豆まきのやり方、歴史や起源、ルール、マンションやアパートではどうするの?節分パーフェクトガイド

豆まきの季節がやってきました、豆まきとは節分の豆まきです。豆まきにやり方はあるのだろうか?何かルールでもあるのだろうか?という事で今日は、節分の豆まきのやり方や歴史について書きたいと思います。豆まきの歴史を学んで、子供にしっかりと教えてあげましょう。子供から聞かれて知らないでは、親として恥ずかしいですよね。

スポンサーリンク

まず、節分の歴史を知ろう

そもそも節分とは各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日を指し、新しい「季節の始まり」という意味を持つ。この4つの節分の中でも立春はもっとも大切で、なぜなら昔は立春は新しい年の始まりの日であったからだ。つまり、現在の大みそかが昔の立春だったのだ。古来の日本では季節の変わり目は鬼が来るというように信じられており、鬼を払うために様々な儀式が存在した。儀式は地方の風習によって異なるが、豆まきはその中の一つであったと言われてい る。

2015y12m30d_000552939

豆まきの起源は平安時代にさかのぼり、村に現れては悪行をする鬼の目を大豆を投げてつぶしたことから始まったと言われている。鬼とは魑魅魍魎の一種 で、目に見えない「邪気」の現れであるとされた。鬼を撃退するために撒いた豆は「福豆」と言われ、縁起が良いとされる。福豆は節分までに神棚に供えると神 の力が宿るとされる。

自分の年齢の数だけ大豆を食べると健康になるとされるが、食べる豆の数は地方によっては年齢プラス1個、マイナス1個など異なる。ま た「福茶」という梅昆布を節分に飲むと、「よろこぶ」を連想できることから一年の邪気を払えるとされている。また北海道や東北など寒い地方では、大豆では なく落花生をまくところもある。

またイワシの臭いで鬼を撃退するため、玄関先にイワシの頭を飾る地方もある。またある地方では玄関にヒイラギをかざり、ヒ イラギの棘で鬼を追い払おうととする風習がある。豆をまくときは一般的に「鬼は外、福は内」と言うが、群馬県鬼岩地区はもともと鬼が岩となってできた町で あるとされるため、「鬼は内」と言う。これは鬼は町の守り神とされているからだ。

また茨城県つくば市鬼ケ窪では、あちこちで追い払われる鬼がかわいそうと いうことで「あちはあった、こっちはこっち」という掛け声を用いる。一方で苗字に「鬼」がつく鬼沢、鬼頭などの家でも、同じく鬼は家の守り神なので、「鬼 は外」の口上は使用しない。


スポンサーリンク

何故鬼に豆を投げるのか?

豆というか穀物には昔から邪気を払うと日本では信じられてきた、また、魔目(マメ)を鬼の目にぶつける事により、邪気を払い、無病息災を願うという風習がいつの間にか日本に定着したようである。したがって、鬼にぶつけるのは、豆でなくとも、穀物であれば、何でもいいのであるが、豆(マメ)と魔目(マメ)の語呂合わせで、豆をまく様になったのではないでしょうか?

2015y12m30d_000714381

豆まきのルールと知識

1、豆を用意する
用意する豆ですが、大豆を炒ったものを用意します。これを福豆といいます。豆まきは鬼がやってくると言われる夜にやるのが適してますので炒った福豆は枡に入れて神棚にお供えしておきましょう。また、北海道や東北地方、宮崎や鹿児島などは落花生を使う習慣があります。落花生も夜まで神棚にお供えしておくのが良いかと思います。

2、豆まきは部屋の奥から
豆をまく順番ですが、家の奥からが良いとされています。鬼を外に外にと追い出していくように豆をまきます。窓やドアを開放して、その部屋から「鬼は外」と外に豆をまき、窓をしめてから「福は内」と部屋の中に豆をまきます。これは追い出した鬼を家に戻さないように窓をしめてから福を呼ぶという意味があります。最後に玄関で豆まきを終えるようにしましょう。節分は戸口に柊と鰯を飾る習慣があります。これは追い出した鬼や外の鬼が家の中に入ってこないようにするものです。柊のトゲは鬼の目を刺し、鰯の匂いは鬼が苦手なため家に寄り付けないとされています。

3、豆をいただく
豆まきが終わったら豆を食べます。豆を食べる数は地方によって異なります、年の数だけ食べるところもあれば数え年として1つ多く食べるところもあります。また、豆を年の数だけ食べるのが厳しいという時には「福茶」という方法もあります。福茶とは縁起のいい時に飲むお茶です。季節により素材を変えるのですが、節分の時の福茶は福豆・梅・昆布を入れるのが一般的です。材料を入れてお湯を注いで頂きます。体も温まりますし、優しい味でおすすめです。節分の意味を正しく知ると、いつもの豆まきが違うものに感じられてより節分を楽しく過ごせるようになると思います。もちろんやることに意味があるので堅苦しく考える必要はないですが、是非昔からの豆まきの方法で節分を楽しんでみていただければと思います。では、最後に節分の豆まきのやり方について、一般家庭の主婦の方に話を聞いてきましたので、今日はそれを紹介しましょう。

落花生(らっかせい)で節分

2015y12m30d_000417345

節分の豆は 落花生で育ちました。小学校でも落花生をなげて皆で拾って食べる。凝った先生だと 割りばしで拾わせたり、飴やチョコレートも混ざってたりと 楽しい行事でした。
教室での豆まきなので、踏みつけることもしばしば。皆で拾った後の教室は 見事なクズだらけでした。後片付けをして 歳の数だけ食べます。もちろん家でも落花生。

投げてちょっとクズは落ちるけど、掃除機かけちゃえばOK。食べはじめたら 止まらない落花生。食べ過ぎると鼻血がでる!と言い聞かされながら手が止まらない。近畿地方に嫁いできて 節分になると スーパーの節分コーナーには大豆ばかりで 驚きました。本当は この大豆。と買ってみました。アパート住まいなので リビングで軽く 豆まき。大豆は 小さいし拾うのも大変で、拾ったものを食べるには気がひける。

そんなに美味しいものでもなく 自分の歳だけ食べるにも忍耐がいるような。逆に捨てるのも もったいなく。やりきれない 未達成感に。近所のおばさんも大豆で豆まきをした翌日、掃除が大変。と言っていました。

転がるし 掃いても掃いてもでてくる。とのこと 翌年から 我が家は落花生を探して 豆まきを楽しんでいます。なかなかいいお値段です。でも楽しみたいし美味しいので 良しと 言い聞かせます。地元では節分のコーナーに落花生に鬼のお面がついて並んでいたことを思いながら、おつまみコーナーの落花生一袋を購入し、鬼のお面は子供と手作り。枡もないので新聞紙でつくり お父さんの帰宅を待ってからの 豆まきです。

本気で投げる小さい子供 落花生なので投げつけられる鬼役のお父さんは 本気で やめてー。と。傍らで笑いながらみてる私。鬼がギブアップしたら 一斉に落花生を拾い 歳の数だけ!といいながら食べる。美味しい落花生。日々 掃除をしていても ちょっとしたときに落花生が隙間から出てきたり。一瞬 いつの? まだいたのー。と思いながら 小さい子どもは 見ると食べてしまいそうなので 即処分。毎年楽しみな節分です。

おすすめ記事:丸かぶり寿司の由来、ルーツとは、恵方巻の名前はコンビニが由来?

おすすめ記事:門松の意味、由来、歴史、子供に聞かれた時ちゃんと教えてあげよう

おすすめ記事:正月の雑煮の由来、おせち料理と共に必ずお正月に食べる大好きな雑煮!

おすすめ記事:ウォシュレットのビデってどんな意味があるのか?男が知らない使い方


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする