力石徹、過酷な減量が死因?力石の葬儀の真相とそのモデル

あしたのジョーの登場人物の中でやはり力石徹が一番人気なのではないでしょうか?

ジョーより大柄な力石は壮絶な減量を行い、ジョーと戦う。

試合でジョーを倒したものの、その後試合後のリングの上で倒れ、

そのまま死んでしまう。

今日は大好きだった「あしたのジョー」の力石徹について書きたいと思う。

2015y02m05d_112426385

力石徹の死因

力石はジョーと戦う為、減量をしてガリガリに痩せた状態で戦ったのは、有名なはなしだが。

元々力石の体重って何キロだったのだろうか。

という事で調べてみると、力石徹がデビューしたのが、ウェルター級6回戦だから、

ウェルター級は66キロである。

矢吹ジョーは、バンタム級53キロだから、13キロ減量した事になる。

よくテレビでデブがダイエットをして僅か数か月で15キロ痩せましたとかやっているが、

そういう減量とはちょいとわけが違う。

元々ボクサーは自分が戦う階級より体重が重い、それを絞り込んでその階級で戦うのだ。

最近のテレビで見たのが、ボクサーのロンドン五輪金メダルの村田諒太は、ボクシングの試合は、

軽量から30時間後位に試合が行われる為に、軽量さえパスすればその後、太っても大丈夫な為、

飲み食いして、その30時間の間に10キロ近く太る事があるという話をしていた。

なので、力石徹のバンタム級も減量して体を絞ってベストで戦える階級が、

66キロなのである。

そこから、更に13キロ軽い階級まで下りて来るのだから、驚異的な減量で有る事は、

間違いが無い。

さて、力石徹が激闘の末、矢吹ジョーをリングに沈め、

試合後のジョーとの握手の時、力石は倒れそのまま死んでしまったが、

その死因はなんだったのか?

あしたのジョーでは、このように語られている。

殺人的な減量に加えて、第六ラウンドにテンプル(コメカミ)に受けた強烈なパンチ、

そして、ダウンの時後頭部をロープで強打した事による脳出血。

それらが、重なり合って力石徹は死んでしまったのだ。

2015y02m05d_103922354

力石徹の葬儀

漫画のキャラクターが死んで、その葬儀が行われたのは、

力石徹が初めてではないだろうか?

と言ってもそれ以外の例では北斗の拳のラオウとその他1件あったそうですが・・

この力石徹の葬儀の模様がYouTubeにアップされていたので紹介しよう。

当時の新聞によると、主催したのは、劇作家の寺山修司。

なんでも、寺山氏が主催する劇団でもあしたのジョーは読まれていて、

力石徹が死んだ事にショックを受けた劇団員がいて、

そのうち、力石徹の葬儀をやろうと劇団員から声があがり、

マスコミに案内状が届いたという話だ。

行われた場所は講談社で、一般人に加えて作者のちばてつやや、

梶原一騎も出席した。

となっておりますが、どうやらこれは、あしたのジョーのアニメの宣伝だったという説があります。

というのも、この葬儀が行われた、

1970年の3月24日のすぐ後の1970年4月1日からアニメがスタートしている。

そして、この葬儀で使われた力石徹の写真はアニメの力石徹だったそうです。

昔の日本人は人がいいからすっかり乗せられた感じですね。

スポンサーリンク

力石徹のモデル

力石徹のモデルは元極真空手の初代全日本チャンピオンの、

山崎照朝さんだ。

この人は極真の龍あるいは天才などと呼ばれる人で、

あしたのジョーの原作者の梶原一騎の別の作品の「空手バカ一代」にも登場する。

この山崎照朝さんの何処をモデルにしたのかは謎なのだが、この山崎照朝さんは、

極真史上最も華麗な技の使い手と言われ、山崎照朝の回し蹴りは必殺の破壊力と言われている。

2015y02m05d_111545202

画像引用:http://img.blogs.

masoyama.net/20120826

_2351905.jpg

写真中央の方が極真会館の第1回のチャンピオンの山崎照朝さん。

力石徹のモデルと言われている。

この山崎照朝さんは当然だがとにかく強い、そして格闘技に対してストイック、

こんな所が力石徹を作る上で参考になったのかもしれない。

今日はこの辺で!

おすすめ記事:昔のアニメおすすめ厳選9選をじっくりと語る。確実にハマる事間違いなしです

おすすめ記事:ファーストガンダム名シーンはこれだ!ベスト5を発表

おすすめ記事:シティーハンター 冴羽獠がかっこいい、声優はやっぱりこの人


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする