バルタン星人のモデルは何?バルタンって何やねん!

バルタン星人とはウルトラマンに登場する宇宙人です。初登場はウルトラマンの第2話「侵略者を打て」という話で登場する。以来ウルトラマンのシリーズに何度も登場した人気宇宙人でその独特の見た目で、ウルトラマンの作品以外にも、登場する事が多い。

このバルタン星人の人気の秘密はその独特な見た目ではないでしょうか?大きなハサミに昆虫の様な離れた目、一目見て、これぞ宇宙人という感じです。このバルタン星人のモデルってなんなんでしょう?今日はバルタン星人についてお伝えします。

スポンサーリンク

バルタン星人のモデルって何?

バルタン星人はウルトラQに登場したセミ人間の着ぐるみを改造した物だそうです。これはウルトラマンのデザイナー成田亨が、ウルトラマンの監督で脚本を担当した飯島敏宏から、セミ人間にハサミを付けてくれと依頼されたと言っています。

ハサミはアメリカザリガニをモチーフそうです。したがってバルタン星人はゼミ人間のセミとアメリカザリガニが元になっているという事になります。

画像:goo.gl/RRpZXC

バルタン星人の名前の由来

バルタン星人のバルタンって一体何なのか?ハサミの中にバルカン砲でも仕込んであるのか?・・いや違います。これには二つの説があります。一つはバルカン半島から取ったもの、もう一つは当時の人気歌手シルヴィ・ヴァルタンから取ったという説があるのですが、バルカン半島が正解の様です。

バルカン半島とは、ヨーロッパの火薬庫と呼ばれ、戦争の絶えない地域でした。実はバルタン星人が地球にやってきたのも、自分が住んでいた星が、核実験により滅亡してしまったので、帰るところがなく、難民状態になったバルタン星人が、たまたま地球に立ち寄った事からウルトラマンと戦いになるという背景があります。

バルタン星人を大量虐殺したウルトラマン

先ほどもありましたが、バルタン星人は他の宇宙人と違って、地球を侵略する目的で地球にやってきたわけではありません。たまたま、故障した宇宙船を修理するために地球に立ち寄ったのだ。実はバルタン星人は旅行中だった。

そのバルタン星人の数は何と20億3000万人、バルタン星人は体をミクロ化し一台の宇宙船で旅行していた。バルタン星人の故郷バルタン星では、核実験により住めなくなっていた為、故郷に帰る事ができず、さまよっていたのだ。ウルトラマンと戦ったのは、その内の一人という事になる。

バルタン星人を倒したウルトラマンは、空中に潜んでいる円盤を発見する。それは、20億のバルタン星人が中にいる宇宙船である。ウルトラマンはその円盤を宇宙空間に運び、そのままスペシュウム光線で破壊したのだ。バルタン星人からすれば、「なにしとんじゃ〜!」と言いたくなるウルトラマンの攻撃である。いくら地球を守るのが仕事と言っても、20億のバルタン星人を皆殺しである。その後、地球にやってくるバルタン星人はその生き残りだそうです。

最後に

バルタン星人のモデルはセミとアメリカザリガニ。地球にやってきたのは、旅行中の宇宙船の修理の為やってきた。そして、20億3000万人のバルタン星人が乗っている宇宙船をスペシュウム光線で破壊され、大量に殺されたというのが、今回のポイントです。地球を守る使命があるウルトラマンとしては、まとまって宇宙船にいるのであれば、宇宙船ごと破壊して皆殺しにする方が効率はいいですが、やられたバルタン星人にとっては、たまったもんじゃありませんね。

関連記事:ゼットンの初代と二代目を比較、強いのはどっちだ!ウルトラマンもやられた強さは伝説

関連記事:ゴモラ、大阪城を破壊したウルトラマンの怪獣がかっこいい!実はゴモラザウルスという恐竜

関連記事:ウルトラマンの身長って何メートル?何故3分しか戦えないのか?知らずに見ていた


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク