「南極料理人」堺雅人の映画、ロケ地、キャスト、感想

映画「南極料理人」のロケ地やキャスト、感想を書きます。

南極料理人

監督・脚本:沖田修一

2009年公開

キャスト:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、他

ロケ地:北海道網走市

スポンサーリンク

南極料理人の感想

2015y04m18d_201503377

 

笑える、おじさんたちの飯テロ映画です。
南極観測隊として派遣された8人のおじさん(お兄さん)達が、

白く閉ざされた不自由な生活の中で、目一杯美味しいものを食べているのが見どころ。
主人公の海上自衛官調理員の西村(堺雅人)は、

家では奥様の料理の味にいちゃもんをつけ、

ぐーたら寝てるパパさん。家族からは煙たがられています。

1年間 の南極派遣を(半ば無理やり)任命されましたが、

家族と離れて悲しいパパと、

平気な家族との温度差がコミカルでした(途中途中家族愛は出てきますが)。
そんな西村がプロとして腕を振るうちょっと、

いやかなりいい食材の数々。

しかしその高級さが最大限生かされているのに、

比例しないおじさんたちの反応が微 笑ましいです。

伊勢海老が見つかったんだけど?

と西村が作業中に声をかければ、

おじさんたちは「エビフライだろ」「エビフライだな」「もう心はエビフライ に決まってるんだよ」と、

刺身などを提案するも一蹴。

その結果出来上がった極太一本エビフライ(エビのお頭飾りに添えて)に、

一同沈黙して全員揃った動き で邪魔なお頭をどかし、

無言で食事を始めました。

まさにシュール。西村のニヤリ笑いが笑いを誘います。
かと思えばおじさんたちが一番執念を燃やした食材、ラーメン。

インスラントラーメンを夜な夜なつまみ食いするおじさんたちですが、

気圧の関係で水の沸点が 変化し、

ラーメンの芯が残ると切なそうに訴えます(つまみ食いが見つかっている最中なのに)。

そのラーメンはつまみ食いしすぎたせいで底をつき、

代わりに ある日食卓に登場したのが大量の蟹。

西村がはさみをかにかにしながら「ラーメンはありませんが蟹ならあります」と告げた時の、

一同の悲しそうな表情。対象 はラーメンです。しかも自分で食べてしまった末になくなったラーメン。

その後ラーメンを再現出来た時の皆の幸せそうな空気が、静かに燃やしていた周年の深 さを感じます。

発生した巨大なオーロラも観測しないでラーメンを食べていました。
生命に関わるような手に汗握る事件はありません(何故か何回か裸で外に出たがるけど)。

けれど食に興味のない研究肌の仲間の、

誕生祝いを何とかしようと奮 闘していたり(塊肉を火だるまにしてローストビーフを作った)、

南極にいる事ですれ違ってしまったお兄さんの、恋人との別れから生まれた小さな別の恋が あったり。

心があたたまるエピソードも収まっています。
人間、美味しいものを食べてれば毎日が何とかなる。

南極で美味しいものをたくさん食べて働いていたおじさんを見ていたら、

ほんわかと元気の出てきた映画でした。

南極料理人の食事のシーンがYouTubeにアップされていました。

南極料理人の食事のシーンYouTube動画

おすすめ記事:秋葉原無差別殺傷事件モチーフの映画「ぼっちゃん」加藤智大は死刑が確定

おすすめ記事:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(ネタバレ)山岳ベース事件での総括の様子とは

おすすめ記事:そして父になるの感想ブログ、福山雅治、リリーフランキー!!

おすすめ記事:冷たい熱帯魚は実話、死刑執行されたのか?でんでんの演技がトラウマ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする