丸かぶり寿司の由来、ルーツとは、恵方巻の名前はコンビニが由来?

節分に寿司を丸かぶりする風習をご存知の方も多いのではないでしょうか?恵方巻(えほうまき)とも呼ばれるこの風習の由来、ルーツをご存知でしょうか?この風習は昭和47年生まれの私が子供の頃にはすでにあり、節分の日の晩御飯に必ず巻きずしが出てきて、ある方角に向かって、黙って黙々と食べるというものだった。食べ終わるまで、喋ってはいけないというルールがある。私の子供の頃は現在の様に恵方巻を食べようと、コンビニやスーパーで、巻きずしを販売したりはしていなかったと思います。各家庭で勝手に行われていたのではないでしょうか?テレビでコンビニや寿司チェーンなどの宣伝も今の様にやっていなかったと思う。今日は文化歴史に詳しい人、二人にこの丸かぶり寿司の事を聞いてきたので、それを紹介しましょう。この二つの解説を読めば、この丸かぶり寿司の全貌は理解できるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

(解説その1)

丸かぶり寿司の由来とその起源

2016y01m01d_174909379

節分に食べると縁起が良いとされる恵方巻きだが、そのルーツをご存じだろうか?恵方巻きのルーツは江戸時代から明治時代にさかのぼり、大阪の花街で節分の お祝いと商売繁盛のための風習が始まりだと言われている。一説では節分の日に遊女に巻き寿司を丸かじりさせるという、大阪船場の花街に伝わる花魁遊びに由来しているとも言われる。「恵方巻き」という名は近年になって企業がつけた名称であり、もともとは丸かぶり寿司と呼ばれていた。太巻きを一本丸かじりする由来は、一本を切らずに丸ごと食べることで福運や、商売繁盛のご利益が受けられると信じられていたことによる。切らずに丸かぶりするのは「縁を切らない」という意味があり、また食べ終わるまでは無言でいなければならないのは、神事に見られる「無言参り」のように、食べている間に話したりすると福が逃げてしまうと信じられていることに由来する。

1932年代には、この風習からヒントを得た大阪の海苔組合が“節分の巻き寿司を丸かぶり”を推進し、チラシなどを 作って広めたとされる。しかしこの丸かぶり寿司が「恵方巻き」として日本全国で普及したのは、1989年にセブンイレブンが広島県で太巻きを売り出したことから始まった。その後あっという間にほかのコンビニチェーンやデパートでも販売されるようになり、恵方巻きを模した「恵方ロールケーキ」や「恵方だし巻 き玉子」などの類似品が販売されるようになった。また節分の2月の時期は大学受験の時期でもあることから、「合格祈願」を全面に押し出した恵方巻きも発売 されるようになり、もともとあった商売繁盛というよりは、”あらゆる幸福をもたらす太巻き”として認知されるようになった。ちなみに恵方巻きを食べるとき は毎年方向が決まっているが、これは新年の神様である歳徳神(とくとくじん)が位置する十干という方位によって決定され、西暦年の1の位の値によってその年の方角が決まる。

(解説その2)

「恵方巻き」の名付け親はセブンイレブン

2016y01m01d_175030210

恵方巻きは節分の日もしくはその前日の春分の日に、その年の恵方の方角を向いて願い事を思い浮かべながら無言で「恵方巻き」を食べると縁紀が良いとされる 大阪中心の太巻きを食べる習慣です。その一方で福を呼び寄せ幸せを願うために笑いながら食べるという習慣もあり諸説あります。恵方巻きの起源や発症は諸説あるものの信憑性が高い文献は残されていません。諸説の中には、江戸時代の終わり頃に、商売繁盛と厄除けを願って大阪の商人た ちが節分の日に巻き寿司を食べる習慣が始まりとなった説。豊臣秀吉の家臣が節分の前日(春分の日)に、巻き寿司を食べて出陣し勝利を収めたことが起源とする説などです。この行事は大阪でもあまり定着せず一時はほとんど行う人がいなかった風習です。しかし、1970年代に大阪の道頓堀で開催されたイベントで「恵方巻き」を 食べたことで大阪地方を中心に一般的な風習になりました。「恵方巻き」を切らずに食べる理由として縁を切らないという理由からです。また、恵方巻きの具 は、7種類入っており七福神をにちなみ「福を巻き込む」と言われていますが、どちらも後付けの理由とされています。
また、恵方巻きは、本来「丸かぶり寿司」や「節分の巻き寿司」と呼ばれていました。

「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売する時に商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」を採用したことにより全国的に広まったとされています。 自身は、中部地方出身ですが恵方巻きを節分の日に食べるという習慣はありませんでした。また、学校で習ったり友人から聞いたこともありません。その後、お そらく関西方面出身の方から母がこの習慣があることを聞いてからは、節分の日に「大太巻き(おおふとまき)」を食べるようになりました。食べ方は、福を呼 び幸せを祈願して笑いながら食べるというものでした。また、「恵方巻き」という言い方はせず、「大太巻き(おおふとまき)」と呼んでいました。しかし、両 親が子供の頃からあった習慣ではなく、私達も幼いころからの習慣ではなかったので、我が家では「恵方巻き」の習慣は定着しませんでした。

おすすめ記事:豆まきのやり方、歴史や起源、ルール、マンションやアパートではどうするの?節分パーフェクトガイド

おすすめ記事:門松の意味、由来、歴史、子供に聞かれた時ちゃんと教えてあげよう

おすすめ記事:正月の雑煮の由来、おせち料理と共に必ずお正月に食べる大好きな雑煮!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする