まどかマギカの登場人物は?キャラクターを解説します

魔法少女まどかマギカに登場するキャラクターを紹介します。どのキャラクターも非常に魅力的です。

そして、ストーリーもいいです。

最初は単なる萌え系のアニメかなと思わせておいて、全く違うストーリー展開、主人公まどかが魔法少女になって、悪と戦うのか?と思わせておいて、まどかが魔法少女になるのは、最終話だし、色んな意味で裏切ってくれる(いい意味で)最高のアニメです。

スポンサーリンク

魔法少女まどかマギカ登場キャラクター

鹿目まどか(かなめまどか)

この物語の主人公、ピンク色の髪のとリボンがトレードマーク、中学2年生。平凡などこにでもいる女の子なのだが、何故か登場時から、魔法少女になれば、途方もない素質があると、キュゥべえに言われている。

出典:goo.gl/oNueVt

親友のさやかと一緒にいる時に魔女に襲われ、マミに助けられ、魔法少女の存在を知る。

自分も魔法少女になろうか?と考えていたが、魔法少女の真の姿を知り契約にいたらず、序盤はナヨナヨしていて、ちょっとイライラするキャラクターだが、実は・・

最後に彼女は魔法少女になる事を決断し、自分の命と引き換えに彼女が望んだ願いとは?

暁美ほむら(あけみほむら)

黒髪のロングヘアーがトレードマーク。まどかのクラスに転校してきた転校生、初対面のはずなのに、まどかは既に夢の中でほむらに出会っていた。ほむらは魔法少女でまどかに対して、警告や助言を繰り返す。

出典:goo.gl/ng98N6

最初は敵か?と思わせるキャラクターですが、実はまどかを助ける為に1人魔女と戦っている少女。

彼女は別の時間軸からきた魔法少女で最強の魔女「ワルプルギスの夜」との戦いに敗れ、死ぬまどかを助ける為に、時間操作の魔法を使い、何度も時間を巻き戻し「ワルプルギスの夜」に立ち向かっている。

しかし、ほむらは「ワルプルギスの夜」を倒す事が出来ず、何度も敗れ、その度に時間を巻き戻している。その事実が明かされる回は号泣必至。

美樹さやか(みきさやか)

ブルーの髪の毛がトレードマーク、まどかの親友、不治の病のバイオリン奏者、上条恭介に想いを寄せている。

出典:goo.gl/jm1Dn3

上条恭介の病気を治す為に、キュゥべえと契約して、魔法少女となる。当初は魔女との戦いも肯定的に捉え、戦っていたが、魔法少女となった自分に課せられる代償を知ってしまう。

更に、上条恭介にさやか同様思いを寄せる、仁美の存在、さやかは精神的に追い詰められしまう。戦いを繰り返すなかで、親友まどかとも、ぶつかり自己嫌悪に陥る。さやかのソウルジェムが黒く染まっていく・・・

巴マミ(ともえまみ)

まどかが通う中学の三年生でベテランの魔法少女。まどかとさやかは、マミに助けられ、魔法少女の存在を知る。

出典:goo.gl/5yBUWs

学校の先輩、魔法少女の先輩として2人の相談相手になる。魔女の脅威から人を守る為に、日々魔女と戦う。

しかい、第3話「もうこわくない」で魔女との戦いで、命を落とす。

佐倉杏子(さくらきょうこ)

赤っぽい長い髪で、いつもお菓子を食べているのが杏子の特徴。隣町で活動する魔法少女だったが、自分の縄張りを広げる為に、まどか達がいる街にやってきた。

出典:goo.gl/zWqcPx

一親を救う為に、契約して魔法少女となったが、それが元で、父親は杏子を残し、家族と心中してしまう。それ以来、「魔法少女は自分の為に戦う」という事を信条としている。そのため、他人の為に魔法少女になった、さやかとぶつかるが、最終的には、さやかを気にかけ助言をする。

キュゥべえ

四足歩行のイタチみたいなマスコットキャラ、実はその正体は「インキュベーター」とよばれる、地球外生物。

出典:goo.gl/vCsxqY

魔法少女をスカウトする。まどかに執拗に、魔法少女として契約する様に迫る。その目的は実は、魔法少女が絶望し、魔女に変貌する時に出るエネルギーを搾取するのが目的、そのエネルギーは宇宙を延命する為に使われるという事で、

スポンサーリンク


その目的の為には、魔法少女がどうなろうが知った事ではない、宇宙の延命は地球の延命でもあるから、大きな目で見た場合は、地球に住む人々の為になる、多少の犠牲は仕方がないというスタンスを終始保っている。

見滝原中学校の関係者

上条恭介(かみじょうきょうすけ)

さやかが想いを寄せる、幼なじみ。

出典:goo.gl/Mpza8L

バイオリニストだったが事故で指が動かなくなり、その回復は絶望的、自暴自棄となる。それを見かねた、さやかは、彼の指が動く様になる事と引き換えに、魔法少女となる。

さやかが想いを寄せている事に気がつかない、鈍感な男(笑)

志筑 仁美(すづきひとみ)

まどかとさやかの親友、天然ぼけの可愛いですお嬢様。

出典:goo.gl/qbuXvm

さやか同様上条恭介に想いを寄せている。上条が学校に復活してから、上条に告白する。その行為はさやかを追い詰めてしまう事になるが、仁美は分からない。

早乙女和子(さおとめかずこ)

まどか達の担任の先生、まどかのお母さんの親友でもある。

出典:goo.gl/ktp1wS

結婚できない事に焦っている。その為ホームルームの話が男の話になる事が多い。ただ、生徒の事をちゃんと気遣うとてもいい先生。

まどかの家族

鹿目詢子(かなめじゅんこ)

まどかのお母さん、キャリアウーマン、一家の大黒柱として家計を支えている。

出典:goo.gl/ELdGXQ

朝に弱くいつもまどかに起こしてもらっている。酒好きである。まどかの担任の早乙女和子とは、親友の間柄で、ごくたまに飲む事がある。

鹿目和久(かなめかずひさ)

まどかの父親、専業主夫。

出典:goo.gl/tXcteb

とても優しくて穏やかな性格、家の家事を全てこなし、

詢子をささえる事に誇りを持っている。

その他、まどかの弟タツヤがいる。

関連記事

関連記事:アニメ魔法少女まどかマギカは面白いのか?見る価値があるのか?

関連記事:まどかマギカの最終回は神!(ネタバレあり)円環の理とは?

関連記事:コブラのアニメ最終回「コギトエルゴスム」とは?「あばよ!おれのコブラ」


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする