菅田将暉主演、映画「共喰い」のあらすじや感想(ネタバレ有り)キャストも紹介

ネタバレがありますので、まだ見ていない人で内容を知りたくない人は読まないで下さい。今日は菅田将暉主演のR-15の映画「共喰い」のあらすじや感想(ネタバレ)もあります。キャストなども紹介します。まずこの映画の概要を簡単に紹介しましょう。この映画は、芥川賞受賞作の同名小説を原作としている。原作者は田中慎弥(たなかしんや)で2012年にこの「共喰い」で芥川賞を受賞した。その小説を映画化した作品である。

あらすじ

2016y03m25d_005734303

昭和63年の夏父親と父親の愛人と暮らす一人の少年遠馬(とうま)、この遠馬を演じたのが菅田将暉だ。何故母親ではなく愛人と一緒に暮らしているのか?実は遠馬の父親には暴力を振るうクセがある。これは、性交の時、相手の首を絞めたり、殴りつけたりする事に快感を感じるという性癖があるのだ。遠馬(とうま)の母親を演じたのは田中裕子(たなかゆうこ)母親の名前は仁子という。仁子は戦争で片手を失っていて特殊な義手(ぎしゅ)を付けていた。遠馬の父親とは夏祭りで出会い結婚しその後遠馬が生まれるのだが、遠馬の父親から、殴られ、暴力を受けていたので、家を出た。遠馬達が住んでいる一軒屋は川のほとりにあるのだが、母親仁子は川にかかる橋の反対側で魚屋を営んでいるのだ。実は父親と母親の間には、もう一人の子供が出来たのだが、母親は父親と血が繋がっている人間を作りたくないという事で、子供を中絶している。

スポンサーリンク

異常性欲を持つ父親とその血を受け継いだ少年の葛藤

遠馬(とうま)には彼女がいる。彼女千種(ちぐさ)を演じたのは、木下美咲(きのしたみさき)である。遠馬はいつか自分も恋人の千種に父親と同じ事、いわゆる暴力をふるうのではないか?という不安があった。遠馬は千種と十数回性交しているが、その様な暴力をふるっていない。しかし千種はいつも痛がるので、いまいち盛り上がりに欠ける営みなのだ。そんな時、遠馬と父親と同居する愛人琴子に子供が出来たと告げられると、遠馬は不安定になり、千種を呼び出した。性交を迫る遠馬だったが、普通ではない雰囲気を察した千種は拒否するが、遠馬は強引に千種をねじ伏せ、首を絞めてしまうのだ。首を絞めていた事に自分でも驚いた遠馬、その隙に千種は遠馬に蹴りを入れてどっかに行ってしまったのだ。遠馬にも父親と同じ血が流れているのだ。やがて同居していた愛人琴子が父親に黙って家を出て行った。そこから父親が暴走し事件が起こる。

キャスト

主人公の17歳の少年遠馬ー菅田将暉(すだまさき)

遠馬の恋人千種ー木下美咲(きのしたみさき)

遠馬の母親仁子ー田中裕子(たなかゆうこ)

遠馬の父親円(まどか)ー光石研(みついしけん)

遠馬達と一緒に暮す愛人琴子ー篠原ゆき子(しのはらゆきこ)

刑事ー岸部一徳

監督ー青山真治

映画「共喰い」の感想

この映画を見て、演技が素晴らしかったのが、田中裕子(たなかゆうこ)と父親円(まどか)の愛人琴子を演じた篠原ゆき子だと感じました。田中裕子はやはりベテランなので、演技力があるな~と感じました。本当に魚を捌いたり、タバコを吸いながら主人公の遠馬と話している姿に引き込まれます。全く不自然なところがなく、戦争で手を失い義手の苦労してきた田舎のおばさんを演じています。この映画を見て一番凄い演技をしていたのが田中裕子ではないでしょうか?最後の父親円(まどか)を殺しに行くシーンは迫力がありました。また、琴子を演じた篠原ゆき子が途中までは、可愛くてとても、魅力的だったのが、最後は父親円(まどか)の子供を身ごもったと言っていましたが、実は別の男の子供だったり、琴子が姿を消した後、遠馬と再会して琴子の部屋に遠馬が行って、妊娠している琴子と性交を行うシーンが出てきますが、「手加減するなら、殴ってもいいよ」と暴力を受け入れるところで、なにか凄いリアリティを感じました。こんな女いそうという、それを上手く表現出来ていたと思います。女のしたたかさ、強さと言えば遠馬の恋人千種も最後は遠馬の手を縛り、遠馬の上に馬乗りになって、物凄い高速で腰を振ります。最初はあんなに痛がっていた千種が、性欲の塊の様な男の遠馬の更に上を行くという変貌ぶりをを見せつけます。妙に納得させられる描写です。私はこの映画まあまあでした、みなきゃ良かったという程ではありませんでした。R-15の作品という事と性的な描写が多いので、ダメな人はダメだと思いますが、あなたはどうですか?

では、また!

おすすすめ記事:「誰も知らない」映画 のキャスト、子役の演技のすばらしさと、YOUの演技は必見

おすすすめ記事:映画「告白」のキャスト、能年玲奈がヤバ過ぎる、橋本愛や芦田愛菜も出ていた映画のキャストを紹介

おすすすめ記事:マッドマックス怒りのデスロードが高評価!ネタバレあり、感想も紹介

おすすすめ記事:深夜食堂のマスターの傷の理由は・・映画にもなった癒しのドラマ、ナポリタンのレシピ

おすすすめ記事:松たか子の映画「告白」あらすじ(ネタバレ注意)ワースト映画に選ばれた理由、感想も紹介

おすすすめ記事:高良健吾、蛇にピアスのピアス、舌(スプリットタン)刺青、性格や殺され方はこれだ

おすすすめ記事:映画八甲田山、主な出演者とあらすじと感想、この話死に過ぎ!

おすすすめ記事:秋葉原無差別殺傷事件モチーフの映画「ぼっちゃん」加藤智大は死刑が確定

おすすすめ記事:蛇にピアス結末、ラストが意味が分からない?犯人はあの人!ネタバレ有り

おすすすめ記事:吉高由里子蛇にピアスあらすじや相手役、舌ピアスは本物か?感想も紹介


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク