森脇健児と山田雅人のコンビが人気だった時代が、森脇・山田伝説

森脇健児が最近ちょこちょこテレビに出ているらしい、

あんまり見た事ないのだが、ちょこちょこ地味に出ているようだ。

森脇健児と言えば、関西では今から20年以上前のお話になるが、

山田雅人という人とのコンビで毎週月曜から金曜まで、夕方毎日司会をしていた番組があった。

夕方の5時から6時までの1時間番組である。

森脇健児と山田雅人は2人とも松竹芸能だった。

だったというのは、山田雅人は現在松竹にはいないようだ。

どこ行ったんだろうか?

その話は後でするとして、

当時大阪では、ダウンタウンが人気絶頂だった。

森脇健児と山田雅人の番組の前の時間、夕方4時から5時、

「4時ですよーだ」という番組を放送していて、この番組でダウンタウンが、

司会を務め、凄まじい人気があった。

関西の中高生のアイドル的な存在だったダウンタウン、

そこに他局ではあるが、似たような時間帯に割り込んで来たのが、

この森脇健児と山田雅人なのだ。

2015y01m25d_000934833

ダウンタウンは正式な漫才コンビなのだが、この二人は実はコンビではない。

まあ、同じ会社の同僚と言った感じなのだ。

年齢は山田雅人の方が7歳位年上で、森脇健児は山田雅人の事を、

山田さんと呼んでいた。

山田雅人は森脇健児の事をケンちゃんと呼んでいたと思う。

当時森脇健児は桃山学院大学に通う大学生でもあった。

年齢は弱冠21歳、コンビを組む山田雅人は28歳だ。

この番組で人気者になった森脇健児と山田雅人、

中でも森脇健児の人気も凄いものがあった。

自身の名前が番組名に付く、いわゆる冠番組をこの若さで、

持っていたのだから、大出世である。

後に東京に進出して、バラエティー番組の司会をしたり、

コマーシャル(吉田栄作とギャッツビーかなんかのCM)に出たり、

森口博子と、デビューしたばっかりのSMAPと、「夢がMORIMORI」など、

全国ネットでも活躍して知名度を上げた。

山田雅人の方も、森脇健児程ではないが、東京に進出して、

テレビにちょこちょこ出ていたと思う。

山田雅人は競馬が好きで、競馬の実況みたいなネタを当時やっていた。

一部のオッサンにしか受けない地味なネタではあったが、

山田雅人が競馬が好きな事は伝わってきた(笑)

スポンサーリンク

森脇健児、山田雅人消える

あれ程人気があった、森脇健児と山田雅人だったが、

いつの間にか消えてしまった。

先程山田雅人が松竹を辞めたと書きましたが、

やはり所属事務所を辞めるというのは、芸能界では仕事が激減するみたいですね。

山田雅人はしばらく、「渡る世間は鬼ばかり」に役者として、

出ていたのは知っていたが、いつの間にか消えてしまった。

森脇健児は、芸能界を干されたという噂があるが、

干された様だ。

干されたと言えば、もう一人の消えた芸能人の情報はこちらです。

ぜんじろうは現在何をやっているのか?お笑い辞めたの?

当時ダウンタウンに嫌われていて、

森脇健児面白くないと、ダウンタウンの番組でも言われ、

お笑いが好きな若者に、森脇健児イコール面白くないという、

考え方が定着していた。

ダウンタウンのディスりまくりに関してはこちら、

ダウンタウンの若い頃は伝説、ファン、栄作、森脇、ディスりまくり、ピー音入りまくり

また、一部では天狗になった森脇健児の態度が物凄く悪く、

仕事が無くなってしまったという噂もあるが、どうなんでしょうか?

(これは本当だった様だ)

森脇健児は地味に復活

そんなに見かける事はないが、森脇健児が復活しているみたいだ。

この人は陸上をやっていたので、体力に自信があるみたいなので、

走る仕事が多いようだ。

「オールスター感謝祭」で優勝したりして、たまにテレビに映った時は、

頑張っていましたね。

山田雅人は東大目指して受験勉強?

山田雅人は東京大学を目指して勉強しているそうだ。

バラエティー番組の企画で東大に挑戦するというのが有って、

それ以来東大の魅力に取りつかれ、7浪しているそうだ。

レギュラー番組は勿論ゼロとの事で、家族も困っているんだとか?

それで生活できるんだから、ある意味凄いですね。

今更東大行ってどうすんねん!とツッコミを待っているのかもしれない。

それじゃまた!

関連記事

関連記事:ぜんじろうは現在何をやっているのか?お笑い辞めたの?

関連記事:ナイナイとダウンタウン。確執、比較、不仲、悪口

関連記事:ダウンタウンの若い頃は伝説、ファン、栄作、森脇、ディスりまくり、ピー音入りまくり

関連記事:ウッチャンナンチャンのウリナリの思い出、事故があったのは、やるならやらねばだ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする