Eメールアドレスの作り方を解説、スマホ、iPad、PSP、メールがあれば何でも出来る

Eメールアドレスの作り方を今日は紹介しましょう。Eメールアドレスがあれば、本来の使い方である、メールのやり取りという連絡ツールとしても使えるし、アマゾンや楽天などネット通販、FacebookやTwitterといったSNSの登録にもEメールアドレスは必要なので、今日はEメールアドレスの作り方とEメールアドレスの種類なども紹介しましょう。

スポンサーリンク

予備知識

Eメールアドレスの種類は大きく分けて3種類

実はEメールアドレスは大きく分けて3種類ある。

1.インターネットプロバイダーから付与されたEメールアドレス

2.携帯会社から付与されたEメールアドレス

3.GoogleやYahoo!が提供している無料メールサービス

では、一つ一つ説明していこう。

1.インターネットプロバイダーから付与されたEメールアドレス

家にインターネットの環境がある人はもう既にEメールアドレスをアドレスを持っている。インターネットプロバイダーとは、家のパソコンをインターネットの世界と繋いでくれる環境を提供する会社の事である。有名なところでは、OCNやニフティー、Yahoo!BBなどである。インターネットを契約した時の確認書類にEメールアドレスと記載されていれば、それがあなたのEメールアドレスとなる。あとはパソコンのメールに必要な情報を記入すれば直ぐにメールとして使えるはずである。

2.携帯会社から付与されたEメールアドレス

au、docomo、ソフトバンクなど携帯会社と契約していると思う。携帯にもメールアドレスが与えられていて、Eメールアドレスとして、使う事が出来る。ただし携帯の場合、スマートフォンであれば様々なインターネットサービスに対応しているのだが、ガラケーはパソコンやスマホで使うインターネットを利用したサービスに対応していない為、何かのサービスに申し込む為にEメールアドレスを登録しても、ガラケーの場合はメールに受信したリンクを開けないなどの問題がある為Eメールアドレスとして使用する為には、ガラケーの場合はスマホに機種変した方がいいだろう。

3.GoogleやYahoo!が提供している無料メールサービス

GoogleやYahoo!は一度は耳にした事があるだろう。インターネットの莫大な情報を検索するサイトを運営している会社である。そんなGoogleやYahoo!は無料でEメールアドレスを取得できて、使えるサービスを提供している。Eメールアドレスの取得の仕方も簡単で、Google、Yahoo!、どちらかのアカウントを作成すれば、Googleの場合はGmail(ジーメール)Yahoo!の場合はyahooメールを取得する事が出来る。また、Gmailやyahooメールは、何個でもアカウントを作る事が出来る。したがって、何かの懸賞に応募するとか、不特定多数の人にEメールアドレスを教えるなど、あまり個人情報を教えたくない相手にEメールアドレスを教えなければいけない時など大変便利なのだ。

Eメールアドレスの決まり

Eメールアドレスにはある法則が用いられている、それは@(アットマーク)である。この@を一度は見た事があるだろう。例えば先ほど紹介したGmailであれば、メールアドレスの後ろの方に、この@が付いていて、アドレスは必ず、〇〇〇〇@gmail.comというアドレスになる。

yahooメールであれば〇〇〇〇@yahoo.co.jpとなる。これは、インターネットプロバイダーでも、携帯会社でも同じである。必ずEメールアドレスには@(アットマーク)が付く事を覚えておこう。そして@(アットマーク)より前の部分は自分で好きな文字や数字を入れる事が出来きオリジナルのEメールアドレスを持つ事が出来るのだ。

それぞれのEメールアドレスの作り方

これまでの説明を聞いてご理解いただけと思うが、家にインターネットを引いている方は、既にEメールアドレスを持っているので、そのEメールアドレスが何なのかを調べれば、いいだけであるし、(既に持っているから)また、スマホを持っている人も自分のEメールアドレスが何なのか、携帯会社に聞けば分かる事なのだ。そして携帯の場合は既に携帯に設定されている場合があるので、メールの見方を調べれば直ぐに使う事が出来る。インターネットプロバイダーに付与されたEメールアドレスの場合はパソコンやスマホなどにメールを見る為の設定が必要なので、設定する為の情報をプロバイダーに確認する必要があるかもしれない。

Googleが提供しているGmailやYahoo!が提供しているYahoo!メールはそれぞれのホームページからアカウントを作成すれば簡単にEメールアドレスを作る事が出来る。

Gmailの場合

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-20-51-09

Googleの検索ページに行けば、ページの右上のログインというところが、あるはずだ。そこをクリックする。クリックすればアカウント作成というところがあるので、そこをクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-20-53-49

この青いリンクをクリックすれば、アカウント作成ページが出てくるので、自分のEメールアドレスを決めたり、メールを見る為のパスワードを決めたりする画面に必要な情報を入力して行けば、Eメールアドレスの完成である。

おすすめ記事:iPhoneの電源の入れかたと切り方、機種によって電源の場所が違う

おすすめ記事:E-mailと Gmailの違いってなんだ?この文章を最後まで読めばネットの知識が倍増します!

おすすめ記事:Gmailのアーカイブのメールを戻す方法は?アーカイブに入れたメールはどこに入る?

おすすめ記事:Gmailの有効な使い方、複数アカウント、お金儲けにも使える!作り方は簡単!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク