ナガラガワフレーバー!ゴールデンウィーク国内旅行、穴場を紹介、岐阜、広島

ゴールデンウイークに折角の休みなんだから、どっか行こう!という事で観光地に出かけたのは、いいものの、車はめちゃくちゃ混んでるし、目的地に着いたら人だらけで、全く落ち着かない!

帰って来たらもうクタクタ、なんて経験をした事がある人もいるかもしれません。

今日はゴールデンウイークに国内旅行に出かける方に隠れた穴場スポットを紹介します。

岐阜駅周辺

2015y03m31d_084801996

岐阜の観光といえば、飛騨高山や郡上八幡、乗鞍岳などのガイドブックに乗っている観光スポットを連想する方も多いと思いますが、実は岐阜駅周辺も見所満載の隠れ観光スポットなんです。

今日は、ゴールデンウイークのちょっとしたお出かけや週末のお散歩にもオススメの岐阜駅周辺観光をご紹介します!

名古屋から22号線沿いに1時間強、電車だとJRの快速で20分と、以外に近い岐阜駅。車でも電車でも、気軽に行けて観光気分が味わえるのがいいですね。

岐阜城が見えてきたら、到着!

まず、ぜひ訪れてほしいのは、
岐阜駅から車で10分程の場所、長良川沿いに位置するNEWスポット「ナガラガワフレーバー」です!
ギャラリーやベーカリー、古民家カフェなど目で舌で楽しめるショップに、陶芸体験ができる教室も。
古き良き伝統と、現代の文化が調和した、ほっこりできる空間です。
旅の途中に立ち寄って一息ついたり、お土産を選ぶのが楽しい!

さらにナガラガワフレーバーから歩いても行ける距離にあるのは、古い街並みが残る「川原町」。
格子戸のある昔ながらの日本家屋が風情あります。まるでタイムスリップしたような景色が素敵です。
伝統工芸品や、岐阜の銘菓のお店が営業しているので、ぶらぶらお散歩するもよし。最近はモダンなレストランも出来、風情のあるお洒落な空間でランチを味わうもよし♫

ちなみに川原町を抜けたら、有名な長良川の鵜飼が見られる観覧船乗り場になっているので、観覧船に乗る前に立ち寄るにもぴったりの場所です。

また、川原町には、「十八楼」という温泉宿があり、立ち寄り温泉も可能です。ここでたくさん歩いた疲れを癒すのもオススメ。

「十八楼」の前には通りすがりに立ち寄れる、足湯ならぬ「手湯」もあり、天然温泉で手を洗ってリフレッシュ出来るのが嬉しいですね。

そして岐阜駅周辺の観光では外せない岐阜城は、金華山ロープウェイで登ります。山頂に近づくにつれ、岐阜の町と長良川を望む景色が広がります。
山頂についたらロープウェイを降り、歩いて岐阜城へ。天守閣からの眺めは大パノラマの絶景!
岐阜駅から程近い場所であることを一瞬忘れてます。
夜間営業で夜景を望める期間もあるようなので、お出かけ前には必ずチェックを。

自然と文化、新しいお洒落なお店が融合する町、岐阜市。
日帰りでも思い立ったらふらっと行ける岐阜駅周辺の観光スポットに、
今年のゴールデンウィークはぜひお出かけしてみてください。

広島県の縦観光

今年のゴールデンウィーク、国内旅行での穴場としておススメなのが広島県の縦観光です。
3月22日、広島県で開通工事を行っていた中国やまなみ街道の世羅IC-吉舎IC間が完成し、広島県の尾道から島根県の松江まで
中国地方を縦に移動できるルートが完成しました。(暫定開通)
これまで広島県内には山陽自動車道、中国自動車道と高速道路が通っていましたが、横のルートが主であったため、縦に行けば距離もそんなにないのに、
移動がしにくく、広島県内のドライブ旅行の時に合わせて行くことの少なかった点が解消されました。
この縦ルート開通のおかげで、B級グルメの尾道ラーメンや映画監督の大林宜彦氏作の尾道三部作の舞台でもある尾道市と、近年注目のB級食材である
『ワニ』(実は鮫なのですが)を使った料理や霧のまちとしても知られている三次市をセットで旅行することが簡単になりました。
広島県内でゴールデンウィークと言えば、広島市内のフラワーフェスティバルなので、そこに人が集中しているうちに、広島縦ルート旅行で
2015年のゴールデンウィークを満喫されてはいかがでしょう?

その時にちょっと役に立つ、尾道から三次へのドライブしていったと想定して、県外の方にはまだあまり知られていないおススメグルメ製品ポイントを
ご紹介していきたいと思います。

まずは尾道から行ってみましょう。
大林宜彦氏作の尾道三部作に出てくる尾道の商店街や千光寺などのスポットももちろん素晴らしいところで立ち寄られることをお勧めしますが、
もう1つ、尾道はケンミンショーでも紹介された「オオニシの手羽先」の本社があるところでもあります。
尾道の子供達の駄菓子が全国に広まり、最近では高速道路PASAなどでも売られている「オオニシの手羽先」ですが、実は「とり皮」という商品もおススメなのです。
鶏皮をじっくりあげて独自の味付けにしたおつまみは、ビールのお伴に最高です!

そして尾道から北上し、世羅はゴールデンウィークはシーズンではないのですが、なしの名産地です。
そしてシーズンを問わないのが世羅牛をはじめとする肉の加工品なのです。
シンプルな味付けの肉の加工品は、これまたビールのお伴、おかずの一品としても最高です!
世羅町の道の駅やスーパーで販売しています。

さらに北上し、三良坂。
ここは知る人ぞ知る、チーズをはじめとする乳製品や小麦製品の宝庫と言われる土地です。
「三良坂フロマージュ」というチーズ屋さんをはじめ、「麦麦」という天然酵母の小麦を使ったパン屋さんなど
素晴らしい乳製品小麦製品を見つけることが出来るでしょう。

そしてゴールの三次。
400年の伝統のある鮎にうの花を詰めた「鮎共販」の鮎寿司をはじめ、三次ワイナリーのワイン、そしてワニ(鮫)製品など
中国やまなみ街道のおかげで1日で回れるようになりましたが、1日では食べきれないほどのグルメがたくさんあります。

2015年のゴールデンウィーク、国内旅行の穴場としては、中国やまなみ街道を利用しての尾道と三次のセットグルメ旅行が
おススメです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする