ブヨブヨの腹の贅肉(ぜいにく)を無くして、細マッチョ体質になる方法

とにかく私は太りやすい体質だと思う。結構食事には気を使っているのだが、腹の贅肉が一向に無くならない。太っていたら、みっともないと思って、ダイエットをしてみるものの、中々継続する事が難しい。一時的に痩せて、少しは細くなるのだが、暫くするとリバウンドして、また太ってしまうのだ。特に腹に付いた贅肉と顔に付いた贅肉を何とかして取りたいと思うのだが、いつも私の腹には余計な贅肉が波打っているのだ。

しかし、今回余計な贅肉を身体から排除して、筋肉質のカッコいい身体になってやる!と決意した。それは何故か?

余りにも、太っている事にデメリットがあるからである。今回は私が贅肉を落として、痩せマッチョになる決意をした理由と、痩せマッチョになる方法を紹介する。

贅肉(ぜいにく)の付いた身体のデメリット

見た目がかっこ悪い

貴方は自分の全身を鏡で写して、毎日見ているだろうか?自分自身を客観的に第三者の目線で見るなんて事は中々機会がないのではないでしょうか?私は今回大変なショックを受けたのだ。今回、たまたま洋服を買いに行った時に、鏡に映る自分の全身を見た。余りにも自分の体型の醜さにショックを受けたのだ。

「な、何やこのデブ!」「ブサイク過ぎる・・・・!」

自分が見て、これだけ醜いのだから、他人が見たらさぞかし醜い事だろう。存在そのものが、他人を不快にしている恐れがあるのだ。

異性にモテない

私はオッサンであるが、独身である。結婚を諦めたわけではない。幾ら人間、見た目も大事だが、中身も大事と言っても、やはり第一印象は人の出会いには、重要である。良い第一印象と悪い第一印象では、その後の発展に大きな影響を与える事は紛れもない事実である。あの人見た目は悪いが、中身はいい人という人間より、あの人見た目もいいけど、中身もいい人の方がモテるのは確実である。

そもそも健康に悪い

最新、歳を重ねて、しみじみ健康のありがたさが分かる様になってきた。腹に贅肉が付いたメタボな体質、これは健康に悪いのは間違いがない。中でも私が怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞などの、血液に対する病気へのリスクだ。突然胸が苦しくなって、苦しみながら死んでしまう、心筋梗塞。また、脳に血液が送られなくなって、血管が詰まって半身不随(はんしんふずい)、又は言語障害(げんごしょうがい)、最悪命を落とす事もある脳梗塞。たまに胸が痛くなる時があるのだが、その度に、ドキッつ!としてしまうのだ。

多少のダイエットでは細マッチョは無理

私は半年かけて体重を13キロ落とした事がある。食事制限と運動をミックスさせて体重を落とした。しかし、数年経った今ではすっかり体重は元に戻ってしまった。リバウンドしたのだ。考えてみたら当然である。カロリーを意識した食事、また運動をして脂肪を燃焼する。そんな努力を何年も続けるなんて不可能である。体重を落とすという目的があって、半年間だったから我慢できたのである。体重を落とすという目標を達成してしまった後は、何を目標に節制を続ければいいと言うのだ?

太りやす体質を変える事は出来るか?

いくら食べても太らない人がいる。太らない体質というやつだ。羨ましい限りだ!私は全く逆である。食べれば、食べる程、どんどん太って行くのだ。この体質を変える事は出来ないのだろうか?と思って調べてみたが、残念ながら自分の体質を変える事は出来ない様だ。結局何をやっても無駄なのか?と諦めかけていた時に知ったのが、酵素だ。

酵素で太りにくい体質に

最近ダイエットで検索しているとよく聞くのが、酵素という言葉だ。何がいいのかは分からなかったのだが、酵素ダイエットという物があって、とにかくこれで痩せたという人が多いのだ。細かい解説は省きますが、体内には食べ物を消化する働きの酵素と脂肪を燃焼する酵素があって、太りやすい体質の人はこの酵素が不足している状態なので、これを補う為にサプリで酵素を取ればいいのだ。かつて、脂肪の燃焼を高める為に筋トレに励んだものだが、忙しい毎日の中そうそう筋トレばかりやってられないという事で、酵素ダイエットをしてみる事にした。

ダイエットして醜くなる?

実は前回ダイエットで13キロ痩せたという話をしましたが、デメリットもありました。それは、歳をとって痩せると貧相(ひんそう)になるのだ。顔にシワが増え、痩せて栄養が無いからなのか貧乏臭くなるのだ。今回それだけは避けたいと思い、ダイエットしながら、しっかりと栄養もキープしていく必要を感じています。リサーチの結果、口コミ、売り上げで一位だった。生酵素をしばらく試してみようと思います。

生酵素の情報を楽天で見る


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする