ジジ・ぶぅ、凶悪の牛場さん役(爺さん)は猫ひろしの相方で実は若い

今日は映画「凶悪」の牛場さんの事を書きたいと思います。牛場さん?と聞いてピンと来ない人も多いかと思いますが、大量の酒を飲まされて殺害された、お爺さんが牛場さんです。この牛場さんを拷問するシーンは、この映画「凶悪」クライマックスシーンと言っても過言ではありません。この拷問のシーンに加わったのは、先生と、須藤、そして須藤の舎弟五十嵐です。この極悪、凶悪な三人にいいようにされて、殺害され、氷の風呂に入れられたのが、牛場さんなのだ。今日はこの牛場さんと、その牛場さんを演じた人物について書きたいと思います。

スポンサーリンク

映画「凶悪」に登場する牛場さん

牛場さんは酒が好きで、借金まみれである。家族も手を焼いている。奥さん、娘、そして娘婿が、牛場さんに対してうんざりしていた。そんな牛場さんが体調を崩して入院する、てっきり死ぬと思っていた。その牛場さんの死んだ時に入る生命保険で、借金を返そうとしていた。世間に迷惑をかけたくないと思っていた。そんな牛場さんが、家族の思惑とは別に、ピンピンして病院から帰ってきた。てっきり死ぬと思っていた爺さんが復活して帰っていたのだ。

家族からしたら、「いやいやいや!」・・と言った感じである。死ぬんちゃうん?と・・・

ようやく静かで平和な生活が訪れると思った矢先に爺さんが帰ってきたのだ。この家族は牛場さん殺害を先生達に依頼するのだ。

先生とは、リリー・フラキーが演じる冷徹な不動産ブローカーである。この先生は、金になる老人を見つけては、その存在を消し去り、金にする死の錬金術を身につけていた。先生の狙いは、高額な保険金がかけられている牛場さんを殺害して、その保険金を手に入れる事なのだ。

今回の牛場さん殺害を先生に依頼したのは、なんと牛場さんの家族である。先生に報酬を支払う代わりに殺害を依頼し、家族はその保険金を手にしようという考えなのだ。

そして、この先生の考えた冷酷な計画を実現する殺人マシーンがこのピエール瀧演じる須藤なのである。この須藤は元々ヤクザの組長だったが、今は組をたたんで、先生の用心棒的存在になっていた。この先生という人物は自分の力では、その計画を実行する度胸や腕力を持っていないのですが、この須藤は先生の冷徹な計画を現実に実行する腕力を持っているのだ。須藤という凶器を手に入れた先生はまさに、やりたい放題である。金になる老人を消しまくり、その財産を手にれていたのである。

牛場さんを演じたジジ・ぶぅ

牛場さんは家族に連れられて、先生の事務所に連れてこられた。表向きは先生の事務所で雑用として働き、借金を返す。実は牛場さんを監禁して、医者から酒を止められていた牛場さんに大量の酒を毎日飲ませ、牛場さんを殺害する事を計画していたのだ。

この牛場さんを演じたのは、ジジ・ぶぅというお笑い芸人である。しかしお笑い芸人と言っても全く売れていない芸人で、私もテレビで見た事は一度もない。このジジ・ぶぅは久本雅美や柴田理恵などが所属するWAHAHA本舗に所属する芸人なのである。ジジ・ぶぅの特徴は老け顔である。その名前が示すとおりジジイの様な風貌をしているが、実は年齢が50代なのだ。この凶悪に出演した時は、おそらく56歳くらいだったのだが、どう見てもお爺さんで50代には見えないのだ。見るからに白髪頭のシワだらけの老人であれば70代とかその辺である。このジジ・ぶぅは同じくWAHAHA本舗所属の猫ひろしの付き人をしていたのだが、猫ひろしとコンビを組んでお笑いをやったりしている。このジジ・ぶぅさん実はホームレスをやっていた時代がある。同じくWAHAHA本舗の久本雅美がこのジジ・ぶぅの変人エピソードをラジオで語っている。

ジジ・ぶぅ変人エピソード

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-0-26-17

画像:http://ojisan777.net/wp-admin/post.php?post=5178&action=edit

小石を舐める

ホームレスをしていた時、腹が減ったら小石を舐め空腹を満たしていた。小石には何か味が付いているのだろうか?腹が減ったら小石を舐めていたそうだ。

カラスも食べた

空腹を満たすために、カラスに石をぶつけて殺しカラスを食べた。カラスってどんな味?とジジ・ぶぅに聞いたところ、カラスは白鳥の味がするそうだ。

メキシコでタクシーの運転手をしていた

メキシコの話をしていたら、昔メキシコでタクシーの運転手をして傷んだよねと話に入ってくる。

どんな話をしても、そこにいたと言ってくる、久本雅美曰く、嘘ばっかりついてくるオッサンなのだ(笑)なので紹介したエピソードも本当か嘘かは謎である。

関連記事:映画凶悪の脇役達、佐々木のケンちゃん、ばあさんなど演じた俳優を紹介

関連記事:小林且弥(こばやしかつや)凶悪の五十嵐役の演技を語ろう

関連記事:松岡依都美(まつおかいずみ)映画凶悪の須藤の内縁の妻役の演技が好き過ぎる

関連記事:映画「凶悪」の元になった事件、上申書殺人事件が怖すぎる!

関連記事:リリーフランキーの映画「 凶悪」は実話ネタバレ注意ストーリー


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする