仁義なき戦いの名セリフ、キャラクター別に紹介するよ〜第1作目より

仁義なき戦いは名台詞(めいぜりふ)の宝庫である。それは魅力的なキャラクターが発する言葉であるから、心に残るのではないでしょうか?広能、山守、武田、坂井、大友、・・・

数え上げたらきりがありませんが、今日は仁義なき戦いのキャラクター別の印象的なセリフを紹介します。

仁義なき戦いは好きな人が多いので、結構いろんな人が、仁義なき戦いの名ゼリフについては、ピックアップしていますが、王道のセリフ以外の、隠れた名ゼリフも紹介できればと思います。

スポンサーリンク

仁義なき戦いキャラクター別名ゼリフ

広能昌三(ひろのしょうぞう)

主人公 菅原文太

画像:goo.gl/1ihIcO

「何よ〜、ワシがいっちゃろいうか?やられたんは、ワシの友達じゃし、やってもみんで人頼んだら、あんたら恥かこうが?」

まだカタギだった広能がヤクザになるきっかけとなった喧嘩に参戦する時に発した言葉。友達の山守組組員が旅のヤクザと喧嘩になり、日本刀で切られた。山守組の若手が集まったが、何しろ相手が強すぎる。皆んなが躊躇(ちゅうちょ)して、応援を呼ぼうか?となった時、その中で唯一カタギだった広能が手を上げたのである。この後広能は、そのヤクザを射殺した。

「しびれるの〜」

このセリフは、広能が初めて指を詰めた時に発したセリフである。この後詰めた指は庭に飛んで、ニワトリ小屋に入ってしまった。皆んなで飛んだ指を探すシーンは、まるでコントである。「鳥めの外道がツツキやがって、いなげなカッコになっとるわい」という指を見つけた神原(川地民夫)のセリフも隠れた名ゼリフである。

「おいっ!・・若杉の兄貴の隠れ家、地図に書き込んでサツにチンコロしたのはオドレらか!」

かつての親分山守に広能がボートレース場で放ったセリフがこれである。宿敵土居組の若頭の若杉を利用するだけ利用して、不要と思ったら事件を起こして逃亡中の若杉の居場所を警察にあえて知らせた山守。その為若杉は警察と銃撃戦を繰り広げて死んでしまう。この広能の問いの山守の返事は「そんな昔の事、誰が知るかい」である。

坂井鉄也(さかいてつや)

山守組若頭 松方弘樹

画像:goo.gl/Hm0V4c

「わしゃ、山守組の坂井鉄也いうもんですがの、名乗りを上げた以上無事に帰してあげますけん、先生も大人しゅうしとってつかえや」

呉で絶大な権力を持つ大久保の依頼で、市会議員の中原を選挙で当選させる為に、相手方の金丸議員を誘拐した山守組の面々、無事中原が当選した事を確認した山守は若頭坂井に金丸を解放する様に指示する。その電話を受けた時の坂井の言葉がこれである。この坂井の言葉の後、山守組組員が発した「さぁ、お帰りはあちらじゃ」も何気に名言である。

「おやっさ〜ん!・・言うとったるがの、あんた〜初めからワシらが担いどる神輿(みこし)じゃないの!組がここまでなんのに、誰が血流しとるんの!・・神輿(みこし)が勝手に歩けるゆうんなら歩いてみいや!」

老獪な山守の行動に振り回される坂井は、ついに親分山守に反旗を翻す、あんたは俺たち若い者が担いでいる神輿(みこし)だ。要するに飾り物と言う意味である。

「まてぇ!・・待って○×♨︎・・ワシを撃つのを待ってくれぇ!・・まて・・そがなつもりは無いんじゃ・・・・まて〜っ(裏声)!!」

自分に敵対する山守組内の勢力を皆殺しにした坂井。そんな坂井の元に出所したばかりの広能が現れる。組の内情を山守から聞かされた広能は山守から坂井を殺せという指示を受けていた。死んだ友達の山方の女の家に線香をあげに行く広能だったが、その部屋に入ってきたのは、坂井だった。

山方の女と坂井はデキていた。おもむろに胸のポケットに手を突っ込む広能。坂井は広能が拳銃を取り出すと思って出たセリフがこれである。広能のポケットから出てきたのは、拳銃ではなく、タバコだった。ちなみに広能がこの時取り出したタバコの銘柄は「光」である。

若杉寛(わかすぎひろし)

土居組若頭 梅宮辰夫

画像:goo.gl/kIAQjz

「こいつは右腕じゃ〜!」

敵対する愚連隊の腕を二人連続で切り落とす凄まじい殺気、「悪魔のキューピー」の異名はこの時の物である。この腕切りのエピソードは実話である。一人目を切り落とした後、実は二人目は、腕を切り落とされた親分を助ける為に逃げずに踏みとどまった男なのだ。逃げろと目配せするが、逃げなかった為、腕を切り落としたと言うのが本当の話である。

「盃が無いけん、これで腕切って血すすろうや」

仁義なき戦いの名シーン。広能と兄貴分の若杉が刑務所の中で兄弟分の契りを交わすシーンであるが、本来は盃を交わすのだが、刑務所の中である為、お互いの腕をカミソリで切って、相手の血を飲むという儀式を行った。このエピソードも実話である。

「わしゃ〜これから腹切るけんの〜、こんな後でち〜っと手伝うてくれや」

刑務所の中で若杉が広能に言った言葉。腹を切ると言うのは、当時の刑務所はどこも満員で、病気や怪我をした場合、今と違って、治療や傷の手当てをする施設もなかった為、保釈していた。若杉は、刑務所を保釈で出る為に自分の腹を日本カミソリで切ったのである。このエピソードは若杉のモデルの大西が行った事である。

槙原政吉(まきはらまさきち)

山守組組員 田中邦衛

画像:goo.gl/05sVKH

「あぉ〜、やめとけ、やめとけ、一生不自由するどぉ〜」

広能が指を詰めると言いだした時に止める槙原。後に犬猿の仲になるのだが、山守組黎明期は皆んな仲が良かったのだ。広能の事を心配して、やめとけと言う優しい一面をを見せた貴重なセリフである。

「わしゃ、死ぬゆうて問題じゃないが、女房がのぉ、腹に子がおって、これからの事思うとったら、・・可哀想で、可哀想で!・・うわ、はぁ、はぁ〜あああ」(泣きじゃくる)

商売の邪魔を敵対する土居組にされている事を皆んなに相談する山守、ここにいる皆んなで土居組に殴り込みを掛けようという事になったのだが、卑怯なキャラの槙原が体を賭けるはずもなく、泣いてそのまま、帰って行き危機を回避したのだ。

「はははははは・・ワシの事はおやっさんがよー知っていおんなら」

山守が坂井に失脚させられて、強制的にヤクザを引退させられたのだが、坂井に付いていたと思われていた、槙原が実は裏で山守と繋がっていた事が分かった時に広能に対して言った言葉。二枚舌の卑怯な男、槙原のどや!と言わんばかりのセリフ。

山守義雄(やまもりよしお)

山守組組長 金子信雄

画像:goo.gl/i4VTJI

「すまん・・わしゃなぁ・・・(泣きながら)あんたいう人間を初めて知った・・寛(ひろ)ちゃん〜今後ともな〜ワシのネキにおって力になっといてくれのぉ・・」

土居組の襲撃を阻止した若杉に対して泣きながら言った山守のセリフである。ネキというのは、関西の言葉で近くとかすぐ横とかという意味だ。広島弁ではない関西弁である。モデルとされる人物がその昔関西の造船所に勤めていた事から、このネキが使われているのではないか?と勝手に私は推測している。

「ワシを男にしてくれ〜その代わりな、お前が無期間20年くらいの刑で帰ってこれたら、その時はな〜ワシの全財産をお前にくれちゃる」

敵対する土居組の組長を殺害する為に、広能がヒットマンを買って出た時に広能に言った山守のセリフ、この時も泣きながら広能の手を握っての泣き落とし作戦である。当然山守の事だから、全財産を渡すという約束は果たされる事はなかった。

最後に

おいおい、何でその言葉が名ゼリフなんだよ〜!あれが抜けてるぜ!なんてお叱りの声が聞こえて来そうですが、改めて仁義なき戦いを見直して見ると、名ゼリフのオンパレードで、まだまだたくさんある事は承知しています。また別の機会に取り上げたいと思います。好評をいただきましたら、第二作目の広島死闘編をお送りしたいと思います。

それではまた!

関連記事:伝説のヤクザ、悲劇の結末を迎えた3人の男、壮絶な最期とは?

関連記事:昭和の有名ヤクザ、アウトローこの5人が凄過ぎ!伝説の男達の激烈な人生

関連記事:大西政寛、悪魔のキューピー伝説、映画にも登場する最狂アウトロー

関連記事:山中のモデル山上光治仁義なき戦い広島死闘篇の伝説の殺人鬼について


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク