田中邦衛は生きてる?どの作品が一番好きですか?

田中邦衛は今どうしているのだろうか?最近テレビに出ないので心配になって調べてみた。田中邦衛と言えば数々のドラマや映画に出ているので、皆さんが見た作品はそれぞれ違うと思います。例えば、よくテレビでお笑いの人がパロディーでモノマネしている「北の国から」という作品は私は見た事がない。

熱心なファンの人からすれば、えっ!「北の国から」を見ずして、田中邦衛は語れないでしょ!と語気を強めて怒られるかもしれませんが、私は田中邦衛と言えば仁義なき戦いの槇原政吉なのだ。

北の国からを見なくても、田中邦衛の良さは分かるぜ!という感じなのだ。

という事で今日は田中邦衛の事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

田中邦衛は生きている?

結論からいいますと田中邦衛は生きています。田中邦衛は現在老人ホームに入っていて、リハビリ中です。体調があまりよくなくて、仕事が来ても断っていた様ですが、体調がもどれば役者としてもう一度演技をしたいという事で、引退という言葉をさけている様です。

田中邦衛が老人ホーム、なんだか、寂しい、もう一度田中邦衛の演技が見たいと思っている人も多いと思います。

ここで、田中邦衛のプロフィールを紹介しましょう。

田中邦衛プロフィール

田中邦衛(本名)

1932年11月23日生まれの84歳

血液型o型

昭和32年今井正監督の映画「純愛物語」でデビュー。加山雄三主演の若大将シリーズの適役、青大将役や、「北の国から」シリーズの主人公五郎を演じ国民的人気俳優になる。そのほか、高倉健主演の網走番外地や、菅原文太主演の仁義なき戦いにも出演して、存在感を発揮。

公の場に出て来たのは、2012年多くの作品で共演した地井武男を葬儀の時、地井武男のお別れの会の発起人に名を連ねていた。祭壇の前で亡き地井武男に語りかけていた模様がテレビで放送され、その様子が放送されたが、それ以来公の場には出ていない。

スポンサーリンク

田中邦衛といえば仁義なき戦い

これは人によって違うと思うが、私の場合は田中邦衛といえば、仁義なき戦いだ。田中邦衛の役どころは親分(金子信雄)の腰巾着みたいな子分の役だ。

その男槇原政吉という。

槇原政吉

終戦後、山守組の組員となる、山守組は、戦後の新興勢力の為、組の中での主導権争いが激しい。親分の山守でさえ、いつ子分に寝首を搔かれるか分からない。やがて、幹部の組員達は、自分の勢力を拡大する為に、殺しあう様になる。周りは権力争いで殺しあうなか、権力争いには加わらず、親分の忠実なしもべとして、組みに尽くす(?)

やがて、ライバル達が殺しあい死んでいくなか、生き残った槇原は組の幹部となる。

力はないが、最も安全な親分の陰で銃弾をかわして生き残る。

出典:goo.gl/0sBSM8

このおっさん、とにかくセコイ。自分の保身のためなら親分の水虫に薬を塗ってふーふーする。

強面の強烈なヤクザばかりの中で、ギャグを担当する。

仁義なき戦いは実際にあった広島で起こったヤクザの抗争である。

出て来る人は、みんな伝説のヤクザを演じているので、基本的に親分の金子信雄以外怖いのだが、この田中邦衛が演じた槇原政吉だけは、ギャグだ。

例えば、仁義なき戦い第1作では、敵対するヤクザ組織から縄張りを荒らされる。これは、困った、そうだ、皆んなで今から、殴り込みをかけようか!と盛り上がっていると、

「わしゃ、死ぬゆうて問題じゃないが、女房の腹に子がおっての・・、これからの事思うとったら、かわいそうで、かわいそうで・・うわ〜ぁぁ、はぁ〜、はぁ〜〜あああ!」と、これまた懐かしい野々村議員の様に泣きじゃくる。

この槇原は第1作から登場して、第3作、第4作、そして完結編まで登場する。

ほとんどのキャラクターが抗争事件で死んでいくのに、何故かこの槇原は最後の完結編まで生き残っているからおかしい。

まだ、この仁義なき戦いをみていない人がいたら、面白いので、ぜひ見ていただければと思います。

と、この様に田中邦衛の演技は、好きな人なら誰でも語りたくなる様な場面があるのではないでしょうか。素晴らしい役者だったんだなぁと思いました。

では、また!

関連記事

関連記事:仁義なき戦いの名セリフ、キャラクター別に紹介するよ〜第1作目より

関連記事:山中のモデル山上光治仁義なき戦い広島死闘篇の伝説の殺人鬼について

関連記事:仁義なき戦い広島死闘篇の名言とあらすじ。大友勝利のキャラは最強

関連記事:サモハンキンポーの現在、今何してるの?ジャッキーと殴り合いの過去


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする