安眠の方法とは?寝ても疲れが取れない、なかなか寝付けなかったが、寝るのが楽しくなった!

私は寝るのが正直苦手だった。昔不眠症になった事もあるので、なかなか安眠する事が出来かった。最近では寝る前にかなり強いお酒を飲まなければ、寝る事が出来ないので、寝る前に焼酎をロックで飲んで寝ていた。その結果、実はお酒はカロリーが含まれている為、ニキビが出来たり、太ったりと体調が余り良くなかったのだ。何とかぐっすり眠れる様にならないものか?と考えていた時、たまたまテレビを見ていたら、部屋を真っ黒にして寝る人と、少し明るくする人では、真っ暗にして寝る人の方が痩せているというデータがあるという内容だった。

私は携帯の充電の為に、パソコンの電源を入れ、パソコンに携帯を差して充電したまま寝るのが習慣になっている。パソコンはしばらく触っていないと、スクリーンセーバーになる。その明かりが結構まぶしいのだ。私は最近タバコを辞めて太ってきたので、一度真っ暗な状態にして痩せるかな?と興味本位で真っ暗な状態で寝る事を実践してみようと思った。しかし、私はパソコンの電源が入っているので、部屋を真っ暗にする事が出来ない、そこで購入したのがアイマスクである。

2016y01m15d_004701740

アイマスクをすると、目の前が真っ暗になる。・・・当たり前の事だが、なんだか今まで、パソコンの光が目を閉じていると、かすかに入って来る為、何となく寝付きにくかったのかもしれない。このアイマスクをする様になってから、眠りの世界にすんなり入る事が出来る様になったのだ。そして、私が持っていた寝る事に対するネガティブな印象を軽減する事ができ、私は更に深い眠り、快適な眠り、安眠を求めてこのアイマスクとは別のアイテムを探している。次に私の安眠対策の為に購入を考えているのが、枕である。

安眠枕で検索してみると、かなりたくさんの商品がヒットするのだ。安眠枕は色々なメーカーが出しているみたいなので、安い物を一度買ってみるつもりです。というわけで、安眠グッズに興味が出てきたので、どんな商品があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

安眠グッズあれこれ

2016y01m15d_014221252

耳栓(みみせん)

これは昔から定番でありますね。余計な音を遮ってくれるので、眠りに集中する事だ出来るのは間違いない。しかし、一点だけ困るのが、耳栓をしていて目覚まし時計の音が聞こえなかったら、朝起きられないので、非常に魅力的ではあるが、耳栓の使用は今は控えている。

いびき防止グッズ

私は寝ている時にいびきをかいている様だ。何故か鼻の通りが余り良くないので、寝ている時口を開けているみたいだ。なので、この辺りも眠りが浅く、寝て起きても疲れが取れていなくて、次の日起きても何だか眠いし、フラフラする原因になっているのかもしれない。いびき防止グッズは、鼻を開いて空気の通りを良くするといった商品が出ているので、これも試したいと思います。

枕用アロマスプレー

これは、アロマテラピーの効果があるスプレーを寝る前に枕にシューっと吹きかけるだけ。アロマのリラックス効果で深い眠りにつけるという物。アロマの経験はないので、どの程度効くのかは分からないが、一度試してみたいグッズ。

歯ぎしり防止マウスピース

歯ぎしりは、寝ている間に歯を強くギリギリとこすり合わせる為、歯に良くないとの事で、歯周病の原因になったり、また睡眠時無呼吸症候群との関係もあるそうです。もし誰かに寝ている時の歯ぎしりを指摘された場合は歯ぎしり防止マウスピースを試してみるのもいいのではないでしょうか?

寝る事に前向きになれる

人間にとって睡眠はとても大切です。しかし、寝れないとか、眠りが浅いなど、睡眠にネガティブな印象を持っている人も実は多いのではないでしょうか?私もそうでした。しかし、様々なグッズが出ているので、次はあれを試してみようか?と色々楽しみながら試していると、何だか寝る事が楽しみになって、前向きになれたと思います。睡眠は健康の源なのだから、しっかり深い眠りにつける様にしたいと思います。

おすすすめ記事:無呼吸症候群の原因は肥満、アルコール、対策法は枕?マウスピース?

おすすめ記事:不眠症の原因はストレス、喫煙?これで治った!改善法はこれ!市販薬は効かなかった

おすすめ記事:玄米ご飯の効果とは?ダイエットに効果あり!炭水化物は取れ!

おすすめ記事:風邪の治し方、速く即効で治す方法、食べ物とノドにはこれが効く!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする