯人と真相を語る

おすすめ記事:子供の頃怖かったもの、北海道のSOS遭難事件の音声

おすすめ記事:豊田商事会長刺殺事件、ビートたけしも演じた衝撃の事件

おすすめ記事:秋葉原無差別殺傷事件モチーフの映画「ぼっちゃん」加藤智大は死刑が確定

おすすめ記事:ハゲを諦めかけた時に出会った逆転技!ハゲに絶望した日々から生還した話


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする