横浜市金沢区にある海の公園、潮干狩りのおすすめはこれだ!関東(神奈川、千葉)

潮干狩りの季節になって来ました。関東のおすすめスポットを紹介したいと思います。

今回は神奈川県と千葉県の潮干狩りスポットを紹介します。

3人の方に関東の潮干狩りスポットについて聞いてきました。

参考にしていただければと思います。

2015y04m28d_124614350

神奈川県横浜市金沢区にある海の公園

(口コミ1)

私の潮干狩りおすすめスポットは神奈川県横浜市金沢区にある海の公園です。

都心からも近く、八景島シーパラダイスのすぐそばにあります。こちらへのアクセ スは、

電車なら京急線の金沢八景駅、

あるいはJR根岸線の新杉田駅からシーサイドラインに乗り換えて、

海の公園南口駅か海の公園柴口駅で下車するのが便利 です。

車なら首都高速湾岸線の幸浦I.Cで降りて、

国道357号線を八景島方面に走ると海の公園の行き先板が出てきますので、

そちらを利用するのがよいと 思います。
この海の公園、毎年、ゴールデンウィークになると近くの道路は大渋滞し、

あさりを目当てに家族連れで本当に大賑わい、

というよりはまるで芋洗い状態になる と言った方はわかりやすいでしょうか、

それ程にもなる潮干狩りスポットです。

なぜかというと、

2センチ以上の貝なら1人2キロまでは自由にあさりをとるこ とができるからです。

子どもを浅瀬で水遊びさせながら、

親は必死に貝をとる姿があちこちで見られます。

我が家は程近い場所にあり、

ゴールデンウィークを外 して、毎年2,3回、多い年は10回位行っています。
潮位が低い日を選び、干潮の前後2時間位がベストなタイミングで、

うまく行けば本当に2キロ位とれてしまいます。貝はまとまっているので、

大体のいる場所 を熊手か手掘りで探りあて、

その辺り周辺をくまなく掘っていくとたくさんとれます。

大きい貝のそばには大きい貝が集まっているので、

大きめの貝を見つけた ら、そこにねらいを絞ってせっせと掘っていくとよいかと思います。
子供は濡れるので着替えが必須で、

暖かければ水着持参で来るとよいかと思います。

あと裸足でやろうとせずに必ずサンダルをはいてくることをおすすめしま す。

貝殻があったり、水草が大量にある場合があり、素足でやるのはあまりおすすめしません。

干潮時間を過ぎるとどんどん満ちてきて深くなってくるので、

子供連れの方はその点を配慮して潮干狩りをしたらよいかと思います。

海の公園の干潮時刻表で干潮時間と潮位をチェックしてから出かけることをおすすめします。

海の公園にはピクニックできる広場もあります。

お弁当持参で楽しむのもよいと思います。

ただ、お弁当を食べる際はくれぐれも鳶には気をつけてくださ い。

スポンサーリンク

海の公園その2

 

潮干狩りは都会で行おうとすると、

人工的な施設で、しかもお金を払ってが当たり前、レジャーの色が濃くなります。

でも、横浜市にある海の公園の潮干狩り場 は、

自然の潮干狩りを無料で楽しめちゃう意外なスポットです。

海の家は横浜市金沢区にあります。アクセスもとてもよく、

公共機関を使う場合は京浜急行で金 沢八景から金沢シーサイドラインに乗り換えます。

海の公園南口駅か海の公園柴口駅で降りると、

どちらかもすぐ眼の前です。

迷うこともありません。

車でも行 けます。

海の公園の施設名で検索できます。

かなり大きな駐車場が完備されていますが、

有料になっています。

ただ、駐車場は潮干狩りの季節はかなり混みます。

ただ、ちゃんと警備の方が出て誘導しているので、混んでいるのは仕方ないのですが、

ごちゃごちゃとはしていません。

時間によっては多少待つかもしれま せん。

海の公園の潮干狩りは、なんといっても穏やかなビーチで海も穏やかで取りやすく、

しかも自然のアサリである事が魅力です。

多くの潮干狩り場は人の手 によって繁殖させたりしていますが、

横浜なのに自然繁殖のアサリです。

だから、自然の生態を知ることも出来るし、

自然の恵みを実感できます。

ただし、それ を保護する意味でも制限があります。

まず、持ち帰り可能な量は2キロ以内で、2センチ以下の子供の貝は海に戻すと決められています。

また、あくまでも商業 施設ではないので、

レンタルなどは一切ありません。

道具も着替えも自分で用意する必要があります。

この時の注意が道具は15センチ以下の幅の小ぶりなもの にすることです。

これも決められています。

しかし、足洗い場は設けられていおり、

時間制限もないですし、入場料もありません。

安く、しかも天然のアサリを 取れるなら、いろいろな制限があっても十分納得で楽しめます。

また、海の公園は潮干狩りの他にもバーベキューや海水浴などもあり、

ついでに遊ぶこともでき るので家族連れにはぴったりです。

ホームページには干潮の時間も載っているので予定も立てやすいです。

関東在住であれば、牛込海岸がおすすめです。

関東在住、30代前半主婦です。私が住んでいる県は内陸で、海が近くにありません。そこで潮干狩りに行くときは、1日がかりの、ちょっとしたイベントになります。

私たち家族が好きな潮干狩り場は、千葉県木更津市にある牛込海岸です。東京湾アクアラインがありますので交通の便も大変良く、高速を下りてからも近いで す。駐車場のすぐそばが潮干狩り場で立地条件も大変良いです。駐車場も無料でした。私たちは自前のものを持参していったので大丈夫だったのですが、道具の レンタルはしていないようでした。近くの売店で売っていたようですが、お値段は少し高めだったと思います。

貝は、あるところには、まとまってありますので、そこを掘り当てれば後はざくざく出てきます。ないところには全くありませんので、素直に、人が大勢いると ころで一緒にとった方が沢山とれました。ハマグリはあまりなく、アサリがメインでしたが、アサリは沢山とれ、私たちは3人家族で4キロ程とれました。お味 の方も大変美味しく、私たちは自宅で酒蒸しやバター炒めなどにしたのですが、フレッシュで大変美味しかったです。お手洗いは一応ありましたが、正直あまり キレイなものではなかったので、できれば事前に済ましてくることをおすすめします。子供がいると難しいかもしれませんが・・・でも一応ありますのでなんと かなります。

我が家は早めに行こうとのことで、現地に8時に到着していたので、スムーズに入れたのですが、帰る頃には渋滞ができており、大変混雑していました。また、 帰り際に見たのですが、無料の駐車場が満車になってしまうと、近所の方が開放してある有料の駐車場に止めている方が多かったです。お値段は1000円前後 と少し高めだったと思います。やはり、早めの時間に行かれることをおすすめします。帰りには、木更津アウトレットに寄ってショッピングすることもでき、自 然と、買物と1日で両方楽しむことのできる大変おすすめスポットだと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする