オウム事件でTBSが犯した不祥事とは?これは許せないんじゃないですか?

オウム事件を思い返した時、真っ先に思い浮かぶのは、地下鉄サリン事件と、坂本弁護士一家殺害事件ではないでしょうか?このオウム事件の時TBSがとんでもない不祥事を犯している事を覚えているだろうか?

2015y03m21d_214834008

事の発端は、1989年の10月の事である。TBSはオウム批判の急先鋒の弁護士、坂本堤弁護士を取材した。そして同じ日の午後に麻原彰晃の取材に行った。なんでも麻原が水中クンバカという物を公開するという、その取材に訪れたのだ。

水中クンバカとは、クンバカは息を止める修行である。水中クンバカは、水中で息を止める修行の事である。

因みに麻原の水中クンバカの記録は15秒だそうです。ギャグですな。後に江頭も水中クンバカに挑戦しています。因みに江頭の記録は、4分14秒である。

この水中クンバカの取材に出かけていったTBSは麻原のインタビューをするのだが、麻原からどんな報道をするつもりか?と聞かれる。マスコミなどを利用し自分達の宣伝をしてきた、オウムはどんな報道のされ方をするのか気になっていたのだろう。TBSのスタッフは坂本弁護士のインタビューも報道すると麻原に伝えた。当然自分達の反対の立場の人間のインタビューだから、気になるわけで、「いったいどんな内容なのか見せてくれ」と麻原はTBS側に要求した。そして、スタッフは「見せる」と麻原の要求に応じる返事をした。

取材をさせてもらっているという、感覚があったのかもしれない。その夜TBSのオフィスに早川、上祐、青山が来た。坂本弁護士のインタビュー映像を見せろと執拗にスタッフに迫った。番組のプロデューサーはこの3人に坂本弁護士のインタビュー映像をスタッフに見せる事を許可した。事前に見せると言っていた事から見せないと場が治まらないと思ったのだろう、TBSはこの映像を3人に見せた、この3人はTBSに抗議した、この様な内容は事実無根であり、放送するな!と激しく抗議、結局TBSはオウム特集を放送しなかった。

スポンサーリンク

ここまでは良い。

この数日後、この3人早川、上祐、青山が坂本弁護士の事務所にやって来た。坂本弁護士はオウムと対決する姿勢を見せた。

その4日後坂本弁護士一家が失踪した。忽然と姿を消したのだ。

覚えているだろうか?この事件は殺人事件ではなく当初は失踪事件だったのだ。犯人グループにより、坂本弁護士一家の遺体は隠されていた為、失踪事件だったのだ。実行犯は6人坂本弁護士一家の自宅に忍び込み、坂本弁護士と奥さん、幼い子供を殺害し山の中に遺体を隠した。この事件の実行犯は、刺殺された村井を除いて、全員当然の事ながら死刑判決が出た。当然の結果である。自分達の敵である坂本弁護士本人だけではなく、奥さんや、何の罪もない幼い子供を殺害する。正気の沙汰ではない。

この事件を追う警察は、この失踪事件発生の6年後に、TBSから事情聴取を行う。当初TBSは坂本弁護士の映像をオウム幹部に見せていないと言い張っていた。TBSはオウムの圧力には屈していないと、言い張っていた。しかし、この時TBSに訪問していた早川のメモが明るみなった。TBSは一転してビデオを見せた事を認めた。

TBSは世間のバッシングを受け、当時放送していた、ニューズ番組「ニュース23」で司会の筑紫哲也は「TBSは今日死んだに等しいと思います」とコメントした。

酷い話ですね。悲しくなりますね。TBSが自分達のメンツを守る為に、事件の発覚や解決を引き伸ばしたとしか思えないです。とんでもない事をTBSはしでかしていたのだ。

この出来事を知らなかった人は、ムカついて気分を害されたかもしれませんが、忘れてはいけない出来事だと思い書きました。

それではまた!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする