クロコダイル、アリゲーター、カイマンの違いとは?ワニを飼うならカイマンだ!

クロコダイル、アリゲーター、カイマンなどワニには色々な種類があるという。違いはあるのだろうか?という事で、今日はワニの種類について、書いていきます。ワニの種類、クロコダイル、アリゲーター、カイマンについて今日は書きます。

スポンサーリンク

クロコダイル

クロコダイル科の特徴は口を閉じだ時に下顎の第4歯が見えている、人間を襲うとされるイリエワニや、ナイルワニが所属するのが、このクロコダイルである。凶暴でデカいのがクロコダイルと覚えていただいてもいいのではないでしょうか。以下に記載するのが、クロコダイル科に属するワニの種類である。以下がクロコダイル科のワニである。名前を言われても、何の事か分からないと思うので、写真も見てもらいましょう。

アメリカワニ
アフリカクチナガワニ
オリノコワニ
オーストラリアワニ
ミンドロワニ
モレレットワニ
ナイルワニ
ニューギニアワニ
ヌマワニ
イリエワニ
キューバワニ
シャムワニ

ニシアフリカコビトワニ

インドガビアル

アメリカワニ

2016y07m26d_211455624

アフリカクチナガワニ

2016y07m26d_211906878

画像:http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/images/Af009.JPG

イリエワニ

2016y07m26d_212546639

シャムワニ

2016y07m26d_212806865

ニシアフリカコビトワニ

2016y07m27d_003014773

イリエワニの様な大型のワニもいれば、ニシアフリカコビトワニの様に小型のワニもいる。クロコダイルイコール大型のワニとは言えない様だ。

アリゲーター

このアリゲーターの仲間にカイマンがいる。カイマンはアリゲーター科に属するワニで、カイマンもアリゲーターという事になる。アリゲーター科に属するワニを紹介しよう。

アメリカアリゲーター
ヨウスコウアリゲーター

カイマン属

メガネカイマン
クチビロカイマン
パラグアイカイマン

クロカイマン

コビトカイマン
ブラジルカイマン

アリゲーターはクロコダイルと比べて比較的おとなしいとされている。最も大きくなるのは、アメリカアリゲーターで、6mにもなるという。クロコダイルよりアリゲーターの方がおとなしいというのは意外だ。というのも、人間をワニが襲うというパニック映画「アリゲーター」を思い浮かべて、アリゲーターは凶暴なワニの代名詞という感じだったのだが、実際は逆の様だ。クロコダイルの方が凶暴なのである。

アメリカアリゲーター

2016y07m26d_231410737

ヨウスコウアリゲーター

2016y07m26d_235353732

画像:http://www.hatyu.info/img/photo/yousukouarigeta_l.jpg

メガネカイマン

2016y07m26d_232732649

コビトカイマン

2016y07m26d_233140968

画像:http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/images/001pal.JPG

ブラジルカイマン

2016y07m26d_233705636

画像:http://arkpet.ocnk.net/data/arkpet/product/2720143e05.jpg

アメリカアリゲーターとヨウスコウアリゲーターは凶暴な感じがしますが、カイマンになると、急に可愛くなると思ったのは私だけではないはずだ。ワニ、ペットで検索をしてみると、ほぼカイマンである。コビトカイマンや、メガネカイマンがペットとして、売られている様だ。実施にペットとして、ワニを飼ってる人がワニにエサをあげている動画がYouTubeに上がっていたので紹介します。案外おとなしいですね(笑)

因みにこの動画のワニはパラグアイカイマンだそうです。

おすすめ記事:最強の生物、最強の動物はこれだ!この世は弱肉強食だ!虎、ワニ、熊!

おすすめ記事:旭山動物園、さとらんどなど北海道、夏休み子供連れおすすめスポット完全網羅

おすすめ記事:すみだ水族館、上野動物園、雨の日のデート、東京のおすすめスポットはここだ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする