SIMカードを入れ替えたら、データは消えるのか?LINEなどのデータはどうなる?

スマートフォンの中にSIMカードという物が入っているが、このSIMカードを入れ替えたら、iPhoneなどスマホの中にあるデータはどうなるなのか?また、LINEなどのデータを引き継げるのか?そもそもSIMカードって何なのか?などSIMカードについて今日は書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

SIMカードを入れ替えたらデータはどうなるのか?

結論から言いますと、スマホの中のデータには何の影響もありません。

そのままです。

これは、iPhoneでも、Androidでも、ガラケーでも同じです。また、ドコモであっても、auでもソフトバンクでも、格安SIMの会社でも全く同じです。SIMカードを抜いても、スマホの中でデータは消える事がありません。

では、SIMカードって何のタメにあるのでしょうか?ちょっと詳しく見てみましょう。

スマホのデータがSIMカードに入っているわけではない

SIMカードとは一体何なのでしょうか?

SIMカードとは、スマホを使って、電話やインターネットなどの通信をする為の物なのです。

このSIMカードをスマホに入れる事により、ドコモやau、ソフトバンクと繋がって電話やネットが出来るのです。

Wi-Fiだけで使うのであればsimカードはいらない。例えSIMカードがスマホに入っていなかったとしても、インターネットはWi-Fiの電波で使用する事は出来るのです。

なので、SIMカードは携帯電話会社の回線を使う為に必要な物という認識を持っておきましょう。では何故、SIMカードと携帯電話の中のデータの話しに結びついたのでしょう?

おそらくSIMカードとSDカードがごっちゃになっているのではないでしょうか?

SDカードは携帯などに挿して写真などのデータを移動出来る物です。このSIMカードはSDカードとは全く別の用途で使われる物です。関係ないので、注意しましょう。

スマホのデータを移動する時どうするの?

それではスマホの中のデータを別のスマホに移動する場合どうするのか?機種変する時や、修理したスマホが戻って来た時、スマホの中のデータを移動するのは、どうすればいいのでしょうか?今日はiPhoneのデータ移行を例に、スマホのデータの移行の方法を案内しましょう。

実はiPhoneには2つのデータの移行方法があります。

パソコンでデータを移行する

パソコンにiTunesというソフトが入っているでしょうか?もしiTunesというソフトがパソコンに入っていない場合は、Appleのホームページから無料でダウンロードする事が出来るので、ダウンロードしましょう。

※iTunesはこんなマークのアイコンです。

Windowsパソコンの場合は、iTunesは標準で入っていないので、ダウンロードが必要です。Appleのmacを使っている場合は最初からmacに入っているので、ダウンロードの必要はありません。

iTunesを開き、充電ケーブルでパソコンにiPhoneを接続します。

そして、この「今すぐバックアップ」を押すだけです。

iPhoneの中のデータのバックアップを取る事が出来るのです。

LINEなどiPhoneの中のデータをパソコンに取っておく事が出来るので、またこのデータを新しいiPhoneに入れる時は、このパソコンに新しいiPhoneを充電ケーブルで繋いで、今すぐバックアップの横の「バックアップを復元」のボタンを押すとデータが戻るのです。

Wi-Fiの環境があるならパソコンはいらない

もう1つの方法は、Wi-Fiの環境が必要になるが、iCloudにバックアップを取るという方法もあります。このiCloudというのは、AppleのサーバーにiPhoneの中のデータを保管する事が出来るというサービスです。このiCloudは5ギガまで無料で使う事が出来る。

もし、自分のiPhoneの中に写真や動画などが大量に入っていて、5ギガ以上の領域が必要な場合は、iCloudのストレージ(容量)を買い足す事が出来る。

iCloud料金

5ギガ 無料

50ギガ 130円

200ギガ 400円

1テラ 1300円

という価格になっている。この金額は月単位の契約の為、データ移行する時だけ、申し込んで、必要がなくなれば、解約すれば次の月は請求されないのです。

Wi-Fiの環境があれば、iPhoneのiCloudから、「今すぐバックアップを作成」を押すと、バックアップが始まる。

バックアップが完了すれば、前回のバックアップの所に取った時間が表示される。これだけの操作で非常に簡単ですね。

それではsimカードに話しを戻しましょう。

SIMカードはどれも同じなのか?

SIMカードは機種変した場合同じ物をそのまま入れて使う事が出来るのだろうか?実はSIMカードには種類があるので、覚えておこう。

SIMカードの種類は3種類

標準SIM(縦25㎜横15㎜)

iPhone

iPhone3G

iPhone3GS

microSIM(縦15㎜横12㎜)

iPhone4

iPhone4s

nanoSIM(縦12.3㎜横8.8㎜)

iPhone7 iPhone7plus

iPhone6s iPhone6splus

iPhone6 iPhone6plus

iPhoneSE

iPhone5s iPhone5c

iPhone5

大きさが違う。

購入した時期などによって、入っているSIMカードの種類が異なります。なので、同じ機種であれば、SIMカードも同じSIMカードを入れれば使えますが、機種が変わる場合は入らないかもしれませんので注意が必要です。

最後に

SIMカードは、携帯電話会社の回線を使うための物で、スマホの中のデータとは関係ない物、SDカードと勘違いしない様にしましょう。

関連記事

関連記事:インターネット初心者が知っておくべき事、Wi-Fi、メール編

関連記事:SNSとは何?何の略?LINEと同じ?この文章を全て読めばネットの知識が倍増します

関連記事:タブレットとは何?インターネットが出来るのか?スマホと何が違う?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする