映画「おくりびと」 感想、キャスト

映画おくりびとは本木雅弘が納棺師という普段ふれることの無い職業の男を演じ、大変話題となった作品である。今日はこの映画おくりびとの感想を送っていただいたので、その感想やキャストなどを紹介したいと思います。

映画「おくりびと」

公開時期  2008年

キャスト  本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 峰岸徹

2015y04m15d_231839010

スポンサーリンク

感想

私が大好きな映画の一つに「おくりびと」があります。

この映画の宣伝をテレビで観たときには、

葬儀や死にまつわるなんだか重そうな映画だと思いました。

し かし、友達に勧められて映画館に行きました。

主人公がひょんなことから納棺師へと転職し、

いろんな遺族との出会いの中で、死をどうとらえていくのかを自分 なりに考えさせられる映画でした。
私と同じように納棺師という仕事を全く知らなかった人は多いとおもいます。

この映画を通じて納棺師になりたいという希望者が増えたそうです。
映画の内容は、

死をテーマとした暗く重いイメージのとは全く違って大きな声で笑う場面はありませんが、

くすっと笑える面白い場面がちょこちょこと出てきます。
納棺師の仕事としては、無くなった方に対して敬意をはらいながら、

天国へ向けての出発の準備をお手伝いします。ご遺体を拭いたり、お化粧をして、場合によっては生前着ていた服装に着替えて身だしなみを整えます。
作品の見どころは、遺族と亡くなった方のやりとりにあると思います。

葬儀には生前の付き合いのあった人たちが参列します。

遺族の中にも亡くなった方との距 離が近くて泣き崩れてしまったり、

距離が遠すぎてまるで他人事のような態度をとるような人など様々な人間模様が見えます。

納棺師という立場から、

遺族の 様々な要望にできるだけ添えるように心がけながら天国へと送り出すことが納棺師の役目です。

映画の中で自分が納棺師になった気分で、

自分ならどうするかを 考えて主人公の役に入り切ってしまっている自分に驚かされました。

自分ならどう送り出されたいかを考えさせられます。

主人公が葛藤しながら自分なりの納棺 師のスタイルを手探りで徐々に見つけ出し成長していく姿にとても感動します。

私の身内の葬儀でも納棺師に頼んだことがありました。

その場面に立ち会うと、 納棺師の計算しつくされた動きとやわらかな手の動きに圧倒されました。

神聖な領域に踏み込んだような静かな時を過ごしました。

心から感謝の気持ちになりま した。

納棺師に旅支度をしてもらい、

これから遺体が神聖な場所へと身を清めて出発するのだと区切りのできる思いがしました。

映画の中でも、神聖な雰囲気の 伝わるシーンが何度か出てきました。

そんなシーンが頭に残って、

死について私なりにもっと深く考えるようになりました。

この映画は、

老若男女を問わず幅広 い年齢層に見てほしいと思います。

重苦しく考えがちになる死のテーマを、

すこし笑いを含めながら語り合えるので、これからの後世に伝えたい映画です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする