フェイスブックって何?ツイッターとの違いは何?分かりやすく簡単に

フェイスブックって一体何をする為のもの?と思っている方に今回はフェイスブックを分かりやすく簡単に解説します。そして、フェイスブックと共に、よく聞くツイッターとの違いも解説します。

Facebookの簡単な基礎知識

Facebook、皆さんお聞きになったことが一度はあると思います。でもこのFacebookとはいったい何で、何をするものなのでしょうか。今からそれをご紹介します。ひと言で言えば、Facebookとは実名で行うソーシャルネットワークサービスのことです。

このFacebookの大きな特徴は「利用者が実名で、自分の経歴を明かしながら他の人々と交流する」ところにあります。

2016y01m16d_190325166

この実名で経歴を明かしながらという点が大きな利用価値を生み出しています。例えばFacebookで中学の同級生の名前を検索したとします。そうすると似たような名前も含めていくつもの検索結果が出てきますので、それを一つ一つ見ていくわけです。

すると名前も経歴も一致する中学の同級生が出てくるわけです。(当然出てこないこともあります)そこでFacebookを通じて、「A君久しぶり、俺は中学の時クラスメートだったBなんだけど」と交流すれば向こうから返信が帰ってきます。

このように昔知り合い、友人だったけど今はもう連絡が取れない人に連絡して旧交を温めあうのに使えるツール、それがFacebookなのです。

Facebookはそれ以外にも使い道があります。
Facebookを通じて同じような趣味、思想を持っている人と友達になることも出来ますし、色々な有名人のページを眺めて感想を書き込むことも出来ます。

そういった使い方をしている人も大勢います。またインターネットの書き込みは世界中の人が見ることが出来ますが、Facebookの書き込みは公開範囲を友人登録した人のみ、のように限定して公開する事が出来ます。

なので友人に見せたいけど赤の他人には見られたくない記事や写真を安心して公開する事が出来ます。インターネット上で人々は世界規模で繋がる事が出来ます。しかし開放的すぎる空間は逆に居心地が悪いものです。開放性と閉鎖性、それを上手くミックスさせてユーザーに心地よく便利な空間を作ったのがこのFacebookなのです。

スポンサーリンク

ツイッター(Twitter)との違い

ツイッターはフェイスブックと何が違うのでしょうか?これが、ツイッターは140文字のツイートと呼ばれる呟きを共有するサービスです。

2016y01m16d_190124584

フェイスブックは実名で、日記の様な物を書いたりするのに対して、ツイッターは僅か140文字で気軽に呟いた言葉、写真、動画などを自分の事をフォローしてくれている人に知らせる事ができます。

その気軽さから、ツイッターは拡散性が高く、ニュースやインパクトのある呟きが一気に拡散され、皆に知れ渡る事があります。また、ツイッターは実名にする必要がないので、一人で複数のアカウントを持って呟いている人もいます。

スポンサーリンク

フェイスブックをやっている人に聞いたフェイスブックをやる意味

最初は、周りの友人たちがFacebookをしていて、始めてみました。友達の友達の紹介などが画面に自動的に出てくるので、自分で探さなくても、友達と簡単につながることができました。始めてみると、離れて暮らしていて、普段は会えない学生時代の友達ともつながることができました。

友達の生活の様子など記事が自動的に出てきて、興味のあるものだけ読むことができるので、離れていても、身近に感じて交流することができます。

また、メールのように一人ずつにメッセージを送らなくても、自分の画面上に情報を載せると、読んだ人たちにそこにコメントを書いてもらえるので、友達に 知ってほしい情報を発信しやすいです。

メールだと、わざわざメールするのが大げさかなとか、送る相手をどこまでにするかなど、気をつかうような内容でも、 Facebookですと「興味のある人は見て、反応したい人はコメントしてね」という感じで、多数に向けてメッセージを発信できるので、気軽に語り掛けや すいです。自分も、興味のあることにだけ反応してコメントしたり、読み流したり、読まずにスルーして、自由に交流しています。
なぜなら、友達が書いた記事も、私に向けられたものでなく、その他大勢の人たちにもみられるものなので、読んでコメントを書かなくては、などというプレッシャーもありません。

自分が興味のないものはスルーしても、ほかのだれかがコメントを書いてくれます。また、誰からもコメントのないものは、ほかの人の興味を引くものでなかったとか、自己満足だったなと知ることもできます。

私も友達も、そのように、自己満足で、とりあえず気持ちを吐き出すことに使うこともしています。誰かが読んでも読まなくても良いし、でも気持ちを書きたい と思った時に、書き込んだりします。それですっきりします。

もちろん、人のことを悪く言うようなことは書きません。人が読んで不快に感じるようなことは書 きませんが、そこだけ気をつければ、自由に自分の書きたいことを書いて、自分を表現する場所になります。

また、同窓会のような連絡や近況を伝えるのに、使っている部分もあります。母校つながりでグループをつくることができるので、そこに母校が同じ人をまとめて、同窓生がまとめてくれている同窓会のときの写真を見たり、今後の同窓会の情報をチェックしたりできます。また、昔かわいがってもらった先輩を名前で検索してつながることもできました。

このように、メールや手紙などではつながるのは難しい友達や知人などでも、Facebookでは、気負わずに薄くつながることができて、便利です。特定の人にメッセージを送ることもできるので、メールのやりとりのようなこともできます。

災害のときなど、メールや電話がつながりにくいときに活用された話も有名です。普段使いとしては、メールなどが一対一のコミュニケーションであれば、大多数との薄いお付き合いができるという利点で、活用できるかと思います。

ネット初心者が簡単に知識が倍増する記事はこちら、

インターネット初心者が知っておくべき事、いらない知識はムダ

関連記事

関連記事:SNSとは何?何の略?LINEと同じ?この文章を全て読めばネットの知識が倍増します

関連記事:ブログとは何か?何を書けばいいのか、読めばブログの全てが解る

関連記事:タブレットとは何?インターネットが出来るのか?スマホと何が違う?

関連記事:Gmailの有効な使い方、複数アカウント、お金儲けにも使える!作り方は簡単!

関連記事:E-mailと Gmailの違いってなんだ?この文章を最後まで読めばネットの知識が倍増します!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする