ガンダムを分かりやすく解説、面白さのポイントはを掻い摘んで知ろう

ガンダムとは機動戦士ガンダムというテレビアニメの事である。機動戦士ガンダムは1979年4月から第1作目の「機動戦士ガンダム」が放送されてから、映画版、続編、スピンオフなどガンダムにまつわる作品が数多く制作され、今でもその作品が放送され、人気がある。ガンダムとは一体どんな物語で、どんな所が人気の要因になっているのか?といいった事を今日は紹介しようと思います。今回はガンダムを一回も見た事の無いひとお向けの解説である。

スポンサーリンク

ガンダムのストーリー

ガンダムは戦争の話である。宇宙で戦う事もあるし、地球で戦う事もある。また地球人が宇宙で住める様な環境(スペースコロニー)で戦う事もある。宇宙を股にかけて、壮大な戦争をする話である事は分かったが、そんな作品他にもたくさんあるはずだが、ガンダムは何故人気があるのか?その大きなポイントの一つとして、兵士達は、飛行機や戦車などに乗って戦うのではなく、モビルスーツというロボットに乗り込んで戦うのだ。このモビルスーツはどんどん新型が開発されていて、「あのモビルスーツは強い!」とか、「かっこいい!」とか、そのモビルスーツを操縦する人物がかっこいいとか、凄いとか、そのモビルスーツに乗り込むキャラクター達にも色々な背景があり、ファンは感情移入するのである。

スクリーンショット 2016-08-25 22.55.50

※お台場で展示された、実物大の初代ガンダム

ガンダムは人間の形をしていて、人が乗り込む事が出来る。乗り込むのは胸から腹の部分にある青い部分である。これがコクピットと呼ばれる箇所である。この部分を攻撃されると、中に人が乗っている為、中の人が死んでしまうので、モビルスーツの弱点、急所となるわけだ。

モビルスーツとモビルアーマー

ガンダムに登場するロボットには、モビルスーツとモビルアーマーがある。スーツとアーマー。モビルアーマーは、モビルスーツよりも大きい。そして搭載している武器も協力である。従って、モビルアーマーは、たくさん作る事は出来ない。また、卓越した操縦技術を持つパイロットは、自分の乗っているモビルスーツよりも、大きく、能力が高いモビルアーマーを撃破する。登場時はドヤ顔で、モビルアーマーで登場して、雑魚を次々と倒していくと、主人公が現れて、撃墜されてしまうのだ。

また、同じモビルスーツでも、陸専用のモビルスーツとか、水陸両用のモビルスーツだとか、宇宙専用とか、いちいち細かい。そこがまた、格好いいのだ。

主人公は少年でいきなりモビルスーツを乗りこなす

主人公は少年である事が多い。見た目は普通の少年だが、特殊な能力を持っていて、モビルスーツを巧みに乗りこなして、敵をどんどん倒していき戦いの中心人物となっていく。その卓越した戦闘能力は大人達を圧倒して、子供達の憧れとなる。その戦闘能力は「ニュータイプ」と呼ばれる。このニュータイプは、戦闘の折敵の攻撃を予想したり、いきなり見えていない敵を振り向きざまに倒したり、普通の反射神経を超えた、超能力と言っても差し支えない能力を持っているキャラクターも登場する。

言ってる内容はよく分からないが、オッサン達が本気で戦争している

戦争であるから、国と国が戦うのである。戦争をしている上層部はオッサンやジジイである。そのオッサンやジジイ達が、戦争に勝つために、あーだ、こーだやっている描写もたくさん出てきて、単なるロボットの戦いではなく、戦争をやっているというリアリティが生まれる。その内容は全く分からないが、ガンダムに出てくる言葉で何となくその雰囲気がわかる。

「南極条約調印」「捕虜交換」「ヨーロッパ方面総司令官」など、いちいち細かい戦争の描写が出てきて、単なるロボットの戦いのアニメではなく、あくまでも戦争しているのだ。悪の組織と合体ロボットが戦う世界とは差別化されているのだ。

出てくるキャラクターに細かい設定がある

スクリーンショット 2016-08-26 0.39.03

画像:http://livedoor.4.blogimg.jp/jin115/imgs/5/3/5391c01e.jpg

ガンダムは主人公以外のキャラクターにも、その人間に感情移入ができる様に、細かい設定がある。初代ガンダムの主人公のライバルで、特に有名なキャラクター「シャア・アズナブル」は、所属する国の元王子さんであったが、ザビ家に父親を暗殺されて、その復讐のために、仮面で姿を隠して、戦争に参加しているなどが、特に有名だが、それ以外の脇役たちにも、色々な物語があり、それぞれの物語に引き込まれてしまう。

愛した相手が敵だった、自分が殺してしまう

ガンダムは何も戦いばかりを描くわけではない、登場する主人公は10代の若者で、出会った女性と恋に落ちたりもする。しかし、運命とは残酷で、恋心を抱いた女性が、敵として、モビルアーマーに乗って現れる。「何故、僕たち戦わなければいけないんだ!」と言いながら、攻撃をかわす。あの時の君はとても、優しかったじゃないか!」と戦いながら、超能力で交信する。「何故あなたが敵として、現れるの?」女性キャラも混乱する。長い戦いの果てに、最終的には心が通じ合った、主人公とヒロイン。・・しかし、ヒロインは別の敵の攻撃を受けたり、また、主人公が放った、予期せぬ攻撃を受け、死んでしまう。

別の新たなシリーズで、キャラクターが再登場

第1作の主人公だったアムロ・レイは第2作目は主人公ではなく脇役で登場する。当然時が経っているので、容姿も変わっていたり、置かれている立場が変わっていたり、考え方も変わっていたりする。そのつながり感がまた面白く、あの好きだったキャラクターが出ているのだから、また見ようと思ってしまうのである。最後にガンダムの面白さについて、みんなの意見を紹介します。

おすすめ記事:ファーストガンダム名シーンはこれだ!ベスト5を発表

おすすめ記事:コブラのアニメ最終回「コギトエルゴスム」とは?「あばよ!おれのコブラ」

おすすめ記事:昔のアニメおすすめ厳選9選をじっくりと語る。確実にハマる事間違いなしです

おすすめ記事:ランバ・ラルの名言や年齢、存在感が凄い!ザクとは違うその機体!

おすすめ記事:アムロも乗ったガンキャノン、不人気モビルスーツだが、最強説も

おすすめ記事:カイ・シデンの名言は?カイはニュータイプではない。

おすすめ記事:マジンガーZ対デビルマン、ツッコどころ満載の夢の共演、ストーリー、キャラクター、ラストを紹介


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする