iPhoneの電源の入れかたと切り方、機種によって電源の場所が違う

iPhoneを使い始めたけど、まだ操作に慣れなくて困ってんのよ〜って方、結構多い見たいです。初歩的な事だけど電源の入れかた、切り方が分からない。誰に聞いたらいいのか分からない?という方の為に今日はiPhoneの電源の切り方、入れかたを紹介する。

それではまずiPhoneの電源の切り方をお伝えします。電源ボタンの場所が機種によって微妙の違います。また、iPhoneをしばらく使わないと、画面が真っ暗になるのですが、これは電源が切れているのではありません。完全に電源を落とす事によってiPhoneの不具合を改善するする事も出来るので、ぜひ覚えておいていただければと思います。

スポンサーリンク

iPhoneの電源の切り方

1.電源ボタンを長押し

2.スライドが出てくる

3.スライドで電源オフ

ポイントは電源ボタンを長押しするって事です。電源ボタンを一度だけ押した場合画面が真っ暗になりますが、これはただ単にスリープ状態になっているだけで、完全に電源が落ちているというわけではありません。なので、スライドが出てくるまで電源ボタンを長押しするというのが一つのポイントである。

電源ボタンの場所

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-13-27-24

iPhoneの電源ボタンは右上にあります。但し、iPhone6以降のモデルから電源ボタンの場所が右上から右側面の上に変更されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-13-34-12

画像:http://urx2.nu/A9Sa

このボタンを長押しすると、画面に電源オフのスライドが出てきますので、それをスライドさせたら、電源が落ちます。

電源の入れ方

電源の入れ方は、電源ボタンを長押しするだけです。電源を落とした時と同様に電源ボタンを一回押すだけでは電源は入りません。電源ボタンを長押ししましょう。そうするとしばらくしたら、画面にりんごのマークが現れます。りんごのマークが現れたたら、電源ボタンから手を離しましょう。数秒後には、いつもの画面になります。

自分のiPhoneのモデルがわからない

先ほども紹介したように、iPhone6以降は電源ボタンの位置が、右側面横に移動した事をお伝えしましたが、自分の持っているiPhoneのモデルって一体何だろう?と疑問を持たれた方もいたのではないでしょうか?iPhoneには、iPhone5であるとか、iPhone6sとか、明確に機種名を記載している所はありません。なので、自分が持っているiPhoneがどのシリーズなのか、分からないまま使っている人って案外多いんです。では、どおやってiPhoneの機種を見分けたらいいのでしょうか?実はiPhoneの背面にはモデル番号という物が書かれているんです。

背面のiPhoneと書かれた箇所の下に2列の細かい文字があります。その一列目の最後の方に、

「Model 1456」などと書かれています。これを確認して、Appleの以下のサイトで、自分のモデル番号を検索すれば自分がiPhoneの何のモデルを持っているのかが分かります。

Apple公式ページ iPhoneのモデルの調べ方

一度覚えてしまえば意外と簡単だったと思います。先ほどちらっと触れましたが、iPhoneの動きがちょっとおかしい、止まる、固まる、繋がらないなど、調子が悪くなった時に電源を一度落としてみるのも案外効果があります。これを再起動と言います。定期的に電源を落としてあげてもいいかもしれません。それではまた!

おすすめ記事:アイフォン(ドコモやauやソフバン)とスマートフォンの違いとは何か?わかりやすく、簡単に解説

おすすめ記事:フェイスブックって何?ツイッターとの違いは何?分かりやすく簡単に

おすすめ記事:ツイッターって何?フェイスブックと何が違うの?分かりやすく簡単に解説

おすすめ記事:E-mailと Gmailの違いってなんだ?この文章を最後まで読めばネットの知識が倍増します!

おすすめ記事:Eメールアドレスの作り方を解説、スマホ、iPad、PSP、メールがあれば何でも出来る


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク