ルーターを再起動する、そのやり方、効果や時間はどの位?

Wi-Fiを利用して使う端末が増えている。タブレットやプリンターなんて物が代表的なのだが、我が家ではテレビもWi-Fiに繋がっている。それ以外にも今後ますますWi-Fiネットワークという物と家電との繋がりが増えてくるので、ちょっと、Wi-Fiの知識もインターネットの初心者にも必要になってくる。という事で、Wi-Fiに繋がらなくなった時有効なWi-Fiルーターの再起動について今日は解説します。

スポンサーリンク

ルーターの再起動について

まず、再起動をする前にルーターとは何なのか?どれなのか?について、超簡単に解説します。まず、こちらをご覧ください。

まず、インターネットをする為の回線が家の中に壁から入って来ています。壁に一番近い場所にモデムと呼ばれる機械があります。そして、モデムの後ろにルーターという機械があります。

モデムは外から入って来たインターネットの回線をパソコンやタブレットなど電気製品が受信できる信号に変換する役割があります。

そして、ルーターというのは、この信号を電波に変換して、複数の機械でその電波を受信出来る様にしてくれる機械です。

ルーターの役割りとしては、複数のパソコンやタブレット、家電などを繋げる様にしてくれる機械。しかもケーブルではなく、電波で繋ぐ事ができますよという機械の事です。

この図では、モデムとルーターが別々になっていますが、機械によってはモデムとルーターが一体型モデムルーターという物もあります。なので、Wi-Fiを使っていて、うちの家には、機械が一台しかないという場合は、モデムとルーターが一体型のモデムルーターなんだなという認識で問題がないと思います。

さて、インターネットが急に繋がらなくなった!という時は、結構多いのがルーターが誤作動を起こしていてネットが繋がらないという場合です。ルーターが完全に故障している場合は買い換えないといけないのですが、故障ではなく、単なる誤作動、誤動作という場合もあるので、そんな場合は、再起動が有効です。

もし、ルーターの再起動で治らない場合、モデムが誤作動を起こしている場合があるので、モデムの再起動も有効です。

モデムの再起動のやり方はルーターの再起動と全く同じなので、ルーター再起動でだめだった場合、モデム再起動もお試しください。

スポンサーリンク

ルーターを再起動するやり方

ルーターを再起動する方法ですが、これはとても簡単です。モデムの電気コンセントを抜くだけです。それ以外に何かする必要もありません。ただ、コンセントを抜くだけの単純な作業です。そして、すぐにコンセントを挿してはいけません、しばらく待ちましょう。

ルーターの電源を落として待つ時間

ルーターの電源を落としてから待つ時間は約5分です。5分待てばいいでしょう。テレビを見る、トイレに行く、お茶を飲む、この5分の過ごし方は自由です。そして、5分たったらまた、コンセントに挿しましょう。これで再起動完了です。

ルーターを再起動する効果

このルーター再起動の効果は絶大です。しかし、あくまでも、ルーターに誤作動が起こっているという事が前提になります。先ほども説明しましたが、ルーターではなくモデムに問題がある場合は、ルーターを再起動しても意味がありません。

また、ルーター、モデムに問題がなくて、タブレットやスマートフォンなどの家電に問題がある場合があります。家電側に問題がある場合、いくらモデムを再起動しても意味がありません。なので、一番大切な事は、インターネットが繋がらなくなった原因がどこにあるのか?という事を切り分けるのが、まずはじめにする事です。

一番簡単な切り分けの仕方

Wi-Fiが繋がらなくなった場合の切り分けで、一番効果的なのは、一台の家電だけで、ネットが繋がらないのか?それとも、複数台の家電で同じ様に問題が起こっているのかを確認しましょう。もし、複数台で同じ問題が起こっているのであれば、Wi-Fiの問題、ネットに繋がらないのは一台だけで他の家電に問題なければ、Wi-Fiではなく家電側に問題がる事になります。

という事でWi-Fiについてでした!

ではまた!

関連記事

関連記事:お店のホームページの作り方、簡単で安い方法は無いのか?

関連記事:インターネット初心者が知っておくべき事、Wi-Fi、メール編

関連記事:SNSとは何?何の略?LINEと同じ?この文章を全て読めばネットの知識が倍増します

関連記事:SIMカードを入れ替えたら、データは消えるのか?LINEなどのデータはどうなる?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする