庭でバーベキュー!準備、煙対策など、この文章を全て読めば、失敗なし

バーベキューの季節がやってきました。庭でバーベキューをする場合の準備や注意点について今日はお伝えします。

実際に経験した方から、準備する物や煙の対策などを聞いてきたので参考にしていただけれと思います。

まず基本的な部分からお伝えしましょう。

スポンサーリンク

庭でバーベキューをしよう

1.食材は前日に下準備

皆さん食材は当日に買いにいきますか?お庭でのBBQの場合前日に買いにいっておいた方が断然にいいです。それはなぜかというと、BBQはゴミもたくさん出ます。ですが、友達同士で事前に食材を買っておき、タッパーなどにつめて持っていく事で、当日のBBQのゴミが格段に減ります。下味なども前日に仕込んでおく事で、当日の時間も有効に使えます。

2,子供用プールをうまく活用しよう

夏のBBQはとても暑いことが多いですよね。もちろん食材も暑いと鮮度が落ちてしまうので、クーラーボックスに入れて保管しますよね。

では、ドリンクは皆さんどうしていますか?もちろんクーラーボックスがあれば、問題ありませんが、そんなに多くのドリンクを入れられません。そこで必要なのが子供用プールです。使い方は簡単です!

こちらに水をいっぱいに入れておけばいいんです!ですが、それでも夏の暑さは油断大敵です。そこで!前日に氷を用意しましょう!牛乳パック等で大きめの氷をみんなで作り、当日に持ってくれば冷えたドリンクが飲めます!もちろん溶けないように子供用プールはなるべく日陰の所に置くようにしてください!

3.これさえあれば、火付けが簡単に

皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。BBQで大事な事。火付けです。なかなか簡単に火がつかないイメージを皆さんお持ちではないですか。特に男性は火がつけられなくて、頼りないって思われる事も。ですが、事前にこのアイテムを買っておけば、とても簡単に火をつけることが出来ます。

それは、チムニースターターと呼ばれる物です。チムニースターターの中に着火材を入れ、その上に炭を入れて、火を着火材につけるだけで、勝手に火がつきます。ではなぜ火がつくのでしょうか?

それは、煙突効果を使っています。火は上に上昇していく物なので、煙突の形をしたチムニースターターの中に入れて置く事で、下から徐々に上の炭まで勝手に火がつきます。これさえあれば、火がつかないなんてことは、起きないので、スムーズなBBQをする事が出来ます。

さて、下準備も出来ました。では当日の準備で必要な物、あったら便利な物を紹介しましょう。

2016y03m01d_003708162

①当日用意する物

参加者全員が座れるスペース。椅子やベンチ家の中から持ってきても良いと思います。座るところがあるとゆったりとバーベキューすることができるので欠かせ ません。 1人でも座るところがないと遠慮してゆっくり食べるどころではなくなります。参加者全員がリラックスできることリラックスできるスペースを作ることがまず 大事です。

スポンサーリンク

②事前にご近所さんへ挨拶

ご近所さんへの告知。特に煙が回りそうな日のおうちには必ず日時何時お伝え煙が行くかもしれないですけれども大丈夫ですかと確認をする。迷惑であればおっしゃってくださいと伝えておくことも後々のトラブルを少なくする方法の1つになります。

③あると便利な物

小さな子供がいる時は子供専用の小さなテーブル段ボールでもよいでしょう。地べたに食べ物を置くと言う事は絶対に避けたいですが両手がふさがってしまうの も不便です。テーブルまたは内になるようなものは必要でしょう。

特に夏場は蚊取り線香。冬場でもかができることがあるので炊いておくこと間違いありませ ん。バーベキューの煙が上がるとかは少なくなりますが準備の段階から蚊取り線香焚いておくのが良いです。キッチンバサミ、トングなどは焼けたものをとるのに必ず必要ですまた大きなお肉を焼くときなどはキッチンバサミがあると便利です。

④外でだからできること

普段の食事と違いお庭でのバーベキューはゆっくりと時間をかけて食事を楽しむ時間にもなります。家族全員揃っていることや、スペースなども広い場合はご近所さんなどもお呼びするのもコミニケーションの機会を作ることにもなり楽しく過ごす時間が持てるでしょう。

⑤何を焼く?

お勧めはステーキ肉などの大きな肉を焼きながらみんなで取り分けていくと言うのが豪快でバーベキューならではでワイワイと楽しめます。また生地を作ってお きピザを焼いたり玉ねぎを丸ごとアルミホイルで巻いて焼いたり家の台所ではしないようなことを庭先でやると言うことも新鮮で楽しむことができます。

ご近所トラブルを防ぐ為の煙対策

ワイワイ、ガヤガヤと楽しく、庭でバーベキューをする場合は、ふはり事前の根回しが大切です。楽しく盛り上がるのはいいのですが、笑い声(騒音)や煙なんかも、ご近所に届いてしまいます。特に煙の対策はしておいた方がいいです。

BBQのご近所トラブルを回避しましょう。

2016y03m01d_003951789

今回は庭バーベキューの達人の方に話を聞いて来ましたので、皆さんにシェアしたいと思います。是非参考にしていただければと思います。

(庭バーベキュー歴12年のSさん)

BBQは家族でやったり、親族を招いたり、友人を招くこともあり、親睦を深める時に凄く良い方法なのですが、その時に気になるのが騒音と煙です。特に昼間だ とご近所さんが窓を開けていたり、洗濯物を干していることもあるので、ちょっと気になることがあります。

煙対策について語ります、BBQをする時ってやっぱり夏場が多いんですね。夏の昼間からビールを飲んでBBQをするのは最高!と思いますが、我が家のBBQは大体16時位からにして います。それはいくつかの理由があります。

一つは煙が流れても洗濯を取り込んでいることが多い時間なので、あまり気にならない。また夕方になると蚊が出てく る時間になるので、窓をしめてエアコンに切り替える人が多くなるから煙が流れてもあまり問題にならないことが多い。

またどこの家も子どもたちが帰宅をして 騒がしくなるので、あまり騒音や煙が気にならなくなるという理由からです。その時間帯が今所一番適しているかなと思います。冬場のBBQはみんな窓を閉め ているし、あまり煙は気にならないですね。

またBBQをする時には夏場はタープを張りますが、この時にご近所のほうは見えないようにして反対の山や畑が見える方に斜めにはります。また虫よけ対策と 暑さ対策のために扇風機を置きますが、この時に、風が近所に行かない方向にまわします。そうすると少しは煙対策になるのかなと思っています。

また冬場は車 庫兼農機具置き場は少し整理してそこに机を置いたりします。煙は流れない、また寒さ対策にもなりますし、これは一石二鳥です。また住宅街に住んでいるので、ご近所づきあいは大切だと考えているのですが、夕方の時間には犬の散歩に出てくる人も多いので、その時にちょっと立ち話をして少しもらったものを分けたりして差し入れします。

こうすることによりBBQ対策をとっています。BBQってやっぱりみんなでやると楽しいですよね。子供 たちの大好きなので、対策を取りながら続けていきたいものです。

関連記事:バーベキューコンロの掃除、手入れ、洗い方、裏ワザ

関連記事:千里浜海水浴場は、バーベキュー、潮干狩りも楽しめる最強クラスの海水浴場

関連記事:ブリッジテラス大蔵バーベキュー口コミ、兵庫県明石市

関連記事:国営昭和記念公園でバーベキュー、雨、時間なの口コミ情報(関東、東京)

関連記事:WILDMAGICバーベキューの口コミ、東京都、関東


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする