おにぎりとおむすびとにぎりめしの違い、日本最古のおにぎりの化石に秘密が!?

おにぎりとおむすび、にぎりめしの違いってあるんだろうか?とふと思ったので、調べる事にした。私は大阪に住んでいるのだが、おむすびなんて言い方はしない。おにぎりと言っている。子供の頃からあった、お馴染のお菓子「おにぎりせんべい」も、おむすびせんべいではなく、おにぎりせんべいである。

2016y07m26d_112223000

この、おにぎりせんべいを作っている会社は、三重県の伊勢市にあり、関西の企業である。大阪ではとても、有名なお菓子で、子供も頃遠足に持って行ったり、おやつタイムに今でも出て来るお菓子なのだ。関東では余り知られていないという事を聞いて驚いた記憶がある。なので、関西では、おにぎり、関東ではおむすびという呼び方をしているのではないか?というのが私が当初考えていた説である。おにぎりについて、ある日の午後、カフェでコーヒーを飲みながら、考えていると、にぎりめしという呼び方もある事に気が付いた、ちょっと、ワイルドな印象がある「にぎりめし」、おにぎりやおむすびは、握るという言葉に「お」がついていて、ちょっと丁寧(ていねい)な印象を受けるが、にぎりめしは丁寧(ていねい)さは一切ない。ワイルドな呼び方が「にぎりめし」ちょっと丁寧な言い方が「おにぎり」そして、最上級に丁寧な言い方が「おむすび」なのではないか?なんて考えてみたりもしたが、実際はどうなんだろうか?

スポンサーリンク

皆の意見を聞いてみた

Twitterで、このおにぎりとおむすび、にぎりめしの違いを語っている人の意見を紹介しましょう。

これらの意見をまとめると、「にぎりめし」から「おにぎり」「おむすび」に進化した。「にぎりめし」が元祖である。「おにぎり」は形は様々だが、「おむすび」は三角形をしている。三角形じゃなければ「おむすび」じゃないという事らしい。ただ、地方によって呼び方が違うという説もあり、関東は「おむすび」関西では「おにぎり」、私は関西出身なので、子供の頃から「おにぎり」と呼んでいた。「おむすび」なんて言わない。また食卓やお弁当に「おにぎり」が出てきたが、三角の物もあったが、全部ひっくるめて、「おにぎり」と呼んでいた。なので、大阪に住んでいた私は、どんな形であったとして、「おにぎり」と呼んでいて、「おむすび」とは呼ばないし、三角形の物が「おむすび」という認識はない。

日本最古のおにぎり

「おにぎり」や「おむすび」の呼び方はかなり昔から日本にあったと考えられているそうで、「おむすび」は古事記に登場する「むすびのかみ」に由来するという説もある。

ここに日本最古のおにぎりを紹介しよう。

これが、日本最古のおにぎりである。石川県の鹿西町(ろくせいまち)の遺跡(いせき)から見つかったおにぎりである。因みに6月18日がおにぎりの日と呼ばれているのはご存知だろうか?その由来は、6月18日の6月は鹿西町(ろくせい)のろく「6」に由来して、18日は米という字は、バラバラにすると、18と読めるところから、6月18日はおにぎりの日となった様だ。

広辞苑を調べてみると

広辞苑でおにぎりと調べてみると、おにぎり、おむすび、にぎりめしは同じ物として、定義されています。その違いについては書かれていません。結論を言いますと、おにぎりも、おむすびも、にぎりめしも、違いはない!という事になります。

裸の大将山下清

おむすびと言えば、その昔、芦屋 雁之助(あしやがんのすけ)が演じた「裸の大将」を思い出す。裸の大将は放浪の天才画家山下清の活躍を描いたドラマで、芦屋 雁之助(あしやがんのすけ)が山下清役を熱演したドラマで、確か花王名人劇場で放送されていたと思う。その、ドラマに登場する山下清が、「ぼ、ぼ、僕は、おむすびが食べたいんだな~」と言って、おむすびを親切な人から貰うというシーンがよくあった事を覚えている。このドラマでも、当時余り馴染がなかった「おむすび」という言葉を聞いた時かもしれない。因みに、芦屋 雁之助(あしやがんのすけ)が死んでから、ドランクドラゴンの塚地武雅がこの裸の大将をリメイクしたのだが、「おむすびが食べたいんだな~」というセリフがおにぎりに変わっている。これは、関西出身の塚地武雅が、「おむすび」とは言わないから「おにぎり」に変えたいと言ったかどうかは知らないが、「おにぎり」に変わっているという事をお伝えしておこう。

結論

おにぎりも、おむすびも、にぎりめしも同じ!という事でした。

おすすめ記事:ダメ人間が成功出来るのか?ダメ人間特徴チェックでダメ人間を脱出!

おすすめ記事:ダメ人間が成功出来るのか?ダメ人間特徴チェックでダメ人間を脱出!

おすすめ記事:消費税、軽減税率とは?簡単に説明すると・・わかりやすく解説します、メリットデメリットとは?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク