おひょいさん(藤村俊二)の経営するバーの話

おひょいさん(藤村俊二)は、確かワインバーを経営していると聞いた事がある。

今日はおひょいさんのワインバーの事を書きたいと思います。

2015y02m04d_004535745

ところで、

最近テレビで見かける事がなくなった藤村俊二さんだが、

まだ生きているみたいなので、ご安心下さい。

そんな、藤村俊二さんが経営するワインバーの名前は、

「Ohyois」(オヒョイズ)という。

「Ohyois」(オヒョイズ)は、

東京都南青山4-1-15アルティカベルテプラザの地下1Fにあった。

予算は大体10000円から15000円といったところだった。

過去形という事は、現在は営業しておりません。

実は2010年の12月7日に閉店している。

14年間そのお店は続いたという。

美味しい料理と、ワインのお店で、実際に藤村俊二も店に出る事もあっそうだ。

現在お店は存在しないが、当時のブログがまだ削除されずに残っています。

藤村俊二のワインバー「Ohyois」のブログ

14年という月日は結構重みがある。

短くない月日だ。

有名人が飲食店を経営する例は結構多い。

潰れるのも早い時は早いと聞くが、この「Ohyois」は14年も存続していたのだから、

結構人気店だったのではないでしょうか?

どんな感じの店だったのか。

当時この店にいった事のある人の証言を集めたいと思う。

閉店間際の2010年11月にこの店に行った人の感想を書く。

2008年前後から、以前はよくお店に来ているお客のテーブルに、

挨拶して回る、おひょいさんの姿が見られたが、最近でめっきり見なくなった。

一時期と比べて客が少ない。

ワインは原価と比べて高いのは間違いが無い。

こんな口コミが当時の口コミサイトに書き込まれていました。

この口コミから分かるのは、おひょいさんは余りお店に来ないという事と、

高いという事ですね。

やはり芸能人が経営するお店、芸能人に会えるというのも付加価値だったみたいですね。

しかし、このお店の後期は藤村俊二さんが顔を出す事が減り、

従業員の人が頑張っていたみたいですね。

しかし、このお店は安い店ではないので、お客さんが減ったというのが、

やはり原因の様ですね。

儲かっているんなら、閉めるわけはないですね?

どうなんでしょうか?

この店の口コミを色々見ましたが、共通しているのは、

スタッフの接客が素晴らしい事が上げられます。

これは、どのお客さんも共通した意見の様です。

残念ポイントは、やはり藤村俊二に会えないでした。

やはり、藤村俊二の店という事で、誰でも藤村俊二に会えるんじゃないか?

と思って期待して店を訪れるわけですが、肝心の藤村俊二がいないいのだから、

どうせ藤村俊二いないんだし、あそこは辞めとこうとなるのかもしれませんね。

このお店は南青山の高そうな場所にある為、結構家賃もたかかったと思う。

やはり、維持費は相当な金額だったんじゃなかろうか?と思います。

スポンサーリンク

「Ohyois」が閉店した2010年とはどんな年?

2010年にとはどんな年だったのだろうか?

調べてみました。

この年のドラマ視聴率のベスト3は、

1位が福山雅治が主役を演じた「龍馬伝」

2位が「ゲゲゲの女房」

これ見た事ないのだけれど、面白いんでしょうか?

そして、3位が「月の恋人~Moon Lovers~」だ。

この月の恋人ってドラマ知ってますか?

このドラマは木村拓哉が10年振りにラブストーリーに復帰したと、

話題になったドラマです。

第一位の龍馬伝でなんとなく思い出した方もいるのかもしれません。

この年のヒット商品は、

第1位 スマートフォン

第2位 Twitter

第3位 食べるラー油

こんな感じです、今日は眠いんで、また明日書きます。

ではまた!

おすすめ記事:吉高由里子蛇にピアスあらすじや相手役、舌ピアスは本物か?感想も紹介

おすすめ記事:宮沢りえのサンタフェはなぜ作成された?その経済効果と貴乃花との破局の真相

おすすめ記事:いしだ壱成、香取慎吾、反町隆史、浜崎あゆみ、の未成年のあらすじと、いしだ壱成について

おすすめ記事:山口智子のあの事件を振り返る、犯人は捕まったのか?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク