MAROシャンプーを口コミする。M字ハゲを回復させたのは実はシャンプー、ミノキシジルやプロペシアよりも効果あり

私は36歳からM字の部分の髪の毛が抜けだしてハゲに悩んでいた。必死でハゲを隠して、髪の毛をセットしてハゲを隠していた。そんな時出会ったのが、禿げに効果があり、AGA治療でも実際に使用されていると言われている薬、即ちミノキシジルを含む毛髪剤や、禿げの原因となる男性ホルモンを抑制(よくせい)するプロペシアという薬を個人輸入代行のネット通販などで買って、使用していた。実はこれらは、ハゲにかなり効果が出て、かなり髪の毛が増え、それほど髪の毛の事で悩まなくなった。しかし私のМ字の部分は少しましにはなったものの、完全に治らなかった。というか、М字以外の部分はかなり髪の毛は増えたのだが、М字部分だけ忘れられた様に髪の毛が劇的に増えなかった。

スポンサーリンク

スカルプシャンプーで毛が生えた!

私は正直スカルプDをはじめとするスカルプシャンプーを信用していなかった。というのは、はるか昔、雨上がりの宮迫博之が禿げを治すプロジェクトというキャンペーンで、スカルプDのCMに出ていて、禿げを克服したみたいな感じのコマーシャルが流行った、当然私もすぐに飛びつき、さっそく東急ハンズでスカルプDを買って来て一本使ってみた。しかし、何の効果も得られる事はなく、すぐに止めてしまった。そして、数年後出会ったのが、AGA治療で使われている、薬である。これらは効果てきめん、すぐに効果が出た、私は喜んだ。髪の毛ハリが回復して、髪の毛にツヤが戻り、みるみる逞しくなった。しかし、М字の部分は完全復活とはいかず、М字の部分はやはり、どんな薬やサプリメントを使ったとしても、効果がないのか?いっそのこと、敗北者の様に、М字ハゲに似合う髪型でもネットで検索して、М字ハゲを受け入れようか?なんて考えていたのである。

たまたま買ったスカルプシャンプーでМ字ハゲから髪の毛が!

プロペシアやミノキシジルでも生えなかったМ字ハゲ、いや実際にはかなり、ましにはなった。エム字の部分の生え際はかなり髪の毛が濃くなって、禿げに悩んでいた時と比べて大分ましになった。しかし、完全に復活はしなかったのである。そこで出会ったのがスカルプケアである。スカルプケアとは、頭皮の環境をケアするという事である。

私がある通販番組で見た映像がヒントになった。それは、女性の薄毛を改善するシャンプーのコマーシャルである。私の家はケーブルテレビを引いているので、地上波のコマーシャルと比べてケーブルテレビのCMは長時間同じ商品を紹介する、結構凝ったCMを流している。そこで紹介された内容は、髪の毛が薄い人の頭皮を拡大出来るカメラで撮影してみるという事だった。

薄毛の人は頭皮に油が詰まっていて、一つの毛穴から1本の髪の毛しか生えてなかったが、健康な髪の毛の人は一つの毛穴からたくさんの髪の毛が生えているのだ。この原因は毛穴に詰まった汚れだという。この汚れが原因で毛が生えないのですとの事、そのシャンプーは毛穴の汚れを劇的に落として、薄毛の女性でも、どんどん毛が生えて来て、フサフサになるという内容でした。そんな事が頭の片隅にあった状態で近所のドラッグストアに買い物に行った。最近暇になったら、ドラッグストアに行って、色々な商品を試すのが日課になっていたのだが、その時たまたま買ったシャンプーがこれである。

2016y06m26d_004943385

MARO(マーロ)というシャンプーです。私はこのシャンプーの会社の回し者でも何でもないのだが、私の場合はこのMARO(マーロ)はかなり効果があった。

生えない部分に生えて来た!

このシャンプーで頭皮のケアをする前はこんな感じである。

2016y06m26d_010145212

生え際の部分が薄く、この部分は時間が経過しても、濃くなる事はなく、髪の毛も伸びない、生え揃う前に抜けてしまうのである。

そして、これが、このシャンプーを使って2~3ヶ月後である。

2016y06m26d_010009610

ちょっと濃くなったが分かるだろうか?地肌が見えていた部分が徐々にではあるが、回復しているのである。これは、今までどんな薬やサプリでも得る事が無かった効果である。私は今、ミノキシジルなどの薬関係は止めている。シャンプーだけである。なので、これから、ミノキシジルの様な発毛に効果がある塗り薬と、シャンプーを兼用して、最強の髪の毛を育ててみようと思っている今日この頃である。

関連記事:シャンプー 抜け毛の本数の平均は?その抜け毛がヤバイ抜け毛か、心配のし過ぎか?そのポイントは?

関連記事:

関連記事:田原俊彦(トシちゃん)の娘、次女も芸能人?田原俊彦のアイドル時代の人気は・・

関連記事:ベニーユキーデの現在はハゲて寂しいが、スパルタンxのベニーは神


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする