カイ・シデンの名言は?カイはニュータイプではない。

カイ・シデンは「機動戦士ガンダム」の登場人物で、

主人公アムロと同じホワイトベースの搭乗員で、ガンキャノンのパイロットである。

ガンダムをリアルタイムで見ていた私から見た場合、

カイはザコキャラであるが、ガンダムファンの一部の人達からは、

カイこそは主人公にも匹敵するキャラクターであり、

エースパイロットであり、ニュータイプであるという意見があるのだ。何故なんだろうか?

実際にファーストガンダムをリアルタイムで見ていた私は、

カイの非協力的振る舞いや言動は、子供ながらに、

とてもイラついたし、セーラさんから罵られたり、

ビンタされる姿を見て、カイってダメな奴って思ったもんだ。

2015y04m05d_230925489

こんなカイシデンだが、このカイが好きだという人が意外にもいるのだ。

カイ好きの人にインタビューをしてきたので、今日はそれを紹介しよう。

機動戦士ガンダムではカイ・シデンが一番魅力的!

賛否両論かもしれませんが、私は機動戦士ガンダムの中ではカイ・シデンが一番好きです。

飄々とした態度に不真面目な性格、

嫌がるアムロを巻き込む形の登場 当初の印象も最悪ですし、

セイラさんからの一撃「軟弱者!」は衝撃的です。

しかし戦争に巻き込まれ偶然乗り合わせただけのホワイトベースで徐々に戦闘能力、

そして人間的にも成長して行く彼の姿は天才的なアムロとは違い、

等身大の少年として見るものに感情移入させる魅力があると思います。

物語当初の彼は非常に不真面目で憎まれ口ばかり叩き、

戦闘にも非協力的です。

そんな彼が機械の技術を多少持ち合わせていた事から搭乗することになるモビル スーツは最初はガンタンク、

終盤ではガンキャノンと決して強力なモビルスーツではありません。

けれどカイ・シデンは他の人にはない現実的で頭の回転が良い部分から戦闘において類まれなる能力を発揮し、

それらの強力ではないモビルスーツで戦場を切り抜けていく様もとても素敵です。
一番印象的なシーンはやはりミハルのストーリーでしょう。

戦争に嫌気がさしたカイがホワイトベースを去り、

出会った少女ミハルは実はジオン軍のスパイで、

彼らはお互いを探り合いながらも徐々に心を開きますが、

結局ミハルはカイがホワイトベースへと招き入れたことが原因となって亡くなってしまいます。

ミハル やその兄弟たちのように戦争に巻き込まれ不幸になる子供をこれ以上出さないためにと、

その後は戦争を終わらせるため戦闘に立ち向かうカイの姿はとても印象 的でした。

カイが好きな女性目線だとこのシーンは多少ミハルに嫉妬しますが…。
物語終盤では他のパイロットを引っ張れるようなホワイトベースのエースパイロットとして活躍します。

それでいて飄々とした態度は変わらないのですが、

戦闘に対しては序盤とは比べ物にならないくらい真面目で冷静です。

パイロットとして徐々に覚醒するカイの姿が魅力的でした。
好きなセリフはア・バオア・クーで戦での「こういう時は、臆病なくらいで丁度いいのよね」です。

このセリフがカイの性格そのものを表しており、臆病だからこそ慎重に、

そして頭脳を活かして戦えているという状況がよくわかります。
ア・バオア・クーでの最終決戦では愛機ガンキャノンを破壊されても白兵戦でホワイトベースを守るなどカッコイイ姿が見られ感動しますが、

この感動も序盤の 腑抜けた姿やひねくれた態度からの成長を視聴者が見てきたからの感動だと思います。

戦争を通じて一人の人間の成長を見守ることの出来る魅力的なキャラク ターがカイ・シデンではないでしょうか。

成る程、カイが好きな人の意見を聞いていただいたのですが、あなたは、どんな感想を持ちましたか?

この人の意見を読んでいて、カイが好きな人は、

とても優しい人なんじゃないかと思ってしまいます。

あのひねくれた、嫌な奴のイイところを見付けるのだから、相当いい人なんじゃないでしょうか?

私なんかは全くカイに魅力は感じません。

カイ・シデンの名言

最後にカイ・シデンの名言を紹介します。

「ニヒヒヒヒヒ・・・」

です。

そして、セイラが突っ込むのです。

「いやらしい笑い」

カイの名言

「ニヒヒヒヒヒ」です。

関連記事:ガンダムを分かりやすく解説、面白さのポイントはを掻い摘んで知ろう

関連記事:ゴモラ、大阪城を破壊したウルトラマンの怪獣がかっこいい!実はゴモラザウルスという恐竜

関連記事:昔のアニメおすすめ厳選9選をじっくりと語る。確実にハマる事間違いなしです

関連記事:ファーストガンダム名シーンはこれだ!ベスト5を発表

関連記事:ランバ・ラルの名言や存在感が凄い、年齢は?

関連記事:アムロも乗ったガンキャノン、不人気モビルスーツだが、最強説も


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする