吉川晃司武勇伝、前田日明とも殴り合った事がある芸能人最強説

とってもカッコイイ吉川晃司さんですが、身長182センチの長身で、学生時代は水球のトップ選手だった事もあり、その身体能力から芸能人ケンカ最強という噂が度々噂になります。今日は吉川晃司さんの武勇伝を紹介しましょう。

スポンサーリンク

前田日明、高田延彦とも殴り合っている

この話は、テレビ番組で吉川晃司から聞いた話として、綾小路翔(あやのこうじしょう)が語った内容である。前田日明と高田延彦とは一時期、一世を風靡したプロレスラーである。

この二人と実際に殴り合ったのだが、前田にも、高田にも吉川は負けたそうです。

ただ、「前田は強かったけど、高田は大した事ないな」と語ったと言われている。

負けるなんて、吉川大した事ないじゃん!

いやいや!

前田日明は身長191センチ、体重115キロ、高田延彦は183センチ、100キロである。いずれも吉川よりもかなり体重が重い!ましてや相手はプロレスラーであるのだから、格闘を生業(なりわい)としている男達なのである。

酒を飲んでいたとはいえ、そんな男たちとケンカするのだから、吉川晃司の闘争本能は凄いとしか言いようがない。この前田日明と高田延彦は元々は同じ団体に所属していたが、その後別々の団体を立ち上げ袂を分かっているため、同じ時期に前田と高田とやっているのであれば、前田も高田も現役バリバリの頃という事になる。

吉川晃司は「水の中ならジャイアント馬場にも勝てる」と常々発言していた。それを前田日明から「死んだ人に対して、そんな事言うもんじゃないよ」と言われて、「水の中なら前田日明にも勝てる」と言う様になったそうだ。

この前田日明とは、仲が悪くて戦ったという訳ではなさそうだ、友人関係にあり、前田日明の結婚式にも吉川晃司は出席している。

以前から有名な武勇伝

以前から吉川晃司の武勇伝と言えばこのエピソードが一番有名なのではないだろうか?それは、友人と自宅で酒を飲んでいる時に起こった事件、ボクシング経験者の友人とケンカになり、パンチ3発を入れて、相手の鼻の骨と肋骨を叩き折った。パンチは一発目は相手の鼻を折り、2発目は相手の肋骨を破壊している。ケンカの原因は親友の尾崎豊の形見のギターを友人が蹴った事だと言われている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-22-11-44

画像:goo.gl/jKIH0J

それ以外には、ジョギング中に3人のチンピラに囲まれナイフを突きつけられたが、逆襲して相手を懲らしめている。この時吉川は、「軽くストリートセッションしただけ」と語ったとの事。この時の3人はおやじ狩りの少年だったという事だが、ガキとは言えナイフで武装した相手を手玉に取るとは胆力も大したものである。

吉川晃司の身体能力

吉川晃司は学生時代水球に打ち込んでいた。しかも並みの選手ではなく、2年連続全日本高校最優秀選手に選ばれている。格闘技の試合ではなく、ストリートファイトの場合、モノを言うのは、まず体力である。水球は水の中の格闘技と言われる激しいスポーツである。水の中で泳ぎながらボールを奪い合うのだから、並みの体力では務まらない。

吉川晃司は、酔っ払ってビルの4階から飛び降りた事もあるし、家の鍵を無くした時は7階にあった自分の部屋までよじ登って自分の部屋に入った。何でわざわざそんな事するの(笑)とツッコミを入れたくはなるが、並外れた身体能力の吉川晃司であるから可能なのだ。

吉川晃司のライブで度々見せるシンバルキックをご存知だろうか?シンバルキックは役2メートルの位置にあるシンバルに蹴りをジャンプしながら入れるというモノである。同じ身長位の相手であれば容易に蹴りを入れKOする事ができるだろう。がっしりとした上半身から繰り出されるパンチ攻撃からの、飛び蹴りで大概の相手はKOされるのではないでしょうか?

吉川晃司が敬遠した相手

この話も結構有名ですが、吉川が「ダメダメ、あんなの、路上のプロだもん」と、そのケンカの強さを語るのが、氷室京介だ。吉川晃司と氷室京介は氷室がまだバンドBOØWYの頃からの知人で現在も親交がある。氷室京介は元々暴走族出身で、相当ケンカをやってきた人物で歌手にならなかったら、ヤクザになってたんじゃないかと、過去自分でも語っていた。一見小柄で細身の氷室京介と体力に勝る吉川晃司であれば吉川晃司圧勝と素人は思ってしまうのだが、わからないモノですね。

おすすめ記事:ブヨブヨの腹の贅肉(ぜいにく)を無くして、細マッチョ体質になる方法

関連記事

関連記事:前田日明対アンドレの真相は?黒幕は猪木か坂口なのか?はたまた・・

関連記事:最強の格闘家は誰だ?日本の格闘技の歴史、平成編、前田日明が格闘王

関連記事:ケンカ最強ランキング全く新しいランキング、ルールは負けイコール死?

関連記事:安藤組森田雅の強さは伝説、喧嘩無敗の男、力道山を引かせたのは森田

関連記事:芸能人の武勇伝、武闘派芸能人の武勇伝をまとめた、ヤンキー、喧嘩、不良エピソード


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする