上京したいがフリーター、住むところや仕事など人生を変えられるか?

人生を変えたい!

今の現状を変えたい!

何かしなきゃ、このままじゃダメだという事で、自分を変える為に、生活環境をガラッと変えるというのも有効な方法と言われています。

そんな事から、今までずっと住んでいた故郷から、日本の中心地東京に出てみたいという人が増えているんだそうです。

東京は、実に様々な人間がいます。また、ビジネスのチャンスも地方とは、圧倒的に違う為、人生におけるチャンスも、地方にいる時とは、格段に違うと言われています。

昨日まで一般人だった人も、ちょっとした出会いで、人生が大きく変わったなんていう、サクセスストーリーもよく聞きますよね。

なので、地方にいる人がチャンスを求めて東京を目指す人が多いんだそうです。

スポンサーリンク

フリーターでも東京に出て生活出来るのか?

地元にいてもチャンスはないから、東京に出てみようと思った時に、心配になるのが、住む所はあるのか?という事と、物価が高い東京で生活していけるのか?というこの2点が一番心配なのではないでしょうか?

アパートやマンションを借りる場合、当然貸す側は、家賃を取りっぱぐれない様に、審査する。不安定なフリーターや、また、仕事は東京に出てから探したいなんて言っている人に対して部屋を貸してくれるのか?という問題があります。

一応両親は応援してくれているので、保証人になってくれるのですが、いくら家賃を支払っていける自信があったとしても、フリーターを入居させてくれるのか?という事と、安定した収入を確保出来るのか?

東京は地方と比べて、物価がかなり高いという事を聞きます。

行ってみたけど、生活できないので、帰って来たとなれば、田舎だったら恥をかく事になるので、躊躇してしまいます。

というのも、東京に出たけど、もう無理という事で、田舎に戻ったという話もよく聞きますし。また、戻って来たものの、都会の生活に慣れているのに、また田舎に戻って、田舎の生活に慣れないと、嘆いている人の話もよく聞きます。

なので、簡単に地方から東京に出ると言っても、結構大変なリスクを負うという事なんです。

仕事と住まいを確保する

そんな地方のフリーターや無職の人を中心に利用者が増えているのが、株式会社アプリが運営している、TokyoDiveというサービスです。

このサービス、東京で暮らしたいという人を支援するのを目的に立ち上げられたサービスです。

仕事

仕事は、一般企業の事務から、営業職、IT関連、携帯ショップ、工場、美容関係など、ありとあらゆる仕事が準備されている。正社員として本格的に働いてもいいし、派遣社員で気楽に働いて夢を追いかけるのもありです。

何か夢を持っている人には、派遣はおすすめです。時間から時間、きまった時間だけ働いて、職場の人間関係やしきたりの影響で、サービス残業させられる事もなく、割り切って仕事が出来ます。今は好景気で、何処も人手不足です。色々な職種から選べるのもいいですね。

保険などもあるので、病気になった時も安心だし、企業側との話は派遣会社がやってくれるので、本当に気楽です。

住むところ

TokyoDiveで紹介してもらえる住居は、敷金や礼金、仲介手数料などは一切かからない。家具なども付いているから、実質家賃のみの負担なのです。

このTokyoDiveで利用出来る、住居は、レオパレスとシェアハウスのどちらかから選ぶ事が出来ます。シェアハウスは部屋は個室ですが、トイレ、お風呂、キッチンは共同で使う感じです。完全なプライベート空間を希望するなら、レオパレス。

色々な人と交流しながら、安く住みたいという人はシェアハウスという選択肢があります。

Wi-Fiがある為、インターネットも無料で使えるので、レオパレスもシェアハウスも便利です。

しかも、安い。

風呂も無し、ボロボロのアパートも覚悟しているという、悲壮な決意を持って、上京して来る人もいるそうですが、突っ走る前に、TokyoDiveで一度相談して欲しいですね。

最後に

やはり未知の場所に出て行く時は、何かとエネルギーを使います。ギャンブルの様に、出たとこ勝負で、何も決めずに出かけるのも、いいかもしれませんが、ある程度、仕事も住む所も決めて出て行った方が、安全じゃないかなと思います。

私たちの年代では無かった、こういうサービス、今の若い人は恵まれているなと思いますね。

憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive

関連記事

関連記事:すみだ水族館、上野動物園、雨の日のデート、東京のおすすめスポットはここだ!

関連記事:森のビアガーデン、ビアガーデン東京新宿で人気ビアガーデンは森のビアガーデン

関連記事:国営昭和記念公園でバーベキュー、雨、時間なの口コミ情報(関東、東京)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする