映画冷たい熱帯魚の元になった事件「埼玉愛犬家連続殺人事件」が極悪過ぎる!こんな悪人見た事無い

映画「冷たい熱帯魚」の元になった事件「埼玉愛犬家連続殺人事件」をご存知だろうか?この事件は、平成5年に埼玉県熊谷市の周辺で起こった連続殺人事件である。犯人はすでに逮捕されています。そして容疑者は夫婦なのですが、二人とも死刑が確定しています。とにかくこの事件の中心人物、関根元の極悪さが特徴的なのだ。

この男、邪魔な相手は誰であろうと、殺害する。相手がヤクザであろうと、関係が無い。その殺害の動機は金銭トラブルである。そして、殺害した相手をバラバラにして、証拠が残らない様にして川に流してしまう。

今まで30人は殺していると自分で語っている。なので、人を殺しても絶対に警察に捕まらないという自信みたいなものがあって、人の人生を自分の手で終わらせる能力が自分にあると錯覚したのか、自分は神の伝令で動いていると共犯の元妻に語っている。

スポンサーリンク

犯人

関根元(ペットショップ経営者)殺害し死体をバラバラにして遺棄した

風間博子(関根の元妻)死体の解体を手伝った

山崎永幸(ペットショップの役員)志麻永幸のペンネームで後に事件の顛末を本にして出版した。関根に脅されて死体を運んだり、死体を解体する為に家を提供した。

2016y03m12d_205939273

※ペットショップ跡地

埼玉愛犬家連続殺人事件の概要

埼玉県愛犬家殺人事件とは、ペットショップ「アフリカケンネル」の経営者夫婦によって行われた4件の殺人事件の事をいいます。この事件に関わっていたのは、主犯格のペットショップ経営者の関根元、そしてその元妻の風間博子、もう一人はこのペットショップの役員の男性である。

この男性は関根に脅されて運転手や雑用をやらされていた。この男性が住んでいた家は、山の中にある為、関根はこの男性の家で死体を処理してた。

この男性は、とんだどばっちりであるが、死体を運ばされたりしていた為懲役3年の刑に服し、出所後この事件の事を本にして出版した。夫婦だった関根とその妻風間(かざま)はお互いに罪を擦りつけあったが、二人とも死刑の判決を受けた。

2016y03m09d_000953272

関根の手口

関根の手口は決まっている、金銭トラブルで揉めた相手に対して、いったんは金を返すと言って安心させ、油断したところに栄養剤だと言って、毒を飲ませる。毒を飲まされた被害者が死ぬと、バラバラにして、肉や骨、持ち物を高温の炎で焼き、灰にして川に流すという手口である。

関根はこの殺害の手口を「ボディーを透明にする」と語っている。関根はこの4件の事件以外にも何人も殺害していると思われる。

スポンサーリンク

関根とは?

関根は見た目はヤクザの様な風体をしていたが、ユーモアがあり、人を惹きつけるトークが得意だった。ブリーダーの業界では有名であった。

その道の第一人者と言われ、テレビや雑誌の取材を受けた事もある。また、ヤクザの金を使いこんだ事があり、左手の小指は詰められていた。

関根の哲学

極悪人関根は自身の殺人に関する哲学の様な事を口にしていた。

世の中のためにならない奴を殺す
すぐに足がつくため、保険金目的では殺さない
欲張りな奴を殺す
血は流さないことが重要
死体(ボディ)を透明にすることが一番大事

関根語録

「殺しのオリンピックがあれば、俺は金メダル間違いなしだ。
殺しのオリンピックは本物のオリンピックよりずっと面白い」
「そのうち、俺は殺しの世界で一番の男になりたいと思うようになった。
人間なんでも一番にならなきゃ駄目だ。殺しにかけては俺がいまナンバーワン」
「死体がなければただの行方不明だ。証拠があるなら出してみろ。
俺に勝てる奴はどこにもいない」「最初は俺も怖かったが、要は慣れ。
何でもそうだが、一番大事なのは経験を積むこと」「臭いの元は肉だ。
そこで透明にする前に骨と肉をバラバラに切り離すことを思いついた」
「骨を燃やすのにもコツがいる」

お前が死ねと言ってやりたい人物である。そんなオリンピックなんてあるわけ無いだろ!ボケ!ふざけたオッサンである。

第一の事件

被害者は行田市に住むAさん、アフリカケンネルにたまたま訪れた事から関根と親しくなる。Aさんは、関根から犬の繁殖ビジネスを持ちかけられる。関根からつがいの犬を1100万円で売りつけられるが、この犬は実は相場たったの数十万円。

騙された事を知ったAさんは、関根に騙したな!金を返せ!と迫った。関根はAさんを殺害する事を決意する。関根の得意の手口で、「金は返す」と言ってAさんを呼び出し、車の中で毒(硝酸ストリキニーネが入ったカプセル)を飲ませ殺害した。その後バラバラににして、死体を焼き川に捨てた。

第二、第三の事件

この第二、第三の事件の被害者は暴力団の組長代行とその運転手である。この組長代行は関根の用心棒の様な男だった。この組長代行は第一の事件の被害者Aさんの家族がAさんを殺したのは、関根であると疑っている事からこの事件を知り、関根に口止め料として多額の現金を要求した。

ここでも、関根得意のパターンで、「金は払う」と言っておびきよせて、栄養剤と言って毒を飲ませ、組長代行とその運転手を殺害した。勿論証拠を隠す為に死体は処理された。

第四の事件

主婦のBさんは、自分の息子が関根のペットショップで働き出した事から関根と知り合い親しくなった。関根はウソの儲け話でお金を出させたり、犬6匹に900万出させていた事から、いずれ金を返せと言われると思った関根はBさんを殺害、Bさんは関根の事を殺されるまで信用していたそうだ。信用していようがお構いなしに殺害するそれがこのクズ関根なのだ。

事件発覚そして逮捕

事件は証拠はないが、噂は広まっていた。警察も捜査をしていたが、証拠を掴む事ができず警察の隙をついて事件が起こっていった。警察は山崎を説得して山崎に事件を自供させた。山崎の自供どおり遺骨の一部が見つかった。

この事件同様、他にも映画として描かれた事件があります。

映画64ロクヨンの元となった功明ちゃん誘拐事件、犯人は誰だ!

この事件が映画化

その後「埼玉愛犬家連続殺人事件」は映画化されました。まだ見てない人は見てみる事をおすすめします。

おすすめ記事:女性の一人暮らし、一人歩き、防犯対策、防犯グッズのまとめ

おすすめ記事:短期間で簡単にマッチョでカッコいい身体になる方法まとめ

おすすめ記事:ブヨブヨの腹の贅肉(ぜいにく)を無くして、細マッチョ体質になる方法

関連記事

関連記事:冷たい熱帯魚 (ネタバレあり)グロイシーン、怖いシーンまとめ

閲覧注意:冷たい熱帯魚は実話、死刑執行されたのか?でんでんの演技がトラウマ

関連記事:映画、実話を元にした邦画3選、実録映画はこれを見ろ!原作も必見

閲覧注意:松たか子の映画「告白」あらすじ(ネタバレ注意)ワースト映画に選ばれた理由、感想も紹介

関連記事:映画64ロクヨンの元となった功明ちゃん誘拐事件、犯人は誰だ!

関連記事:映画「恋の罪」の元となった東電OL殺人事件の真犯人は誰だ?

関連記事:ヒミズ、二階堂ふみ・染谷将太の映画(ネタバレあり)は震災が賛否両論


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする