EメールとはiPhoneやパソコンの場合どれ?最後まで読めばIT知識が倍増します

iPhoneを買いました!とかパソコンを今回初めて買いましたという人は多い。そんな中で初心者が一番最初に困ってしまう事が多いのが、Eメールについてだ。

Eメールとはそもそも何?という事や、iPhoneを買って設定をやってもらったけど、iCloudのメールや、ezweb、docomo、softbank、の様なキャリアの名前のついたメールアドレスもあって、実際の自分のEメールってなんなの?と混乱している人が実は多い。

実は全部Eメールなんです。

??・・どういう事?という人の為に今日はメールの知識が倍増する記事を用意しました。

Eメールとは何なのか?からEメールの種類、使い分けの仕方までを解説します。初心者の方はこの文章を最後まで読む事により、Eメールについての疑問が解消され、IT知識が倍増されるでしょう。では、さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

Eメールとは?

Eメールとは、電子メールの事です。Electric mailの略がEメールです。このEメールはインターネット黎明期からある通信の手段で文字、写真などを相手に送って手紙の様にやりとりができるのです。相手にメールを送る事をメールを送信する。またその逆にメールが送られてくる事をメールを受信するという。

Eメールで送れるもの

Eメールで送れるものは、文章、写真、動画です。また文章の中にインターネットのURLのリンクを入れておくと、受け取った人がそのリンクをクリックすると、ネット上にあるものを見て貰う事もできる。

Eメールをするのに必要なもの

Eメールをするのに必ず必要になってくるのが、Eメールアドレスです。このアドレスがないとEメールをする事ができません。このEメールアドレスはインターネット上のあなたの住所という事になります。手紙を送るのに相手の住所を書くと思います、これと同じ役割を持っているのです。

Eメールの種類

Eメールにはいくつかの種類があります。

インターネットプロバイダーから割り当てられたEメールアドレス

これは、家のパソコンでインターネットをしている方ならプロバイダーとの契約をしていると思います。そのプロバイダーからEメールをする為に必要なEメールアドレスが割り当てられていると思います。

@nifty.comとか、@ocn.ne.jpとかのアドレスです。このアットマーク以下のアドレスは契約しているインターネットプロバイダーによってそれぞれ違います。

携帯会社から割り当てられたEメールアドレス

docomoの場合はdocomo.ne.jpのアドレス、auならezweb.ne.jpのアドレス。ソフトバンクなら、i.softbank.jpのアドレスです。これは、契約している携帯会社によってアドレスが違います。

Apple製品を買ったら使えるメールアドレス

icloud.comのアドレスは、Apple製品を買うと、iPhoneやiPad、iPod touch、MacなどからiCloudのメールアドレスを無料で作る事が出来ます。このiCloudのメールアドレスは、メールだけではなく、Appleの様々なサービスを利用する為に必要になるものなので、iPhoneを買った時に、携帯ショップで親切で作ってくれる場合があります。

しかし、本来は自分で作成するものです。よく分からないが、携帯ショップで作ってくれるといういうから、作ってもらったという人も結構多いです。このアドレスがどの様な意味を持つアドレスなのかを知らない人が結構多いのです。

無料で作れるフリーメール

さて、最後になりますが、フリーメールというものです。これは、Google(グーグル)が提供するGmail(ジーメール)とかYahoo!が提供するYahoo!メールの事です。

Gmailは@gmail.com、Yahoo!メールは@yahoo.co.jpというアドレスになります。このアドレスはGoogleやYahoo!のホームページからアカウントを作成すれば、誰でも簡単にアドレスを取得する事が出来ます。

自分のEメールはどれなのか?

さて、最初の質問に戻るのですが、自分のEメールはどれなのか?先ほど説明したEメールアドレスを全種類持っていれば全部自分のEメールという事になりす。Eメールは複数持つ事が出来るのです。

パソコンでプロバイダーに申し込めばEメールアドレスを貰えますし、スマホを買えば、スマホ用のEメールアドレスを貰えるし、Apple製品を買えば、iCloudのアドレスを貰えるしと、個人が何個も貰う事が出来る。それがEメールなのです。

Eメールを使い分けよう

複数持つ事が出来るEメールアドレス、そんなたくさん持ってても意味ないじゃん!結局メールを送るんでしょ!なんて思っている方もいるのではないでしょうか?まあ、ぶっちゃけそのとおりなのだが、せっかく複数あるだから、利用用途に応じて使い分けるのが賢い使い方だ。

何故使い分ける必要があるかと言えば、一番は迷惑メールだ。例えば、インターネット上で何か懸賞に応募するとか、メルマガに登録するとか、何かサービスに申し込むのであれば、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールが便利だ。

何故かというと、フリーメールは、何個でも好きなだけ、Eメールアドレスを作る事が出来る、したがって、迷惑メールがたくさん来て、このアドレスいらないと思ったら、また新しいアドレスを作って、今のアドレスは捨ててしまえばいいだけだ。

なので、Eメールアドレスも個人情報である。この個人情報を教えたくないという場合は、Gmailなどで、あらかじめフリーメールを1つ作っておいて、そのアドレスを登録しておけばいいのだ。

パソコンのメールや携帯のメールを教えてしまうと、そこに迷惑メールが届く様になってしまうのだ。携帯やパソコンのアドレスを変更するのは結構大変だ。なので、フリーメールは有効に活用しましょう。

信用出来る相手やサービスは、携帯やパソコンのEメールアドレス、なんだかよく分からない相手やサービスには、フリーメールを教える様にしておけばいいでしょう。

iCloudはAppleのサービスを使う時だけに使う様にしましょう。iCloudのアドレスを狙ったスパムメール(詐欺メール)の標的になる危険性もあるので、iCloudのメールはあくまでもAppleのサービスにログインする為だけに使うという様に使い分けをしておけばトラブルも少ないです。

では、今日はこれくらいにしておきましょう。

関連記事

関連記事:Eメールのアカウントの設定をiPhoneやiPadにする方法

関連記事:インターネット初心者が知っておくべき事、Wi-Fi、メール編

関連記事:Eメールアドレスの作り方を解説、スマホ、iPad、PSP、メールがあれば何でも出来る


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする