愛のむきだしは実話、宗教団体のモデル、登場人物は実在?

「愛のむきだし」は2009年に公開された映画です。監督は園子温(そのしおん)監督の作品で、主人公の盗撮マニアの主人公ユウ役に西島隆弘そして、そのユウが愛する、血の繋がらない妹役を満島ひかりが演じています。

この映画を見て、満島ひかりの可愛さと狂気の演技にノックアウトされた人も多いと思いますが、今日はこの映画に登場する、新興宗教の団体ってどこの団体なんだろうか?という事やそもそも何処までが実話なのか?という事を調べてみました。

愛のむきだし予告

画像:goo.gl/IB2a5k

さて、この映画は「この物語は真実にもとづいている」という文字が表示されて物語が始まります。実際にあった出来事を元にして物語が作られている。ちょっと興味をそそりますよね。という事でまず「愛のむきだし」に出てくる宗教団体は何処をモデルにしているのかについてです。

スポンサーリンク

愛のむきだしの宗教団体のモデルはどこ?

映画「愛のむきだし」に登場する宗教団体「ゼロ教会」のモデルとなった宗教団体とはどこなのか?という事で調べてみた。まず、結論から言うと、この映画に登場するゼロ教会、そしてゼロ教会が行なっている事の描写などは、

複数の新興宗教がミックスされて作られている。

ゼロ教会の行なっている事は実際に新興宗教で行なっている事を描いているとの事です。

ある特定の団体と分かる様な描き方をすれば、その団体を攻撃している事になるかもしれないからだと思われます。

この件に関しては監督の園子温監督も「潜入捜査をかねて入信した、色んな宗教の中から取り出して混ぜている。映画を訴えたり、攻撃されないように」と語っています。

後ほど、詳しくこのゼロ教会の事を詳しく書きますが、やっている事は全ての悪の宗教を網羅しているといった感じです。

で、この物語の主人公が妹を新興宗教から洗脳を解いて脱退させたのは、本当の話です。

ただ、妹の奪回作戦を行った実際の宗教団体の色を薄める為に、色々な団体の特色をプラスしていると思います。オウム真理教ならもう壊滅しているので、オウムに訴えられる心配はありませんので、実際の宗教はオウム真理教でない事は間違いなさそうですね。

園子温の著書に「非道に生きる」という本がある。

園子温監督は、若い頃結構、破天荒な生き方をしていた人で、この本には園子温監督のエピソードが語られている。

高校を卒業してから、放浪生活を送っている時、街で統一教会に声をかけられ、飯を食わせて貰えると言われて付いて行って、統一教会の信者達と寝食を共にしたという描写もある。

その後自力で脱出したのですが、結構しつこく追いかけられたと語っている。追跡をかわす為に、武闘派の左翼団体に逃げ込んで難を逃れたというエピソードも語っている。

この映画に登場する盗撮魔(実際の人物)の妹が入信したのは、金が目的の邪教とだけ語られていて、具体的な宗教団体の名前は公表されていない。

お金が目的の邪教と聞けば、霊感商法で多くの被害者を出した、統一教会が思い浮かぶがどうでしょうか?

スポンサーリンク

愛のむきだしに登場するゼロ教会とは

映画の中に登場するゼロ教会、ニュース番組などで度々取り上げれている問題のある新興宗教です。信者の数は日本全国に50万人いると噂されている。

この映画に登場する救済会の親父さんによれば、この宗教は3段階の階層に分かれていて、

第1段階「CAVE」(空洞)

第2段階「ACTOR」(演者)

第3段階「PROMPTER」(黒子)

の3段階だ。

教祖は別にいる様ですが、教祖は登場していません。

ケイブ、は空洞になる事を教わるランクで、アクターは与えられたランクを演じるランク、そして、最後のプロンプターは、2番目のアクターに指示やセリフなどを与える事の出来るランクです。

洗脳により信者を強引に勧誘して、家族ごと拉致監禁するなどの噂もあります。

この物語愛のむきだしでは、信者を増やす目的で、ゼロ教会の地区リーダー安藤サクラ演じるコイケは幹部会議で主人公のユウの父親は地域から信頼されている人物だから、家族ごと取り込んでしまえば、1人単位の勧誘よりも効率がいいと提案している。

そして、このゼロ教会の資金源は様々だ。

コイケが作品の冒頭で、それを語っている。

私は17の職業を持っている。その一部を紹介すると。

■高額で取引される霊感絵画のプロモーター

■いんちきボランティア団体の支部長

(街頭で募金活動をするボランティア、実はゼロ教会の資金源となっている)

■各国の大使館経由のコカインを売りさばくディーラー

などなど、これら全ての金は勿論教会に行くとの事。信者を集めてお金を教会に上納するという仕組みになっている。

登場人物は実在の人物?

この主人公の人物は実在する。盗撮の達人で童貞、盗撮のカリスマと呼ばれた人物で、そのビデオは飛ぶ様に売れたそうです。園子温監督の知り合いです。この人の作品は大変売れていたそうです。この人から、やばい宗教にはまった妹の洗脳を解いて脱会させた話を聞いて、これは面白いという事で、それを骨組みにして、脚本を書いたそうです。

映画の中で、何も食べずにバスの中にいたシーンがあったと思いますが、実際の人も飲まず食わずで、洗脳を解く為の説得を行なったそうです。

血の繋がっていない妹の設定や、あの強烈なキャラクターコイケなどは、創作された人物です。

最後に

さて、今日は大好きな映画「愛のむきだし」の実話の部分についてでした。まだ見てない人は是非見ていただきたい映画です。長い映画ですが、面白くて一気に見てしまいました。

では!

関連記事

関連記事:ドクターX歴代視聴率ランキング、1番高視聴率を取ったのはこの話だ!

関連記事:ヒミズ、二階堂ふみ・染谷将太の映画(ネタバレあり)は震災が賛否両論

関連記事:映画「恋の罪」の元となった東電OL殺人事件の真犯人は誰だ?

関連記事:愛のむきだしネタバレ注意、結末やグロさはどんな感じ?

関連記事:吉高由里子蛇にピアスあらすじや相手役、舌ピアスは本物か?感想も紹介

関連記事:リリーフランキーの映画「 凶悪」は実話ネタバレ注意ストーリー

関連記事:柳楽優弥「誰も知らない」映画 のキャスト、子役の演技のすばらしさと、YOUの演技は必見


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする